« チャーリー多幸寿行きました。 | トップページ | レーティング選手権大会に参加しました・後編 »

2017年3月 6日 (月)

レーティング選手権大会に参加しました・前編

昨日(3/5)の将棋大会は、常連さん以外に見知らぬ方もちらほらお見えになっており、年間を通しての参加者は増えているように感じました。

午前の部の派遣クラスには15人、S級は16人、A級は16人、そしておれが戦うB級には20人の申し込みがありました。このところB級が混み合ってきている。子供達や学生さんにとってはこれくらいの実力の頃がとても楽しいので、参加者数も毎回安定しているのだ。

さて、この日のおれの将棋である。予選の抽選で3人ブロックに振り分けられており、戦わずして、まず不戦勝1つをポケモン・ゲットだぜ! 
ずー軍団のYさんと高校生のNクンの勝者と当たるので、そばでお二方の戦いを観戦した。双方ミスを出しながら、Nクンが勝利した。なるほど、これなら勝てそうだなと変に自信を持ってしまった(のが敗因でした)。
Nクン先手で4手目に角交換した後に、互いに玉を囲い合った。お互いが攻撃態勢に入った頃にNクンが持ち角を打った瞬間、しまった!という表情をした。打ち場所を間違えたようだった。後はこちらが隙を見つけて敵陣に角を打てば、優勢になると判断して呑気に指していた。しかし、さすが1級だけあって、彼の歩の手筋に翻弄されて、と金を払えずに飛車が追われる始末で、結局負けた。感想戦で指摘された一手のミスが悔やまれる。

これで1勝1敗。決勝トーナメント進出を掛けて他リーグの方と戦うことになった。相手は宜野湾道場に通うIさんだった。彼には道場で一度も負けたことないので、まあ大丈夫だろうと余裕を持っていた(のが敗因でした)。
飛車先の歩を2つ伸ばしたので、飛び出し角戦法を発動させたら、こちらの研究手順に飛び込んできてくれた。序盤でだいぶ駒得も出来て、これはさっさと終わらそうと、玉の囲いが中途半端のまま攻め込んでしまった。あれ、あれ、いつのまにかおかしくなって、泣きたくなった。この試合は、友達をなくす将棋に徹底すべきだった、嗚呼。

この日のおれの将棋は不甲斐ないまま終わった。前々回のブログに冗談で予選敗退したらタコス屋さんへ行くなんて書かなきゃよかったよ。大悪手であった。

明日に続く。

Dsc04471s
午前の開会式の様子。

« チャーリー多幸寿行きました。 | トップページ | レーティング選手権大会に参加しました・後編 »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/64978502

この記事へのトラックバック一覧です: レーティング選手権大会に参加しました・前編:

« チャーリー多幸寿行きました。 | トップページ | レーティング選手権大会に参加しました・後編 »