2017年11月22日 (水)

沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・後編

「負けても、どうぶつさんが癒してくれます」ということでしたので、

Dsc07529s

ぷ「今日も惜しかったんだけどね、」 ぞうさん「....」向こう行っちゃった。

Dsc07531s_2
ぷ「ちょっとこっち来て、話聞いてくれない?」 きりんさん「知らんがな、もう」。

Dsc07533s
ぷ「今日の将棋だけど、」 らいおんさん「あの寄せなに? いらいらしちまう」

Dsc07535s

ぷ「....」  うまさん「今日は小屋から出ませんので」

Dsc07537s

ぷ「1勝2敗でしたよ、」 くまさん「あ、そう。おやつまだかな?」

どうぶつさんと仲良くふれあうこともできました。この日は別件もあり、すべての将棋を見ることができずに帰りました。翌日、連合会のブログに本大会の入賞者がアップされましたが、なんとC級でOさんが準優勝されているのを見つけました。おめでとうございます!

彼もおじさんになってから将棋を始めた方ですが、「初段になるまではお互いに頑張ろう」と約束しています。今度から同じクラスですね。対戦するのを楽しみにしています。

こどもの国のスタッフの皆さん、運営にご尽力頂いた役員の皆様、ありがとうございました。また、大会に参加された選手の皆さん、お疲れ様でした。

長々と続いた大会記をご覧戴き、ありがとうございました。

2017年11月21日 (火)

沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・中編

さて、おれの将棋です。お付き合い下さい。

今回のB級参加者は15名でした。ふだんの大会よりも5~10人ほど少ないので、ここは入賞して昇級を決めたかったなあ。こういうチャンスを逃しているうちは、だめなんだよなあ、泣。

初戦は道場に通うJクン(小4・2級)だ。いがぐり頭の目がくりっとして可愛いJクンとはライバル関係だったが、とうに追い越された。道場でもボコボコにされるし、こちらの手の内もすっかりばれている。
おれが後手で角交換四間飛車で構えることは出来たが、振り返ってみると、この戦法を指してよ誘われたような気もする。序盤で駒損させられて、あっという間につぶされた。小学生の早見え早指しにはペースを乱されて、つらい。

感想戦で「ここ、こうすれば難しかったけど」と教えてもらった。そうそう、おじさんもそのつもりだったけどね~、泣。今回、Jクンは準優勝だった。おめでとう!

4人リーグの負けた者同士での2戦目は Yクン(小4・3級)だ。初めて対戦する、おとなしい子。こちら先手で▲7六歩△8四歩▲6八飛△8五歩と突いてきたので、▲6六角と必殺!飛び出し角戦法を発動させた。
ここで Yクンは、これは罠なのかそれともこのおじさんは将棋を知らないのかと長考に沈んでしまった。結局、これが罠だと分かったときは後の祭り。公式戦で飛び出し角戦法が初めて勝利した記念日となりました。うれしかった!

24ではこの戦法、結構通用しています(低級レートだけどね)。バリエーションも増えてきたので、いつかまとめたい。こんな風に↓、笑。

Ozawa_3

これで1勝1敗となり、今度の相手はTクン(小6・4級)だ。実はこの対局をブログに書くのはつらい。角交換四間飛車からスタートし、優勢というか勝勢に近い将棋だったが、寄せ切れずに投げた。観戦していたずーさんに「ぷりうすさん、10回も詰んでいましたよ」とあきれられる始末。向こうの逃げの一手が上手だったということでと慰められた。
ギャラリーが多いと、終盤では一気に寄せてかっこよく決めようと焦ってしまい、うっかりが多すぎる。と金をつくりながら、堅実に攻めていけば楽勝だったんだけどなあ。

今回は1勝2敗という結果で予選敗退となりました。

Ozisan

*昨日の記事を修正して再アップしたら今日の日付になってしまいました。なんでだろ?

沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・前編

昨日(11/19)は沖縄市のこどもの国で開催された第6回沖縄こどもの国将棋大会に参加しました。

前日よりも5℃気温が下がって寒い朝でした。それでも晴れていたので、気持ち良く過ごせました。愛妻弁当も準備してもらい、秋らしい装いで自宅を出発しました。

会場へは午前8時半に一番乗り。この日、息子を学校へ連れて行かなければいけなかったので、いつもよりだいぶ早く会場へ着きました。ちょうど沖縄支部の皆さんもいらして、設営のお手伝いなど。準備する皆さんがいるからこそ、将棋大会を楽しむことが出来るのです。いつもありがとうございます。

Sketch_kaikaisikis_2

開会式の様子



午前の部の参加者は去年と同じくらいかな(57人)。午後のCとD級への参加者も多かった(59人)。驚いたのは、女性の部の申し込みが13人もいたことでした。以前から、女性の参加者が増えればいいのにねと話していたのですが、もう少し集まる目処が立てば、単独の女性大会も実現できそうですね。「女子が来れば、男子も増える」という法則もありますので、女性の参加者は大歓迎ですよ!

さて、女性の部の決勝戦は、社会人のMさん(初段)と高校生のSさん(2級)になりました。Mさんは一般大会にもよく参加されており、A級で活躍されています。対するSさんは、去年のこどもの国大会以来の一年ぶりの参加でした。学校の行事やテストと重なる事が多くて、なかなか出場できなかったということですが、将棋の勉強はずっと続けていたそうです。

Sさんの先手で始まりました。なお棋譜取りはトップアマのNさんが担当しました。Nさんはこの日は選手として参加せずに、審判長を務めました。開会式でルール説明をされたときには、その緊張感が伝わってきて、皆の暖かい拍手をもらいました。いつもの勝負前の厳しい表情とは違う、別の一面も見れて良かったです、笑。

Sさんの駒組みは左美濃からの矢倉囲い+棒銀と進みました。対するMさんは、今年プロで流行った雁木囲い+右四間飛車でした。双方が隙を伺って、いつ仕掛けるかと緊張感が高まりました。

48手目にSさんがついに仕掛けました。ここからの双方の攻防はとても素晴らしかった。▲5五歩△同銀▲同銀△同角▲4六歩△7六歩▲6六銀打に対するMさんの一手は?

20171121a

なんと△同角と切った。▲同金△6五桂▲6四歩△5七銀へと進んでいきました。感想戦でNさんが、先手の次の一手が勝敗の分かれ道だったと指摘されましたが、全体的に見応えのある内容でした。

20171121b

後手が右四間の攻防でポイントを稼いで、押し来ったという感じでした(79手まで後手の勝ち)。

棋譜チェックと感想戦で、Nさんから直接いろいろな手筋や作戦のたて方も教わることが出来て、お二方にはとても勉強になったと思います。お疲れ様でした。

Sketch_jyoshis

*今回、画像をスケッチ風に変換して掲載しました。これなら写真も縮小せずに済むので問題ないかなと思っています。いかがでしょうか。

*局面図の後手の名前が間違っていました。AさんでなくてMさんでした、ゴメンね(11/21修正)

2017年11月18日 (土)

或るアホウの一生 3/トウテムポール

待ちに待った第3巻が刊行されました!前巻が出たのは昨年の10月でしたので、ほぼ1年ぶりです。年に1巻というペースですが、今回は買うまではらはらさせられました。

昨年、掲載誌の雑誌ヒバナが休刊となり、連載も打ち切られてしまわないかと心配していました。その後、マンガワンというWeb上で継続されることが発表され、安心したのですが、しかし、電子書籍が当たり前の時代ゆえ、今度は紙の本としてちゃんとコミック化されるのかと余計な心配をする始末。

とにかく良かった、第3巻(小学館)が先ほど届きました。いま、いちばん楽しみにしている将棋マンガなので、最終話までずっと続くことを願っております。

第3巻では、主人公の瞬くんが晴れて高校生プロ棋士になった後のお話なのですが、いきなり活躍すると思いきや、初めて経験する仕事と学業にあたふたしながら迷走しています。また、生涯のライバルになる子の過去も明かされました。1.2巻で仕込んだ種がやっと芽が出てきて、これからどんな風に展開していくのかと期待が高まります。

現実の世界では、史上最年少の中学生プロ棋士が誕生して、デビューから29連勝という大記録を立てたりと、スーパー聡太クンがマンガのストーリー以上の大活躍を見せてくれました。今年は、現実がマンガの世界を越えたなと思わせる一年でしたね、笑。

このマンガの主人公の瞬くんは、なんだか実際にいそうな新四段のようで、にくめなく微笑ましくありますが、これから成長していく姿を見守っていきたい。とにかく期待を裏切らないお勧めの将棋マンガですので、ご一読下さい。

Aruahous_4

2017年11月15日 (水)

堤防を築こう

級位者ですが、今回も技術を語りますので、お付き合い下さい。
先日の24の対局で投了図の美しさに感動しましたので、皆様にもお裾分けできればと思います、笑。

おれが後手番で、48手目に待望の△5七桂不成と跳ねることが出来た。その金取りに構わずに、相手はこちらの飛車を詰ましにきた。おれの飛車は逃げまどったが、やっとターンがまわってきた。さて、この桂馬どちらに成るのがお得なのか?

20171115a

(1)右に桂成りすると同銀とされて、桂馬と金の交換に終わってしまう。美濃囲いを崩すことには成功するが、そこからどうする?(2)左に桂成りすると金得だし、数手後に△6八歩成もあるので、向こうの飛車をいじめられそう。さっきの仕返しをするのだ。
ということで、(2)を選んだ。58手目に歩成りも出来て、次は飛車を召し捕るつもりだ。

20171115g

ただ玉形の差は歴然だ、こちらの分が悪い。飛車を取られたら、あっという間に頓死しそうで怖い。当然、向こうはこちらの飛車を詰ましにくるはずだよな。うむっ!? 素敵な攻め筋を見つけた。どうかこれに気づきませんようにと願いを込めて、敵玉のコビンに歩をあわせた。

20171115d

取るわけないよね。次の△5五角打ちの王手飛車でジ・エンドだし、笑。
それからしばらく双方の応酬が続いたが、敵の猛攻をしのいでやっと勝てた(△2七銀成までの一手詰め)。

20171115f_2

終わってみれば、相手の飛車を封じ込んだ、6筋の堤防が重要な役割を果たしていたようです。飛車を詰ます余裕はありませんでしたが、それでも、飛車の横ぎきを止めれたことが勝利につながったかと。ようやく勝てた安堵もあって、しばらくその投了図に見とれていました、笑。

2017年11月10日 (金)

沖縄こどもの国将棋大会ありますよ

来る11月19日(日)に第6回沖縄こどもの国将棋大会が沖縄市のこどもの国で開催されます。詳細は、ずー将棋でご確認下さい。
去年も耳寄りな情報をお知らせしましたが、今回はそのリニューアル・ヴァージョンになっております。

1.会場のどうぶつセンターZOOスクールへは、東ゲートが便利です。駐車場あります。メインゲートから入場するとだいぶ歩きます。

2.チケット売り場で「将棋大会に参加」と伝えて、大会参加費が加算された入園チケットをお買い求め下さい。付き添いの方は入園チケットのみどうぞ。

3.S~D級に加えて60歳以上のシルバークラスがあります。去年、女性クラスも新設されましたが、3名しかいませんでした。でもね、3位まで賞品が用意されていますので、ここ狙い目かも、笑

4.食事は、大会会場の近くのパーラーか、だいぶ歩きますが、レストランが利用出来ます。会場隣の売店には、弁当やパンは売っていませんでした。パーラーは早々と売り切れになってしまったので、弁当の持参をおすすめします。

5.会場の展望台には、椅子やテーブルがありますので、食事はそこでどうぞ。

6.負けても、どうぶつさんが癒してくれます、笑。

去年のDクラスは参加者が多くて、事務局はてんてこ舞いの忙しさでした。お手すきの方は、運営のお手伝いをお願いします。

場所柄、のんびりと仲良く将棋を楽しみましょうという感じです。ピクニックを兼ねて親子で参加する方も多いです。将棋大会は初めという、あなたのデビュー戦にはもってこいですね。

それでは会場でお会いしましょう!

Newnewdsc03191
去年の様子。

去年の大会の記事です。
  *沖縄こどもの国将棋大会に参加しました。前編 

  *沖縄こどもの国将棋大会に参加しました。中編1

  *沖縄こどもの国将棋大会に参加しました。中編2

  *沖縄こどもの国将棋大会に参加しました。後編

2017年11月 8日 (水)

朝日アマ将棋名人戦沖縄県大会に参加しました・後編

今大会の代表決定戦には16名が参加しました。決勝戦に進出した時点で南九州ブロック大会に派遣される2名が自動的に決まるため、決勝戦を観戦する方は少なかった。

朝日アマ名人戦南九州大会には、熊本・宮崎・鹿児島・沖縄の各県から2名ずつ選出された総勢8名で争われて、その優勝者が来年の全国大会へ出場します。

宜野湾道場での3番勝負の初戦を制したばかりのNさんと大学生のTクンとの決勝戦がいよいよ始まりますが、あれっ?棋譜取り係が同席していません。大事な決勝戦なので、彼らをちょっと待たせて、棋譜を取れる方を探したのですが、常連の方はすでに他のクラスの試合を担当していました。やっと見つけても、代表クラスの決勝戦では荷が重すぎるということで辞退してしまいました。

Nさんが「終わってからこちらで書きますから」とお礼を述べて、結局、棋譜取り係が不在のままスタートしました。先手がNさんで、▲7六歩△3四歩▲6八飛△3五歩▲2二角成△同銀と進みました。おお~、おれのための角交換四間飛車の幕開けでした。

さて、ここからおれならさっさと美濃囲いを目指すのだが、Nさんはしばらく居玉のまま進めていきました。最近よく思うのですが、一直線に美濃囲いを組んでしまうと、先に相手に手の内をばらしているような気がしませんか? お互いが角を手持ちにしている場合には駒を盛り上げるよりも、低く構えて戦いたいのです。

Nさんの駒組みに感心して観戦していました。棋書に載っていない、こういう柔軟な発想で進めることも出来るんだなあと。結果は113手までNさんの勝ち。代表になられたお二方は南九州大会でも頑張って下さい。

ところで、棋譜取りは出来るようになっておきたい。案外、最強クラスではゆっくりと進行していくので出来そうな気がするのです。間違えても彼らが後で直してくれるはずだし、笑。 今回、決勝戦を見ながら、そっとつぶやいていた。

大会に参加した選手の皆さん、お疲れ様でした。また運営にご尽力いただいた役員の皆様にも感謝いたします。

Final

派遣クラスの決勝戦の様子。

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年11月 7日 (火)

朝日アマ将棋名人戦沖縄県大会に参加しました・中編

早く入賞して昇級したい。自分が努力するだけでうまくいけばいいのだが、相手に勝たなければならないので、思うようにいかない。頑張っているんだけどね。

勝てる将棋を落としてへこんでいたのだが、うれしい出来事もあった。元那覇将棋サークルのMクンと2年ぶりに再会したこと。彼は息子と同い年で、中学校時代は熱心に通っていたが、高校生になるとバイクが欲しいとアルバイトを始め、将棋を止めてしまった。

中学生のときに息子が通ったサークルには同い年の少年が5人いて、彼らと息子は良き友人でありライバルであった。高校生になると、それぞれが別々の道を歩みだし、いつの間にか疎遠になっていった。

「将棋しに来たの?」とMクンに尋ねると、本土の会社へ就職することが決まったと答えた。高校卒業後の進路をわざわざ伝えに来てくれていたのだ。しばらくそばでおれの対局を観戦していたが、決着が着くと「相変わらず、不思議な将棋を指していますね」と笑った。

さて、B級の決勝戦は、AクンとKクンの中学生対決になった。2人とも1級の腕前だ。Aクンは先日の道場リーグ戦で戦ったばかりなので、彼を応援しよう。優勝を目指して頑張って欲しい。Kクンの先手中飛車に対してAクンの石田流で駒組みがどんどん進んでいった。

中盤までの形勢はAクンが歩得を重ねながらポイントを稼いでおり、だいぶ有利な展開のようだった。将来の端攻めも楽しみだし、のびのびと指しているように感じられた。

74手目に△4九飛成▲3五角打△4四歩▲2二角打と進んだときに、ここで相手の心を折る投了級の次の一手は?

20171109a_2


答えは△4三銀打ち。あとは△3八歩から1枚ずつ剥がしていけば楽勝だったが、秒読みに追われて△3八銀と指したので、相手に粘られてしまったようだ。ここからKクンが猛攻を見せたが、それでも受けきって見事、Aクンが優勝した。7月のC級での優勝、先月のB級準優勝、本大会での優勝というふうに、あっという間に初段になった。おめでとう!(この前、彼に勝っておいて良かった。もう2度目はないかもしれない、笑)。

※ Q&Aは、彼らの棋譜並べをしていたときに息子から教わった。自分一人でこの一手が見つけきれるなら、もっと活躍できるはずだよね、笑。

Dsc07088s

ギャラリーの注目が集まったB級決勝戦の様子。

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

*局面図の対局者の先後が間違っていました、ゴメンね(11/9修正)

2017年11月 6日 (月)

朝日アマ将棋名人戦沖縄県大会に参加しました・前編

昨日(11/5)は那覇市のりゅうぎん健保会館で開催された第41回朝日アマ名人戦沖縄県大会に参加しました。

11月に入って沖縄でも秋の気配を感じるようになりました。気温も下がり、過ごしやすい日が続いています。先々週から週末ごとに台風が2度も来たので、本日は順延になっていた運動会を行う小学校が多かったようです。子供達の参加は少ないかなと予想していましたが、それでも総勢114名の申し込みがありました。

さて、おれの将棋です。
今回のB級には20名のエントリーがありました。予選は3人リーグの3番手に振り分けられ、この時点で不戦勝1つゲットです。「戦わずして勝つ」これ孫子の兵法の教えなり。指定の席に座ると、おめでとう!と複数の方からエールを頂きましたが、この対応は間違っていると思う、笑。

道場のRクン(小5、1級)と20代半ばのお兄さんの勝者と当たるので、お二方の対局を観戦する。Rクンは四間飛車党だが、お兄さんは新顔のようだ。「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」。まずは、謎の兄さんの情報を集めるのだ。

最近めきめき力を付けているRクンが序盤でポイントを稼いで優勢に進めていく。楽勝で終わるのかなと思いきや、謎のお兄さんが中盤に放った歩突きを丁寧に相手してしまったあたりから、まぎれてしまった。入玉目指してRクンは粘ったけれど、お兄さんに軍配が上がった。

「初参加ですよね?」と訊くと、なんと10年ぶりの大会だという。「ネットでずっと指しているのですが、リアル大会は緊張感があっていいですね」とのこと。そうなのです、それが人と人が向かい合う将棋の醍醐味なのです。皆さんもどんどん大会に来てね。

そんな謎のお兄さんとの対局でしたが、ほぼ勝勢になってから、攻め一辺倒になりすぎてしまい、うかつにも頓死してしまいました。「勝は知るべくして、なすべからず」。勝つことはイメージできるけど、必ず勝つとは限らないということでした、泣。

決勝トーナメント進出をかけた最後の試合は、この敗戦が心の痛手となっていたようで、なんだかあっさりと詰まされて終了した。

今回も予選敗退でした、つらい。

Openings

開会式の様子。

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年11月 4日 (土)

連休中ですね

昨日(11/3)はウッディフェア2017へ出掛けました。豊見城市(とみぐすくし)に今年、出来たばかりの沖縄空手会館で開催されました。とても立派な会館でした。空手発祥の地である沖縄を国内外に発信するための拠点施設ということです。

Karate

木工作家が手仕事で製作した県産木を使用した家具や工芸品が展示販売されていました。木工製品に混ざってガラスや陶器、染め織物、皮製品等のメード・イン・オキナワも多数ありました。

Fair_2


将棋ネタを拾えるかなと期待して各ブースを覗いたのですが、将棋盤や駒などはどこにもなかった。将棋ブームなので少し、期待していたのですが。将棋の駒には、つげやオノオレ、楓などの材木が使用されていますが、沖縄にも三線の竿に使われる堅いクロキや仏壇や床柱に使用されるチャーギという高級木材がありますので、それらも将棋駒の材料としてふさわしいと思っています。

気になったブースをご紹介します。

Speaker

県山木のクスノ木の芯をくり抜いて製作された太鼓のようなスピーカー。今度、ショップへ伺ってしっかりと音を聴きたいですね。

Sakanas

風でそれぞれの魚が動き出す。特にチンアナゴは見ていて飽きない、癒し系、笑

本日(11/4)は那覇市の壷屋(つぼや)やちむん通りで開催された壺屋やちむん通り祭り2017へ出掛けました。

Tuboya



さすが、将棋に関するものは見つからないだろうということで、せめて体験コーナーで皿に「王将」とか「竜王」とかの駒の絵を描きたかったけど、早い時間帯だったので、見つからなかった。

Kengaku

「明日、大会でしょう、準備大丈夫?」ということですが、ほら、皆さんも試験前に現実から逃げ出してマンガ読むことあるでしょ?それといっしょです、笑。

«背筋を伸ばしておおらかに構えること