2018年10月21日 (日)

第6期・宜野湾子供将棋サークルの初心者将棋講座を見学しました

昨日(10/20)、宜野湾中央公民館で開催された「初心者将棋講座」を見学してきました。数えてもう6回目になるのですね。今回は親子7組の参加がありました。

基本的な駒の動かし方やルールを知っていれば、将棋教室やサークルが初めてでも、いきなり実戦から始めることができます。親や兄弟、友人から教わる機会があれば割とラクにスタートできますが、周りに将棋を知っている人がいない場合や習う環境がなければ、意外と将棋教室やサークルも敷居が高いものです。

宜野湾子供将棋サークルでは、将棋に初めて接するお子さんを対象にして、駒の動かし方から始めるという講義を不定期に開催しています。このような継続的な活動に敬意を表します。

講師のKさんはもう手慣れたもので、今回も子供達のハートをがっちり掴んでいました。一コマ20分で計3時間にわたる長時間の講座ですが、その間、小さな子供達の集中力を切らすことなく飽きさせずに進めることは、並大抵ではありません。

講義の合間に、「きみたちが大会に出るようになったらこういうところは気を付けようね」と、さりげなくマナーも伝えます。いよいよ最終講義は、K講師との級位認定対局です。初めて将棋にふれた子が3時間後には、ぎこちないながら、対局ができるまでになっていることは驚きでした。

子供達全員が15級の認定カードをもらい講義は終了しました。これで仲間入りですね。ようこそ、将棋の世界へ!

Primary

2018年10月16日 (火)

2018年・朝日アマ将棋名人戦・沖縄県大会に参加しました・後編

Yahoo_news



昨日のYahoo!ニュースに「小学五年生が県代表クラスで優勝!」という地元紙の記事がどーんと掲載されまして、当方のブログも200人越えのアクセスがありました。

宜野湾将棋道場のAクンが、全国制覇の経験のあるNさんとKさんを準決勝戦と決勝戦で立て続けに破る快挙を見せて、みごと優勝しました。もっと知りたくて、「ぷりうすの将棋」を訪問されたのだと思いますが、そこで読まされたのは、「おれの将棋」でした、笑。

遅ればせながら、代表部門の決勝戦の様子をお伝えいたします。

準決勝戦において、今年の支部名人戦の全国優勝のNさんにAクンが勝った瞬間、会場がざわめきました。Aクンは先月のしんぶん赤旗将棋名人戦の県大会で優勝したのですが、Nさんはその大会には不参加でした。あの優勝は、くじ運に恵まれたフラックではなかったのです。小学生が一般大会で2回連続で代表を勝ち取ることは、県将棋界初の快挙です。Aクンの実力が急成長で伸びていることを目の当たりにしました。

もうひとつの山から勝ち上がってきたのは、Kさん(一般・七段)でした。8月のアマ名人戦では県代表を勝ち取り、2014年のアマ銀河戦では全国大会優勝を成し遂げた、振り飛車党の県内トップの実力の持ち主です。

Final


決勝戦はAクンの先手で始まりました。先手の居飛車に対して、後手は三間飛車穴熊に構えて着々と駒組みが進みました。先手の舟囲いから左銀が上がってくる急戦をみて、後手は振り飛車穴熊でよくある7筋に振り直して1歩手持ちにし、その歩で手をつくっていく作戦を取りました(1図)。

20181016a

7筋での小競り合いのあと、先手は2筋から棒銀を進出させて敵陣の突破を試みます。△1九角成りを許して、待望の▲2一飛成りです(2図)。ここまでは互角に進んでいるようでした。この局面での激指七段先生の評価値は、先手-250でした。

20181016b

数手進んでから、Kさんの7・8筋を絡めた玉頭からの波状攻撃が襲いかかりました。しばらく緊張感あふれる、スリリングな展開が繰り広げられましたが、Aクンは必死にしのいでいました。△7五香で歩を払った際に、Aクンが指した、ぷりうすが思わずうなった次の一手は?(3図)

20181016c


解答は▲4六桂打ち。馬を閉じこめると同時に4三の銀の働きを牽制した冷静な一手だと感心しました。激指先生は、ここでは一気に穴熊を攻略する手順を示したのですが、馬を引く手を恐れず攻め込むなんて、人間には真似できないよね~、笑。

Kさんの攻めを凌ぎきって、Aクンの109手まで勝ち。新聞には「勇気をもって踏み込めた」と感想を述べていましたが、間違わずにしっかり受けきったという内容の将棋でした。いやあ、実にいいものを見せて頂きました。両対局者にお礼申し上げます、お疲れ様でした!

この日も楽しく過ごすことができました。いろいろなドラマのあった日でした。入賞された皆さん、おめでとうございます。おれを含めて残念だった選手の皆さん、また頑張りましょう。連合会の役員の皆様もお疲れ様でした。

おわり

2018年10月15日 (月)

2018年・朝日アマ将棋名人戦・沖縄県大会に参加しました・中編

午後のC・D級の受付が始まる頃には、会場も手狭になってきました。本大会の参加者は少ないかなと思いましたが、大勢の皆さんがいらっしゃいました(あれ、人数をメモしてないや)。午後からは他の方の将棋を観戦したり、久しぶりに会う棋友とおしゃべりして過ごします。

ぷりうすが将棋を始めた頃には、大会で負けて泣く子はよくいました。トイレの個室からすすり泣きが聞こえたり、階段付近で隠れて号泣している子も見かけました。印象深いのは、小学生大会で高段の同級生と当たった子でした。指した手を全て消されてうまく攻め込むことが出来ません。相手をにらみつけて意地を見せていたのですが、最後は折れてしまいました。大粒の涙をぬぐいながらそれでも懸命に戦っていました。

昨日の大会では久しぶりにそのような光景を目にしました。悔し涙は心を鍛えます。落ち込まずにしっかりと勉強して、またチャレンジしてほしいと思います。

Sketch_gogonobu
まもなく午後の部始まります!

つづく

2018年10月14日 (日)

2018年・朝日アマ将棋名人戦・沖縄県大会に参加しました・前編

先ほど帰宅しました。負けた悔しさばかりが残る大会でしたが、それでも晩酌のビールはうまかった。優勝のお祝いにと買ったワインは、いつ開けることができるのでしょうか。勝利の美酒はどれほどおいしいのでしょうか。さて、ほろ酔い気分で始めましょう。

Sketch_asahi_2


本日(10/14)は、沖縄市の中央公民館で開催された朝日アマ将棋名人戦・沖縄県予選大会に参加しました。
ようやく秋めいた季節になってきましたが、今回は親子で参加しました。道中の会話もはずんであっという間に会場へ到着しました。学校の行事と重なっているのか、午前の部へ参加する学生さんが多くないように感じました。特にSとAの両クラスはそれぞれ15人足らずの参加でしたので、少し寂しかった。

毎度のおれの将棋です。前回からおよそ1ヶ月後の大会でした。その間、自分なりに勉強してきたつもりでしたが、結果的には、まだまだ努力不足のひどい内容の将棋ばかり指してしまったようでした。

B級には23名のエントリーがありました。初戦は8月のアマ名人戦で当たった息子の後輩のK君(中一・4級)と。あのときは角交換してからの相四間飛車をきっちり勝たせてもらいました。対戦者がおれだと知っときにK君がいやな顔をしたので、今日はもう勝ったものだと思いました、笑。
序盤から作戦通りに進めていたのですが、中盤にちょっと欲張って打った角が全然、響かず。さらにうっかり相手に角成りを許してしまう始末。集中力を欠いては勝てるわけがない。相手玉に迫ることなく一方的に粉砕されてしまいました。K君へ植え付けていたおれへの苦手意識が払拭されてしまったようでした。勝った瞬間、K君の笑顔が弾けたのでした。

後のない2戦目は前回の赤旗大会で準優勝したHクン(小五・1級)と。彼とは道場リーグ戦で当たるので、戦い方は知っているつもりです。今回も作戦勝ちして、相手玉を陣地から追い出すまではどうにか成功しました。だが、秒読みに急かされてなかなか詰ますことが出来ない。Hクンも懸命に読んで入玉を目指す。しかし10数手後にHクン玉は逃げ切ってしまいました、嗚呼。今日の将棋は空回りの予選2連敗で終わってしまいました。

なかなかうまく物事が進みませんが、明日から仕切直しで頑張るのみ。今日はもう寝ます。

Sketch_asahiama

つづく

2018年10月 9日 (火)

秋休みの将棋

日曜日(10/7)はおよそ2ヶ月ぶりに道場へ行きました。連休中でもあり、この日は大入り満員でした。

ぷりうすが所属のB2リーグですが、2回もリーグ戦を欠場してしまった。この日は開催日ではありませんでしたが、久しぶりに道場を訪問しました。リーグ表を確認すると、全体の半分もまだ消化していないようで、一安心です。来月までには遅れた分を取り戻します。

この日はA2リーグの開催日でした。初参加のCさんが6連勝で絶好調のようです。来期のA1リーグ入りに向けて頭ひとつリードしたようですね。
豊田杯王位へ挑戦するA1リーグもそろそろ終盤になり、佳境を迎えました。今月末にはいよいよ挑戦者も決まるようです。来月からいよいよ三番勝負が始まります。道場のメインイベントの季節を迎えて、あっという間に今年も終わります。

今日は小中学生と4局ほど練習将棋を指しましたが、結果は散々でした。前より強くなっているのはもちろんですが、だんだん試合巧者になっている子もいたし、形勢に差がついているのに、さらにこちらの手をつぶしていくという、ともだちをなくす将棋をする子もいました、泣。

試合の勝ち方がわかってきて、強くなっている子が増えてきました。こんどの大会で彼らと当たるのは嫌だなあ。ですが、大会まであと4日。おれも真剣に特訓しておこうと思います。

Dojyous

2018年10月 7日 (日)

2018年・朝日アマ将棋名人戦・沖縄県大会ありますよ

来る日曜日(10/14)は、沖縄市の中央公民館で第42回朝日アマ名人戦・沖縄県大会が開催されます。
午前の部(県代表選抜クラス、S・A・B級)は受付が9時半~、試合は10時スタート。午後の部(C・D級)は受付が12時~、試合は13時スタートです。

Asahisketch
去年の様子

本大会の派遣部門の上位2名は、南九州ブロック大会へ進みます。ブロック大会では沖縄・鹿児島・宮崎・熊本の各県予選大会を勝ち抜いた代表2名の計8名で、ブロック1枠が争われます。各ブロックの代表者は来年3月に東京で開催される全国大会へ出場します。

2016年12月に沖縄で南九州ブロック大会が開催されました。会場の宜野湾将棋道場へぷりうすも行きました。トップ・アマの対決を間近で見学できる機会はなかなかなかったので、大変、勉強になったことを覚えています。このような機会を沖縄の子供達にもっと増やして欲しいです。またいつか沖縄でこのような大会が開催されることを希望しています、新垣事務局長様、笑。

Blocksketch

2016年の南九州ブロック大会

台風一過で過ごしやすい日が続いています。詰め将棋もさくさく解けて、好調です。
その他のクラスへ出場する選手の皆さんも優勝目指して頑張ろう。それでは、会場でお会いしましょう。

2018年10月 4日 (木)

浮き浮き飛車(目くらまし)戦法ってのがあるんだ!

先日、初めて出会った戦法にとまどってしまいました。序盤で仕掛けられた小技に焦ってしまい負けたのですが、まだまだ知らないことがあるんだなと(ちょっとだけ)感動しました。

ぷりうすは24では、低級クラス(11級~初心者)で楽しんでいます。ログインするやいなや挑戦されました。こちらの先手で、▲7六歩△8四歩▲6八飛△8五歩▲7七角△8四飛(1図)

20181004a_2

この8四飛と浮いた飛車にどういう意図があるのかをよく考えずに、さっと▲4八玉とした。次の△7四飛と寄った手に、歩がただで取られてしまうと気づいてから、焦ってしまった。(2図)

20181004b_3

序盤早々の凡ミスは、悔しい。▲8八銀△7六飛と1歩取られて以降は、こちらから積極的な攻めの手が出しづらい、泣。

相手もここから手をつくりにくかったようだが、こちらの駒組の方針がちぐはぐになってしまい、この勝負は落としてしまった。だが、これが大会でなくて助かった。おれにとっての24は学び舎なので、ここではいくら負けてもへこたれない。知らなかった奇襲戦法を披露してくれた対局者に感謝するばかりだ。翌日、息子に対策を教えてもらった。

△8四飛(1図)には、向かい飛車に振り直す▲8八飛(下図)で十分とのことでした。

20181004c

ここから△7四飛なら、▲8六歩△同歩▲同飛で7六の歩を守りながら飛成りの先手だし、▲8六歩△7六飛▲8五歩なら歩損しない。ここからは8筋の歩を伸ばしていけば指せるとのことでした(まだここからも難しいのですが)。対策を知っていたらなんでもない戦法ですが、大会でいきなり遭遇したら、平常心を欠いて、あたふたしてしまいそうですね。もうこれで引っかからないぞ、笑。

「思い出せないけど、この奇襲戦法にはちゃんと名前があったはず」だと息子が言ってたので、「飛車先の歩、飛車を浮く」をキーワードにして調べたら、これには「浮き浮き飛車(目くらまし)戦法」という立派な名前が付いていることを知りました。「将棋上達の科学」というHPに、この戦法と対策が詳しく紹介されていますので、ご参考までに。

2図に戻って自分なりに研究してみました。あわてて次に指した▲8八銀でしたが、そんなに悪い手ではなかったようです。▲8八銀△7六飛▲6六角△1四歩▲7七銀△7四飛▲8八飛(3図)

20181004d

と進めば、なんと、ぷりうすの飛び出し角戦法と合流できそうです。ここからは通い慣れた道なので、いけそうです、笑。
まだまだ知らない奇襲戦法があるとは、将棋は奥が深いですね。

PS/先週に引き続き、また台風です。気をつけてお過ごし下さい。

2018年9月29日 (土)

振り飛車なんてこわくない

1221158_o


NHK将棋講座テキストを半年間、予約しました。10月から深浦康市九段を講師に迎えて、「振り飛車なんてこわくない」の講義が始まります。ただでさえ、振り飛車党受難の時代に困ったものであります、泣。
ですが、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」と孫子の兵法にありますように、居飛車目線で自分の得意戦法を再検討することも大切かと思います。
深浦先生が半年間にわたり、「対振り飛車の急戦」の序盤~中盤の戦い方について講義しますので、しっかりと学びたいですね。

今月号の特集は、「四間飛車の守りを崩そう」ということで、四間飛車の守りを右銀急戦で破る方法を特集しています。振り飛車党にとっても、その対応策は知っておかねばなりません。うろ覚えなので、今一度復習して10月の大会にしっかりと備えます。

深浦先生は2015年の新春将棋大会に来賓としていらっしゃいました。当然、ぷりうすも持参していた深浦先生の本に揮毫して頂きました。物腰が柔らかく、穏やかで品のある先生でしたよ。懐かしいですね。

Fukaura01s

台風24号が本島を直撃しており、深夜から猛烈な風雨が続いています。本日は自宅で将棋の勉強をして過ごしています。皆さんも、十分お気をつけてお過ごし下さい。

2018年9月21日 (金)

リボーンの棋士/鍋倉夫

将棋漫画の「リボーンの棋士」を読みたくて、週刊スピリッツ(小学館)の定期購読を始めました。

Reborn_3


主人公は奨励会を年齢制限で退会した青年です。挫折から立ち直ったつもりでしたが、将棋への想いを断ち切ることが出来ずに、悶々として暮らしていました。あるきっかけから、「やっぱり将棋は楽しいです!!」と再び、目覚めることになりました。町道場で根暗な元奨の友人と再会したり、親が奨励会受験を許さなかった現役アマ王者が登場してきたあたりから、彼らとの絡みでストーリーが膨らんできました。

第3話から棋譜監修に鈴木肇の名前が記載されるようになりましたが、その鈴木さんは先日の第72回アマ名人戦・全国大会で優勝された方です。元奨励会員で、現在は神奈川県内で将棋教室を開催されています。「リボーンの棋士」の主人公と鈴木さんのイメージがどことなく重なってしまいますが、今後の展開が益々楽しみです。今月下旬には、待望のコミック第1巻が出ます。

第10・11話で三段リーグの紅一点と練習対局の場面があります。主人公の先手で、▲7六歩△3二飛▲2六歩に対して△3四歩という、セオリーを無視した手を指されて、主人公が考え込みます。この続きとして以下の場面が描写されますが、ここでうん?悩んでしまった。

Reborn_kifu_2



「飛車があった場所に、角が...」「飛車と角が入れ替わった...?」とセリフがあるのですが、どうしてこうなったのか、そこまでの手順が分からない。息子に「この画って、ミスってない?」と訊いたら、そんなことはありませんでした。

(△3四歩の局面から)▲2二角成△同飛▲6五角△7四角▲同角△同歩▲5五角△8二角▲2二角成△同銀という手順で進んだら、この局面になるそうだ。この△3四歩は数年前に管井先生が指していて、初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二飛という手順もあるとのことでした。その4手目△3二飛戦法を今年も管井先生が採用して勝利していることを教えてもらった(対行方八段戦・2018年5月)。なるほどなあ。これを知っていたら、このシーンで悩むことなく、にやっと楽しめたのですね、汗。

「リボーンの棋士」が将棋ファンに支持されて、長期連載されるように応援しています。

2018年9月16日 (日)

映画「泣き虫しょったんの奇跡」を観てきました

昨日(9/15)はシネマ・パレットで上映中の「泣き虫しょったんの奇跡」を観てきました。奨励会退会を経てサラリーマンからプロ棋士になった瀬川晶司五段の自伝的作品を映画化したものです。

S



この日、沖縄で安室ちゃんのラスト・ライブが行われました。モノレール駅では彼女の曲が終日流れており、街ではアムラーも見かけました。那覇の街は安室ちゃん一色でしたね。新聞社の壁面を飾った巨大スクリーンの前で記念撮影をする観光客やファンがたくさんいました。

Shinpo_bill_2


安室ファンで有名な瀬川さんも来沖されたようですね。ステージの安室ちゃんを観て、泣き虫しょったんは号泣したのでしょうか、笑。

Segawa_2

瀬川先生のプロ入りまでのいきさつは原作本や「棋士 瀬川昌司(日本将棋連盟)」で読んでいましたので、映画のあらすじは知っているようなものでした。2時間を超える長丁場でしたが、最後まで飽きずに楽しく鑑賞できました。小道具やその時代のファッションも忠実に考証して再現されており、丁寧に制作されているなと感じました。対局シーンで使われたBGMがとても良かった。

編入試験の第四局では、中井広恵女流六段との対局がありましたが、その中井役を演じたのが谷口由紀女流二段でした。かなり派手な衣装でしたが、むろやんよく似合っていました、笑。これも映画ならではの演出ですね(中井女流が実際にお召しになっていたのは、黒か紺?の地味な落ち着いたジャケット)。映画でも本人役で登場した、第二局の神吉先生のお召し物は、ど派手なピンクスーツでしたが、実際の編入試験でも同じ色の物を着用されています、笑。

少年時代から続く親友との友情、家族や仲間の暖かい応援、そして何よりも瀬川さんのプロへの夢が詰まった映画です。1日の上映回数が減ってきましたので、まだの方はお急ぎ下さい。

PS/行方さん出演しているそうですが、探せなかった。

«2018年・しんぶん赤旗将棋名人戦・沖縄県大会に参加しました・後編