2018年5月25日 (金)

寄稿 第41期久留米王位戦大会記③

翌朝6時。彼と朝の散歩に行く。将棋で遠征があるときの楽しみの1つ。

朝靄の久留米を散策しながら、街の雰囲気、天気、たわいもないことを話す。親子だけの時間である。彼の寝癖のついた髪がすごいことになっている。羽生先生のようにそのままにするか?と一瞬悩んだが、シャワーを浴びさせる。その後は日課をこなす。「ん?あーそうか」と独り言を言いながら棋譜並べをする。旅先でも変わらない毎朝の景色。集合時間になり、会場へ向かうバスへ乗り込む。ここから彼の挑戦が始まる。

降り出した雨の中、会場に到着すると、掲示板には地方予選の様子を取り上げた各県の新聞記事が貼り出されていた。厳しい戦いを勝ち抜いた強豪の方々。緊張感が高まる。それは私だけのようだ。彼は飄々といつものように小走りで会場と別室を行ったり来たり。彼にはいつもの県大会と同じ感覚なのかもしれない。

関係者と出場者以外立ち入ることのできない赤いラインの向こう側に、扇子を握りしめ歩いていく彼の背中は、いつもよりたくましく見えた。

Dsc00491s

全員一斉に対局開始。記者の押すシャッター音と駒音と対局時計をはじく音。かすかに聞こえる雨音。ピンと張りつめた空気がそこにある。歴史あるこの大会にふさわしい見事な会場と環境。すべての対局に記録係が同席し棋譜を取る。

一回戦の相手は鹿児島県代表の方。振り駒で先手が決まり居飛車に構える。相手の方は振り飛車。彼は急戦で挑む。
中央の位を積極的に取りに行く先手。後手も向かい飛車から中飛車に振り替えて迎え撃つ。目だけ明後日を向き脳内将棋盤と向き合ういつもと同じ様子の彼。2筋の突き捨てを同角と取ると飛車を切り、9筋からのぞいていた角を成りこみ飛車を取る。後手番の左金が前に出される形となる。この時、深く座りなおす。盤面を大きく見る。局面の方向性が見えたときの彼の癖だ。大駒の捌きあいから優勢を保ちそのまま勝ち切った。

この勝利で大会史上最年少勝利を記録した。運営上、感想戦は後程してくださいとの事で、棋譜の確認程度で終わったが、鹿児島県代表の方より非常に丁寧なご挨拶を頂き、対局を通じ勉強させていただいた事、感謝しかない。

Dsc00502s


つづく

2018年5月24日 (木)

2018年学生大会・沖縄県予選ありますよ

おっと、大事なお知らせ忘れていました!

来る日曜日(5/27)に、沖縄市の中央公民館で小・中・高の学生3大会の沖縄県予選が同時開催されます。

受付時間は9時半~10時。締め切り次第、試合開始です。参加費500円。弁当は各自持参でお願いします。

1.大山名人杯争奪・第17回全国小学生倉敷王将戦・沖縄県予選
    低学年の部と高学年の部の代表2名を選出します。優勝者は8月4日に岡山県倉敷市で開催される全国大会へ沖縄県代表として出場します。

2.第39回全国中学生選抜将棋選手権大会・沖縄県予選
    男子の部と女子の部の代表2名を選出します。優勝者は8月3,4日に山形県天童市で開催される全国大会へ沖縄県代表として出場します。

3.第31回全国高等学校将棋竜王戦・沖縄県予選
    代表1名を選出します。優勝者は8月20,21日に福岡県福岡市で開催される全国大会へ沖縄県代表として出場します。

今年の栄冠は誰の手に? 学生の皆さん、優勝目指して、精一杯頑張りましょう!

Sketch_gakusei1
Sketch_gakusei2


Sketch_gakusei3

去年の様子

寄稿 第41期久留米王位戦大会記②

大会の前夜祭では、各県代表が登壇し組み合わせ抽選、挨拶が恒例となっている。

彼は人前に出ることが苦手だ。将棋盤をはさめば、臆することなく何でもできるが、将棋から離れた途端、小学4年生に戻る。代表の方々と大きな丸テーブルにひっそりと座っている。彼の場違い感が半端ない。1人だけ小さな体。1人だけ戸惑っている様子。回転式丸テーブル上の食事のとり方もわからず困惑していた。離れた席の私を何度も呼び、あたふたしている。その時、「沖縄県代表Kさん!」アナウンスが聞こえると私の方に顔を向け、しかめっ面をする。「はやく行きなさい」そう促すとしぶしぶ登壇する。本人以上に緊張した私の心は震えてかもしれない。

マイクに向かい「沖縄から来ました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
沈黙が会場を包む。彼の撮影に夢中な私も不安になりファインダーから目をそらす。大会慣れした参加者のみなさんから声援を受け、「・・・・優勝します!」とまさかの宣言。

会場が拍手とほほえましい笑みに包まれた。舞台に立つと「頭が真っ白になった」と言う。人前で話すことの難しさを覚え成長してくれたのなら、良い経験となった。「がんばったね」と彼に言ってはみたものの、私としては心拍数が上がりっぱなしで落ち着かない前夜祭となった。

その後部屋に戻り、明日の対局に向けて何やら対策でもするのかと思えば、タブレットで動画を見ている。将棋には全く関係ない動画である。「将棋の研究は?」と聞くと笑顔で「研究よりリラックスしたい」と一流のアスリートを思わせる発言。やれやれ。長時間の移動や、慣れない場での挨拶など少し疲れたのかと思い、就寝までのんびりと過ごした。

Zenyasai

つづく

2018年5月23日 (水)

寄稿 第41期久留米王位戦大会記①

先日(5/13)開催された久留米王位戦に出場したSクンのお父さんより大会記を寄稿して頂きました。5回に分けて掲載いたします。

寄稿:Sクンのお父さん

沖縄で梅雨入り宣言があった二日後、さらさらと落ちる小雨の中、彼は福岡県久留米市へ向かう飛行機の中にいた。まるで家族で外食に向かうがごとく、「向こうは美味しいスイーツあるかな?」と繰り返す。いろいろと心配する事がバカらしくなる程、いつもと変わらない笑顔。彼らしいなと安堵する私がいた。彼にとって大会は最高の楽しみであり、緊張や不安という要素は、眼下の東シナ海に捨て去っていたのかもしれない。

地元紙に「最年少代表」の文字が躍り、困惑する。運よく県予選を勝ち抜いたが、むろん棋力は沖縄県の学生強豪や社会人強豪の足元にも及ばない。私としては「ラッキーパンチがはいった」としか言いようがない。しかし代表になったからには精一杯戦ってほしい。またとないこの機会を自分の糧としてほしい。そう願うばかりで、浮き足立っているのは私の方であったかと思う。

彼が参加する大会は、第41期久留米王位戦。九州全県に山口県を加えた9県から厳しい予選を勝ち抜いた強豪が集い王位の座を争う。その大会に小学4年生の息子が参加する。この点だけでも評価したいが、彼は優勝したいと言う。聞いているこっちが怖くなるが、本人はその気のようだ。「最初から優勝目指さないのはおかしいでしょ?」と笑顔で言い放つ。ますます恐ろしくなってきた。大人の常識など彼には関係ないらしい。子供の特権である。

Dsc00400s_3





つづく

2018年5月22日 (火)

2018年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選応援に行きました

日曜日(5/20)に、宜野湾市の宜野湾市中央公民館にて文部科学大臣杯 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選が開催されました。ぷりうすも設営のお手伝いを兼ねて観戦に行きました。

Gakusei1s


今年もたくさんのチームが集まりました。準備していた盤と駒の数はぎりぎりセーフで足りました、笑。中学生チームは9→15と去年より増えました。小学生チームは、宜野湾校区内のチームが過半数を超えており、さすが将棋の盛んな地域ですね。

指定されたテーブルに生徒らが着席して、開会式が始まりました。連合会のM会長のご挨拶の中で先日のNさんの支部名人戦の日本一の報告もありました。「日々の努力で全国で活躍できる選手になれるので、皆さんも頑張って下さい」と激励しました。

日本将棋連盟から審判長としていらっしゃった山本信也六段から「よろしくお願いします、負けました、ありがとうございましたの3つの感謝の挨拶は忘れずにきちんとして下さい」との注意がありました。

Gakusei2s

引き続き副審判のFさんのルール説明があり、いよいよ試合開始です。予選リーグから熱戦が繰り広げられていきました。

Gakusei3s

残念ながら、本日のレポートはここで終わりです。はずせない用事があって、お昼に会館を後にしました。

優勝したのは、小学校部門は沖縄カトリック小Aチーム、中学校部門は宜野湾中Cチームでした。おめでとうございます。両チームの全国大会での活躍を期待しています!

2018年5月21日 (月)

2018年・久留米王位戦へ応援に行きました・大盤解説会編

トーナメントは左のブロックから宮崎県代表の高校生Sクン。右のブロックから佐賀県代表のKさんが勝ち上がりました。決勝戦は場所を変えて和室で行われました。

出場者と将棋ファンは大盤解説会場へ移り、2人の対局の行方を見守りました。舞台に中田功七段と久留米支部の方が登場。中田先生による試合を終えた選手いじりがおかしく楽しくて、場は盛り上がりました。S君が勝てば最年少の優勝記録の更新、Kさんが勝てば28年ぶりの3度目の優勝ということでした。

Dsc00642s

中田先生の見立てでは、Kさんは試合に勝ち進むにつれて強さが戻りつつあるようだ。ただ終盤で接戦になれば、早見えのS君に勝機が生まれるように思うとおっしゃっていました。

Dsc00636s

対局が始まり、10数手進む都度、事務局が棋譜コピーを会場へ運んできました。それを大盤で並べて、読み筋や予想手順が解説されました。途中で「次の一手」出題もあり、ぷりうすは2問正解してタオルとペンをゲットしました、笑。

中盤にS君の見落としがあって、その後は終始落ち着いた指し回しをしたKさんが勝利。激闘を終えたお二方が、暖かい拍手に迎えられて登壇しました。優勝したKさんは「昭和の将棋がまだまだ通用した」と喜びのコメントを述べました。

Dsc00647s

今回の久留米王位戦は西日本新聞社が主催の棋戦ですが、運営を支えた久留米支部の裏方ぶりが見事でした。およそ10人の支部会員がてきぱきと前夜祭から当日の大盤解説会までスムーズにこなしました。

この大会の棋譜解説は西日本スポーツ紙に掲載されるそうですが、ぜひ入手したいと思います。全ての試合が見応えありました。願わくば充実した内容の記録集を出して欲しい。

本大会に出場された選手の皆さま並びに運営にご尽力頂いた関係者の皆様、お疲れ様でした。2泊3日の久留米将棋の旅、とても楽しかった。

おわり

2018年5月20日 (日)

速報! Nさん支部名人戦 日本一になりました。

昨日(5/19)行われた支部名人戦の東西対決で沖縄県代表のNさんが日本一になりました。
おめでとうございます。ネットでは情報がまだ拾えませんが、ご本人から報告とお礼のメールがきましたので、間違いありません、笑。久しぶりの快挙です。やったね。

PS/朝刊に載ってました。

Illust3623_2

2018年5月19日 (土)

2018年・久留米王位戦へ応援に行きました・大会編

翌13日に久留米シティプラザにて西日本久留米王位戦は開催されました。各地区の代表に前年度王位を加えた23人がトーナメントで争います。午前9時に審判長の中田七段が試合開始の宣言をしました。

Taikai1s


沖縄勢のNさんは残念ながら初戦敗退という結果に終わりました(対戦相手の佐賀県代表のKさんが28年ぶり3度目の優勝)。

Sクンの初戦は鹿児島県代表の高校生のM君でした。緊張しているかなと思いきや終始落ち着いた指し回しで勝利。続く2回戦は宮崎県代表のS君と。彼はアマ竜王戦以外の県代表をすべて獲得しており、加えて最年少記録を塗り替えています。昨年は第38回全国中学生選抜将棋選手権大会で準優勝という実績もあり、全国的に注目されている高校生です。Sクンは先輩の胸を借りるつもりで全力でぶつかってほしい。

Taikai2s

この将棋は角換わりでした。押したり引いたりの駆け引きが続いたのちに、先手の技が炸裂しました。

62手目の△8一飛に対して機敏な先手の三手一組は?

Kurume_20180519a


解答は▲7五歩。▲7五歩に△同歩だと、▲7四歩で桂を取れます。そのため、桂馬の頭を守るために後手は飛車を浮いたのですが、今度は裏側から▲5一角。金を逃げると▲7三角成です。この▲5一角のあとも着実にリードを広げて先手が押し切りました。

106手まで先手の勝ち。いたるところにS君が罠を張り巡らし、見応えのある内容でした。引き続き感想戦も見学したのですが、Sクンは2度負かされてしまったようなものでした。
久留米王位戦の歴史のなかで小学生最高位はベスト8です。Sクンはまだ10歳。始まったばかりです。記録を更新するチャンスはいくらでもありますので、もっと強くなってここに戻って来て下さい。

試合が終わり、少し気落ちした様子で座っていたSクンに、今大会最年長(65歳)の北九州市代表のYさんが、「大人のようなしっかりした指し回しだった。まだまだ伸びるよ。これからも期待しているので頑張ってほしい」と優しく語りかけました。その言葉にしっかりとSクンはうなずきました。

つづく

2018年5月18日 (金)

2018年・久留米王位戦へ応援に行きました・前夜祭編

Zenya1s

やがて会場には続々と選手や関係者が集まりました。大会常連同士でお互いに顔見知りの方々が多いようでした。初参加の選手の皆様も、挨拶や会話を交わすうちに、少しずつ緊張もとれてリラックスしていました。

Zenya2s

やはり、本大会に史上最年少で出場するSクンに注目が集まりましたが、ライバルというよりも優しく見守るという感じで彼に接してくれました。

トーナメントの組み合わせは抽選で行われて、それに続いて、各選手が今大会にかける意気込みを語ってくれました。いくつかのユーモアあふれる挨拶をどうぞ。

「明日は誕生日なので、僕と当たる方はそのところを覚えておいて下さい、笑」
「対戦相手の○○さん、ネット将棋で当たったことあるけど、覚えていますか?(覚えていないという返答でした、笑)」
「Nさんは来週の支部名人戦の東西対決に専念して、今回は勝ちを譲ってほしい、笑」
「(渡部愛女流棋士からもらった扇子とTシャツを披露して)愛ちゃんパワーで頑張ります!」
最後に前年度王位のHさんが「明日はたくさん指したい。1日残れるように頑張りたい」と締めました。

審判長を務める中田功先生からは「決勝戦の大盤解説会も担当します。選手の皆様の熱いドラマを期待しています」とご挨拶がありました。

Zenya3s

我らがSクンも堂々と「優勝を目指します」と宣言すると、会場からたくさんの拍手をもらいました。いよいよ明日、決戦を迎えます。

Zenya4s

つづく

2018年5月17日 (木)

2018年・久留米王位戦へ応援に行きました・観光編

去る5月13日(日)に福岡県久留米市で久留米王位戦が行われました。沖縄勢のNさんとSクンの応援に行こうと思い立ち、えいやっ!と気合いを入れて福岡へひとっ飛びしてきました。

12日の午前便で福岡入り。高速バスを利用して福岡空港から西鉄久留米駅までおよそ60分でした。ホテルのチェックインの時間にはだいぶ早かったので、石橋文化センターへ行ってきました。ちょうど「春のバラフェア」というイベントの期間中でした。時期的にも良かったようで、華やかに彩られたバラ園で優雅なひとときを過ごしました。

Kurume1
Kurume2


文化センター内にある久留米市美術館ではちょうど「岸田劉生と椿貞夫」展が開催されていたので、こちらも見学してきました。ダ・ビンチの「モナ・リザ」にヒントを得たという有名な「麗子像」もしっかりと鑑賞しました。

出発する前に調べていて楽しみにしていた天然温泉「湯の坂久留米温泉」に行きました。美術館からおそよ1キロ離れたところにあるのですが、歩き疲れていたのでタクシーで移動。昭和の雰囲気のある空間でしたが、源泉掛け流しでぬるっとしたお湯は最高でした。すっかり疲れも取れて、ほんとここ来て良かった。

Kurume3


ホテルにチェックインして前夜祭が始まる時間まで一休み。前夜祭会場のホテルニュープラザ久留米へ徒歩で移動。会場の入り口でSクン親子を見つけて、「応援に来たよ~」と驚かせることに成功しました、笑。

Kurume4

つづく

«ブログ開設2周年を迎えました