« 永遠の一手 | トップページ | 宜野湾将棋道場 リーグ戦始まりますよ »

2016年6月25日 (土)

BSジャパン「運命の日」~ニッポンの挑戦者たち~

P1100008s

 

5月29日と6月5日の2回に分けてBSジャパンで放映されたponanzaの開発者の山本一成さんを特集した番組を見ました。タイトルは「運命の日」。5月に開催された「世界コンピュータ将棋選手権」で山本さんのponanzaが優勝するまでを描いた人物ドキュメンタリー。

番組は、ponanzaがどういうソフトなのかという解説や山本さんのこれまで歩んだヒストリー紹介を交えて進んでいきました。賞金とスポンサーの契約金だけで生活しているので、自作のソフトが世界一でなければ意味がないという。そのプレッシャーに押しつぶされないように彼を支える奥さんの内助の功もありました。

現在のponanzaは過去の人間の棋譜を参考にせず、PC同士の対局で得た経験を人工知能で自ら学習して強くなっているそうです。予期しない手で相手を翻弄して、自分のペースに持ち込む。強いほうが早く未知の展開に持ち込めば有利。弱いほうが間違える確率が高くなるからだという。

なるほど。アマチュアの大会では持ち時間は少ない。そこで未知の局面に誘い込むことができれば、勝つ可能性は高くなる。ぷりうすオリジナルの6六角戦法も同じ考え。ある程度までの変化は研究済みなので、ここに誘い込めれば有利に進められる。そろそろ大会が近づいているので、ここには詳しく書けないや、笑。

これまでプロ棋士相手に5戦全勝、アマチュア相手には無敗、他の将棋ソフトには勝率9割以上を誇る、将棋最強ソフトの「ponanza名局集」がそろそろ出版されてもいいんじゃないかなと思います。

« 永遠の一手 | トップページ | 宜野湾将棋道場 リーグ戦始まりますよ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BSジャパン「運命の日」~ニッポンの挑戦者たち~:

« 永遠の一手 | トップページ | 宜野湾将棋道場 リーグ戦始まりますよ »