« 或るアホウの一生/トウテムポール | トップページ | 2016年・沖縄こどもの国将棋大会に参加しました。前編 »

2016年11月19日 (土)

銀杏の駒音(第40号)/東京大学将棋部

東京大学将棋部とOB会が出版した「銀杏の駒音(第40号)」をあるつてから購入出来ました。先月、上京した際に寄ったアカシア書店で求めたものは1983年発行の第10号でしたので、継続して刊行されていたのですね。

収録されているのは、平成27年度の東大将棋部の活動の記録。総ページは236ページの大作です。全体の8割が去年の大会の様子を書いた自戦記で、残りは部員紹介と各大会の記録で構成されています。学生さんが参加したさまざまな大会の自戦記録はどれも読みごたえありますね。

ぷりうすのブログでも大会における自戦記を局面図とともに掲載したいのですが、正確に再現できないのです。大事なところで写真を撮りたいのですが、やったら反則負けかなあ。

以前、初段の認定にあたって、その棋力も必要だが、自分の指した将棋を最初から最後まで並べることができてその腕前だと聞いたことがあります。おれらの将棋はと言うと、20手目までは完璧に再現できます。しかし30手あたりから相手の記憶も怪しくなり、お互いに黙り込みます。級位者同士の対局はそんなものです。まだまだ有段者への道のりは遠いですね。
せめて投了図でも載せようかと思いますが、あまりにも残念すぎな終局図なので晒せません、笑。

さて、明日はこどもの国将棋大会です。今朝の天気はぐずついてはっきりしませんが、ピクニック日和に晴れるといいですね。

 

Komaoto

« 或るアホウの一生/トウテムポール | トップページ | 2016年・沖縄こどもの国将棋大会に参加しました。前編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏の駒音(第40号)/東京大学将棋部:

« 或るアホウの一生/トウテムポール | トップページ | 2016年・沖縄こどもの国将棋大会に参加しました。前編 »