2017年8月18日 (金)

寄稿:くらしき王将せんへ出場しました

8月6日に倉敷市で開催された第16回大山名人杯争奪全国小学生倉敷王将戦に沖縄県代表(低学年の部)として出場したSクン(小3)へ大会の感想文をお願いしました。

大会記:Sクン

S_2

台風で1日早く出発しました。大会前日に将棋サミットがあって、さとう名人対すがい先生の対局を見ることができました。

大会ですが、予選の1戦目は角がわりの将棋で、4五桂はねでゆうせいになって勝ちました。次は、横歩取りで4五角を相手がしてきたので、うけきって勝ちました。3戦目は、相手が向かい飛車でしたが、相手の手を利用して有利になって勝ちました。

S_3

決勝トーナメントでは、相手にうまくうけられ、負けてしまいました。この試合が終わった後、こんなにくやしかったのは初めてです。本当にくやしいです。

そのあと里見かな先生としどう対局で飛車落ちで勝つことができ、感想せんでもたくさん教えてもらえました。

くらしきの町はゴミが1つも落ちていませんでした。ゴミ箱が道にたくさんあったからだと思います。

S_4

やはりモモパフェはとてもおいしかったです。

S_5

来年もくらしきの大会に出たいです。

Sクンどうもありがとうございました。それでも全国ベスト8の成績は立派です。これからも将棋を頑張って来年も大活躍して下さい!

2017年8月14日 (月)

寄稿:全国高等学校将棋選手権大会(団体戦)に参加しました・後編

Image1

さて、おれの将棋です(笑)

今年2月の新人全国大会では緊張して力を出せなかったので、今回は落ち着いて指そうと思いました。過去2回は、持ち時間の20分を上手く使えませんでした。

初戦は四間飛車穴熊。四間飛車は将棋を始めた頃から指している僕の主力戦法。穴熊は団体戦の時にはよく採用します。主将としての責任感の表れです。と金をつくって有利になりましたが、相手の穴熊もまだ金銀4枚なので、気を引き締めました。そのおかげもあって、珍しく緩手を出さずに勝てました。

お腹が痛くなり、途中でトイレに駆け込んだ対局もありました。戻ると持ち時間を8分も消費してしまっており、冷や汗。

いつもの自分なら、早く攻めつぶそうと一気の決戦を好んでいましたが、今大会では息の長い戦いで、じわりじわりとリードを広げる指し方を心掛けました。

チームとしては1勝3敗で予選敗退。個人としては目標だった4試合すべてに勝つことが出来ました。久々の大会参加でしたが、うまく時間を使えた上に、自分でも驚くほどに、集中力がありました。

中学1年生のときに始めた将棋ですが、いまでは生活の一部になっています。現在は受験生なので、将棋は一旦休みますが、気分が向いたらふらっと県大会の会場へ遊びに行くかもしれません。その時に「受験勉強は?」と聞かないで下さいね(笑)

2回にわたりお付き合い下さり、ありがとうございました。

2017年8月13日 (日)

寄稿:全国高等学校将棋選手権大会(団体戦)に参加しました・前編

久々の登場! ぷりうすの息子です。

8月3・4日に宮城県白石市で開催された全国高等学校将棋選手権大会に参加しました。
僕にとって3回目の全国大会です。今回が高校最後の大会なので、気合いが入っていましたが、受験勉強もあり、あまり将棋に時間が割けませんでした。出発前の土日に定跡の復習をしようとしたら、夏バテでダウン。県大会や全国大会前に体調を崩すのはいつものことで、メンタル面の弱さは克服したいです。

8月2日朝6時に那覇空港に集合。飛行機~電車~バスを乗り継いで、蔵王ロイヤルホテルに到着したのは午後3時頃。普通なら移動で疲れるはずですが、宮城県は涼しいし、景色が素晴らしい。青々とした田が広がり、山に囲まれた景観は疲れを癒してくれます。その日は、日付が変わるまでチームメイトと練習対局をしました。

Image2

翌8月3日。朝6時に起床して7時半にバスで大会会場のホワイトキューブへ移動。過去2回の全国大会では緊張していましたが、すっかり大会の雰囲気に慣れたせいか、今回はあまり緊張しませんでした。

2月の全国大会の時に同室だったM県とK県の2人はともに団体戦の主将で、彼らは1回戦で対戦しました。すごい縁だなと思いながら、「頑張れ!」と双方に声を掛けました。できれば、僕も2人と対戦したかった。

全国大会で他県の方と友人になれるのは楽しいことですし、全国大会で再会できるのは、すごくうれしいことです。

つづく

2017年8月 9日 (水)

B2リーグへ昇級しました

2016年5月15日にこのブログを始めて、前々回の記事が200本目でした。
自分一人の投稿だけではいつ息切れするかと心配していましたが、寄稿やインタビューのご協力も頂けて、ブログを今日まで継続することができました。どうもありがとうございます。個人ブログでスタートしましたが、沖縄の将棋ファンがここで情報を発信したり、感動したことを伝えたりというような場へと「ぷりうすの将棋」が育ってほしい。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

さて、おれの将棋です。

日曜日(8/6)は宜野湾道場の第7節のC1リーグの後半戦の開催日でした。
前半戦の4試合を4勝0敗という驚異的な成績で折り返していたので、残り3試合も全勝して、完全優勝で昇級を決めたいと意気込んでいました。

初戦はこの前のアマ名人戦県大会のC級で優勝したAクン(中2)と。この子はいつも藤井先生の「四間飛車を指しこなす本」を抱えて、それもかなり読み込んでいるようだ。学生時代に勉強の出来る子は1冊の本を集中して読みつぶしていたのを思い出し、手強そうだと身構えた。こちらが先手取れば角交換して自分の土俵で勝負が出来るんだけど、後手番引いてさっそく角道閉じられた。

向かい飛車と三間飛車の戦いになったが、囲い合いでは向こうに分があるだろうからと、あえて玉を囲わずに広さで勝負してみた。秒読みに入ってから、指し手が難しくなり、こちらに緩手が連発して、徐々に苦しくなった。読む時間が全然足りなくて負けた。

2戦目はね、詰みまであった勝勢の将棋だったのですが、ちょっと相手にいじわるしようと余計な手を指してしまい、気づけば頓死。ギャラリーのお子たちに「あ~あ」とため息つかれる始末で恥ずかしいので、すっかり忘れたい。

3戦目は不戦勝ということで、リーグ戦は5勝2敗という成績でした。この日も他の選手は勝ったり負けたりしていたようで、勝ち星の抜きん出た選手はいませんでした。ということで、B2へと昇級を決めました! 来月も頑張るぞ。

Dsc06207s

夏休みの道場。

2017年8月 6日 (日)

寄稿:小学校将棋団体戦・西日本大会へ出場しました

7月25日に大阪市で開催された文部科学大臣杯第13回小・中学校将棋団体戦・西日本大会に沖縄県代表として出場した東山小チームのAクンに大会記を書いて頂きました。

Dscn6286s
大会記:Aクン


大阪の大会が近づいてぼくはとてもきん張していました。でも、大会前日におじいちゃんに「1勝はして来いよ」と励まされたことや、当日におばあちゃんから「深呼吸して落ち着いてやって」というメールをもらって、がんばろうと決めました。そして会場で深呼吸してみると、思ったよりもきん張がとけたので、良かったです。

初戦は駒得して優勢でした。ここで油断して早指ししすぎると負けるかもしれないので、時間をかけて落ち着いたら、自分の将棋が指せました。

2回戦の始まる前もきん張していたけど、お母さんに「自信をもってやっといで」と言われたので、自信がもてて、きん張もちょっととけました。でも負けました。敗因は、王手されて間違ったところに逃げて、詰まされたことです。なので、次はあせらずに、落ち着いてじっくり考えていきたいと思いました。

3回戦は勝ちこして帰ろうと考えていました。お父さんに「プレッシャーも楽しんで来い」と言われたので、あまりきん張は感じませんでした。でも、相手が難しい詰め方をかけてきたのであせったけど、防いでギリギリでした。でもその後すぐ十何手かの詰め将棋をしてきて、防げなくて負けました。次からは解決方法を考えて指したいです。

対局が終わるたびに照屋先生のところへ行き、反省点を確認して次の対局の作戦を教えて頂き、さらに気合いを入れてもらったので、自信を持って対局出来ました。

Dscn6297s

この大会でぼくがあまりきん張やプレッシャーを感じないですんだのは、お父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの励ましの言葉があったからだと思います。
でも、予選落ちはあまりしたくなかったので、くやしかったです。これからは敗因を生かしてもっと強くなれるようにがんばります。

沖縄県代表として戦う事は少しプレッシャーもあったけど、今まで指導して頂いた照屋先生と幼稚園から一緒の2人を信じて戦うことが出来ました。

全国大会はとても良い経験になりました。これからの将棋に生かしていきたいです。応援してくれた皆さんありがとうございました。

Aクンどうもありがとうございました。全国大会ならではのレベルの高さに圧倒されながらも、仲間と励ましあって一生懸命に戦ったことは今後の糧になるはずです。これからも将棋頑張って下さいね。

2017年8月 4日 (金)

がんばれSクン! 倉敷王将戦・全国大会(低学年の部)

来る8月6日に岡山県・倉敷市の芸文館にて第16回大山名人杯争奪全国小学生倉敷王将戦が開催されます。各都道府県の予選を勝ち抜いた小学生(高学年の部と低学年の部)が熱戦を繰り広げます。

今回、3年連続で低学年の部の沖縄県代表になったSクン(小3)に大会へ向けた意気込みをお尋ねしました。(Sクンから届いたFAXです)

P1120189s

Q:倉敷王将戦へは2年連続出場していますが、倉敷の町の印象は?
A:「むかしのような町でかっこいいです。モモシャーベットとモモパフェがおいしいです。」

Q:大会の印象はいかがでしたか?
A:「けい品でモモがもらえます。あまくておいしいです。」

Q:過去2回の成績はいかがでしたか?
A:「1年生の時は1回せん負け。2年生の時は3回せん負け(ベスト16)でした。」

Q:大会に向けて今年はどのような勉強や調整をしていますか?
A:「道場でたくさん対きょくしたり、強い人からおそわったり、げきさし14も使います。」

Q:今年は3回目ですが、緊張していますか?
A:「大会に出るのが好きなので、緊張よりも楽しみです。」

Q:こういうところは気を付けたいなとかあれば?
A:「ちゃんと長考できるようにしたいです。」

Q:今年の目標は?
A:「ゆうしょうします。」

道場でいつも熱心に将棋を指しているSクンを皆が応援しています。いよいよ出発ですね、頑張って来て下さい!

Dsc0508n7ss_2

県予選での決勝戦の様子。

2017年8月 2日 (水)

高文連沖縄チーム頑張れ!

Miyagi


第41回全国高等学校総合文化祭(=みやぎ総文2017)が7月31~8月4日の日程でただいま開催されています。みやぎ総文2017のHPはこちら。             

将棋部門(=全国高等学校将棋選手権大会)は、8月3・4日に仙台と福島の中間ほどに位置する白石市にて行われます。蔵王連峰の麓の風光明媚なところのようですね。

沖縄県代表選手9名は本日・早朝、白石市へ向けて那覇空港を出発しました。
息子は今回、団体戦へ出ます。中1から6年間ずっと一緒に将棋部だった同級の友人2名と全国大会へ出場することができて、とても喜んでいました。受験勉強に追われて、最近は将棋の勉強をあまりしていません。勝ち負けも大切ですが、高校生最後の大会を存分に楽しんで来てほしい。

私も応援に付いて行く予定でしたが、急な用事ができてしまい、残念ながらすべてキャンセルしてしまいました、泣。
先生方と旅行社の方には生徒達の引率のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年7月29日 (土)

宜野湾将棋サークル 初心者将棋講座始まります・後編

Child_syougi01_d_03_5

Q:親子一緒での受講が義務づけられていますが?
A:「基本的に親子同席になります。その理由は、1点目に、未就学児や低学年児童の場合は保護者の方が一緒のほうが落ち着きます。礼儀作法や対局姿勢も指導しますので、保護者のご協力が必要です。2点目に、繰り返しになりますが、講義の際に将棋用語や漢字のフォローアップをお願いします。3点目に、自宅で児童が自主学習する際のフォローをしてほしいからです」「親子で、同じ目線で向き合うことが、やる気向上や人間力向上につながります。そのような環境をつくるためにも保護者の協力が必要と思います」

Q:仕事の都合で、夫婦代わりばんこでの出席でも構いませんか?
A:「もちろん。ご都合のほど、調整して頂ければ幸いです。ご夫婦で講座内容の意思疎通をして頂ければ、スムーズにいくと思います」

Q:親子ともども初心者です。授業についていけるか心配です。
A:「初心者講座ですので、基本のキから丁寧に指導します」

Q:受講料のほかに教材の購入もありますか?
A:「特にこちらからの販売はありませんが、詰め将棋の本等、今後お子さんが欲しがるかもしれませんね。そのときはお子さんのやる気スイッチが入ったということです!」

Q:最後に何かありましたら。
A:「皆様の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします!」

宜野湾将棋サークルのスタッフの皆さんが待望の講座をスタートさせます。親子で一緒に学んでみませんか。最初は一緒に考えたり教え合ったりしますが、あっという間に親は子に抜かされてしまいます。半年もたつと勝てなくなってしまうはずです。我が子のたくましい成長の姿を目の当たりにする素敵な機会です。ぜひご検討下さい。

2017年7月28日 (金)

宜野湾将棋サークル 初心者将棋講座始まります・前編

S

将棋のルールや駒の動かし方がわからないという、将棋に初めて接する子供達のために待望の講座がいよいよスタートします。募集案内はこちらをご覧下さい。
宜野湾将棋サークルのスタッフの方へ講座について気になる点を質問しましたので、参考になれば幸いです。

Q:将棋の駒にさわったことがありませんが、ルールはすぐ覚えられますか?
A:「大丈夫です!子供が幼い頃に片言の言葉しか話せないのに、いつの間にか言葉をおぼえるように、ルールもあっという間に覚えますよ」

Q:漢字がまだ読めませんが大丈夫でしょうか? 何歳から受講は可能でしょうか?
A:「4歳以上なら大丈夫です。基本的に将棋用語以外はひらがなで教えていきます。しかし将棋用語はあえて漢字を使うので、そのために保護者同席としています。漢字の読み方はそのつど親御さんが教えてあげて下さいね」

Q:子供はあまり興味を示しません、親がぜひ受けさせたいのですが。
A:「お子さんが興味を持っていなくては続きません。将棋に興味を持った児童を対象に指導していきます。しかし、保護者の方のきっかけ作りは大切なので、親子でしっかりと話し合ってから受講するかどうか決めるといいでしょう」

Q:中学生ではちょっと遅いかもしれませんが、受講は可能でしょうか?
A:「何かを始めるのに遅いはありません。興味をもった子供は吸収力が違います」

(つづく)

2017年7月26日 (水)

増田裕司先生の指導対局受けました

日曜日(7/23)に小学校将棋団体戦・西日本大会へ出場する当山小チームの皆さんの取材をしに宜野湾将棋道場へ出掛けました。道場へ入ると奥のテーブルではYシャツ姿のおじさんがRクンへ指導対局の真っ最中でした。

Dsc06112s

Dsc06109s



受付のテーブルにあった色紙でその方が増田先生だと知ったわけですが、前日の土曜日に宜野湾道場支部の例会の講師として招かれて沖縄にいらしたそうです(詳しくはこちら)。

増田裕司六段は森信夫先生の2番目の弟子として有名ですね。ちなみに一番弟子は故村山聖九段です。いまでは多くの弟子を抱えて大所帯となった森門下の筆頭格の弟子となっています。

夕方の便で帰られるそうで、最後にもうひとかた指導いかがでしょうかとお声掛けがありましたので、ぴんと背筋伸ばし手を挙げて「お願いします!」と大きな声で返事したので、ラッキーにも選ばれました、笑。

4枚落ちの指導を受けたのですが、こちらの狙い筋をすべて先に読まれてしまい、作戦がうまくいきません。中盤で2枚換えしてどうにか相手玉を守りからはがすことに成功しました。大駒渡すのは怖いのですが、まだ大丈夫かなと、汗。終盤に増田先生から「では詰ませて下さい」と11手詰めのプレゼントを頂いたのですが、詰まないほうの変化を選んでしまい、するすると相手玉を手の届かないところへ逃がしてしまいました、泣。

飛行機の時間が迫る中、感想戦もしっかりと丁寧に指導して頂きました。どうもありがとうございました。

サイン帳持ってくれば良かったなあ。それでも、道場の会員の皆さんと一緒に記念写真を撮ってもらいました。

Dsc06151s_2
PS/増田先生、また沖縄にいらして下さいね!

«がんばれ当山小チーム 小学校将棋団体戦・西日本大会