« 支部名人戦・シニア名人戦ありますよ | トップページ | 「永遠の一手」を改めて読みました。 »

2017年1月25日 (水)

牧志駅前将棋クラブへお付き合い

一昨日の那覇は夕方から小雨がちらつき、風も強くて寒かった。ところで、去年の1月25日は沖縄本島で雪というかみぞれが観測史上初めて見られて、もっと寒かったのを覚えていらっしゃいますか?

さて、息子が牧志駅前道場で小2にして三段のSクンとみっちり将棋を指そうという約束をしたということで、お付き合いして出掛けました。(ブログネタがなくて困っていたのだ)
夕方はさらに冷えて、さすがに常連客以外はいませんでした。約束の5時半にSクン登場だ。こどもは風の子なので、半ズボン姿が微笑ましい。
息子は来月早々の全国大会に向けて、10秒将棋を数多くこなして感覚を磨きたいということだったが、10秒の持ち時間ではSクンのほうが勝ち数が断然多かった。持ち時間を20秒に増やすと結果は逆転した。息子が言うには、10秒ではただ手を動かしていただけだが、20秒もあると読みを入れることができるそうだ。これはおもしろいなと思った。

Sクンのお父さんが言うには、Sクンはその都度の局面をフラッシュで判断して、最善手を指しているという。
これはアルファ碁と同じだ。確か、アルファ碁は自分の手番のときの最善手(=統計と確率から導き出されている)を打ち続けて、結果的に勝負に勝つというソフトだった。そこには碁の定石のプログラミングはされていない。

Sクンの日課は、数多く将棋を指して、棋譜を並べることだと言う。脳にはたくさんの局面図が記憶されているのだろう。Sクンが、もうちょっと成長して棋書まで平気で読むようになったら、恐ろしく強くなるんだろうな。

Sdsc03919

« 支部名人戦・シニア名人戦ありますよ | トップページ | 「永遠の一手」を改めて読みました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/64807282

この記事へのトラックバック一覧です: 牧志駅前将棋クラブへお付き合い:

« 支部名人戦・シニア名人戦ありますよ | トップページ | 「永遠の一手」を改めて読みました。 »