« C1リーグ残留できました | トップページ | がんばれ当山小チーム 小学校将棋団体戦・西日本大会 »

2017年7月21日 (金)

将棋・序盤完全ガイド(相振り飛車編)/上野裕和

Ueno

初めて将棋を本格的に学んだのは2013年から半年間続いたNHK講座での鈴木大介九段による「振り飛車のススメ」だった。ここからスタートしたので四間飛車党になったわけだが、そこで詳しく解説されたのは振り飛車対居飛車の対抗形だった。

しかし、現実の低級者同士による対局は相振り飛車がほとんどだった。双方が角道止めて飛車を振り美濃囲いを完成してからさあ始めましょうという、相四間飛車ばかり指していた。低級者同士が、一番難解な将棋を当たり前のようにやってたりする、泣。

相振り飛車が得意になるために、次に買ったのが「相振り飛車基本のキ/藤倉勇樹」でした。書かれていることは理解できるのだけど、たとえば取り上げている題材が、先手向かい飛車VS後手三間飛車が代表であるわけだが、なぜ先手の向かい飛車に後手は四間飛車で戦わないの?と気になっていたが、そういうもんだろうなあと読んでいた。

今回紹介する「将棋・序盤完全ガイド(相振り飛車編)/上野裕和(マイナビ)」を読んで、長年ずっと喉に小骨が刺さっていたような違和感が、すっと取れてラクになりました。

この本は相振りの戦い方を学ぶ前に知っておくべき、その戦形の歴史と先人達によって蓄積された技術を伝える歴史の本なのです。昭和の時代から相振り飛車と言えば、先手向かい飛車対後手三間飛車が主流だったのもこの本で初めて知ったわけですが、その理由も詳しく解説されています。こういうスタイルの将棋の本ってこれまであったでしょうか!

子供の頃に将棋を始めれば、ちょっとした疑問は実戦を通していつのまにか消化しクリアされるようですが、大人から始めた将棋では、ちょっとした疑問に対しても理屈で解決したい。それが叶った完成度の高い本です。

戦法の技術の進化を図と表と章ごとのまとめで分かりやすく工夫して丁寧に書かれていますので、級位者で相振り飛車のなんたるかが知りたい方にはおすすめの一冊です。

振り飛車党ゆえにこれまで避けて通れなかった相振り飛車という戦いもこれからは方針を立てやすくなったように思います。

最後にマイナビさんへお願いをひとつ。この本を含め最近出た「対振り銀冠穴熊」と「横歩取りで勝つ攻めの最強手筋ガイド」も買ったのですが、これら本では、帯とカバーが一体化されていたり、本の見返しの紙(あそび)が省略されています。コスト削減の一環でしょうが、将棋の本には棋士から揮毫を頂くのも楽しみのひとつですので、表紙の次にあるべきあそび紙はちゃんと挟んで販売して下さい。
今回、サイン本を購入したのですが、上野先生の揮毫が本の最後のページの余白に書かれていて、ちょっと違うよなあという感じです。

P1120137s
サインは裏でなくて表表紙の見返しに欲しいよね。

上野先生による自著のご紹介はこちら

« C1リーグ残留できました | トップページ | がんばれ当山小チーム 小学校将棋団体戦・西日本大会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私も将棋を再び勉強始めたのは鈴木先生の後の井上先生の居飛車は面白いでした。同じくらいでしたね。
今では関西出身でも関西弁しゃべらない棋士が多い中、バリバリの関西弁で講座をしてたのが好印象でしたよ。
今のふなえもんとむろやんの講座は二人とも標準語。寂しいもんです。

本は薄々帯がなくなって帯風表紙だなぁと感じてましたがサインのところがなくなっているとは…
それに気付くとはさすがです。

こんにちは。毎日、暑いですね。井上先生の居飛車講座からスタートしていたら、今頃はどういう将棋指していたんだろうかなって思うときあります。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/65561105

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋・序盤完全ガイド(相振り飛車編)/上野裕和:

« C1リーグ残留できました | トップページ | がんばれ当山小チーム 小学校将棋団体戦・西日本大会 »