« 沖縄こどもの国将棋大会ありますよ | トップページ | 銀杏の駒音(第40号)/東京大学将棋部 »

2016年11月16日 (水)

或るアホウの一生/トウテムポール

10月に第二巻が刊行されたというtwitterで、このマンガの存在を知った次第ですが、大変おもしろかった。掲載誌も分からなかったが、小学館のビッグコミックスピリッツの増刊号「ヒバナ」誌ということです。う~ん、我が町の本屋さんでは店頭に並んでいるのかな?見かけたこともないや。

ジュンク堂に1と2巻(小学館)を買いに行きましたが、第1巻は最後の1冊でした。棚にずら~と並んだ「三月のライオン」がまぶしく見えた。

主人公は17歳の高校生の瞬クンです。彼が奨励会の三段リーグを仲間やライバルと過ごした修行期間のお話です。ネタばれになるので詳しくは割愛しますが、過酷なレースに勝ち抜くために主人公と仲間は奇抜なアイデアで挑みます。「どうしたらプロになれますか?」に答えた師匠のとぼけたセリフの意味するところは深い。

2巻まで進んだ物語はまだ序盤にしか過ぎない。ちらりと登場した人物や今後の伏線になるエピソードとか仕掛けは十分だ。連載が続くように応援したいマンガです。

PS/第一話がネットで試し読みできますが、エンジンがかかるのは第二話以降ですので、1巻を通し読みすることをおすすめします。amazonにはまだ在庫あります。

Aruahou

« 沖縄こどもの国将棋大会ありますよ | トップページ | 銀杏の駒音(第40号)/東京大学将棋部 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/64500567

この記事へのトラックバック一覧です: 或るアホウの一生/トウテムポール:

« 沖縄こどもの国将棋大会ありますよ | トップページ | 銀杏の駒音(第40号)/東京大学将棋部 »