« 虹色四間 | トップページ | 高田尚平七段の学校訪問 »

2016年5月17日 (火)

この本楽しみ

Kamiya_2

amazonに神谷広志先生の「禁断のオッサン流振り飛車破り」の予告がありました。タイトルもいかしていますが、神谷先生の前書きがすばらしいので、全文引用します。

まえがき(本書の正しい使い方)
この本を読んだら早速将棋大会やネット対局で使ってみる。その際うまくいったときは喜び、棋友に「良書だ、ぜひ買って読め」と勧める。うまくいかなかったときは自分の力が足りなかったと考え、著者や出版社を恨んだりしない。読み終わった後、オッサンらしくコンピュータ操作が苦手なことを自覚してネットオークションに出したりは絶対にしない。 オッサンらしく読み終わった数ヵ月後に読んだこと自体を忘れて再び購入する。できればこれを数回繰り返す。以上です。 八段 神谷広志

内容もユーモアあふれるものになっているんでしょうね。ただ、電子書籍だけの販売のようになっていますが、紙メディアでも出すよね、きっと。おっさんにはkindleをスムーズに操作するのは難しいのですよ、出版社さま。

居飛車党の対振り戦法の内容ですが、敵の出方を研究するためにも振り飛車党の自分もぜひ買いたい、紙の本で。

将棋強くなりたくて、タイトルが奇抜なというか斬新な棋書は積極的に買っています。書棚をざっと眺めると「必殺!かまいたち戦法」「公望流メリケン向かい飛車」「ナニワ流ワンパク中飛車」「中段飛車宇宙戦法」とか、どれもマスターしたら強くなりそうですが、角交換四間飛車もまだ満足に指せないのでこれらは後回しにしているのが現状なのです、泣。

神谷先生の本も3回読んだら強くなれそう。我らがオッサン世代にエールを贈った新刊が紙の本で!出るのが待ち遠しい。

 

« 虹色四間 | トップページ | 高田尚平七段の学校訪問 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この本楽しみ:

« 虹色四間 | トップページ | 高田尚平七段の学校訪問 »