« 寄稿:八重山将棋祭り体験記 | トップページ | 月刊 オキナワグラフ8月号 »

2017年8月27日 (日)

宜野湾将棋サークルの初心者将棋講座を見学しました

宜野湾将棋サークルにおいて全5回の初心者向け将棋講座が8/13にスタートしました。定員10組のところ7組の申し込みがありました。

将棋に初めて接する小さなお子さんが対象なので、講義は楽しくなければいけません。伝える内容が難しくならないように、また、退屈させないようにと講師のKさんは数週間前から念入りに準備をされていました。

第2回目のこの日のテーマは「駒の価値、成り駒の特徴、他」でした。それぞれの駒に得点を付けて、駒の価値を教えます。駒箱から将棋駒を3枚握って、ぱっとテーブルに広げて、その合計点を競うゲームです。これを繰り返すことで、いつの間にか駒の強さを覚えていくそうです。

5分間の休憩をはさみ、詰みの形があるときには、駒の価値だけが大切ではないという話へ続きます。ここが将棋の不思議でおもしろいところだと講義の内容をレベルアップさせます。

講師のKさんはご自身も小学生のお父さんだけあって、子供目線でお話を上手に進めていきます。子供達同士でトゲトゲ言葉を使ってはいけないように、将棋にもトゲトゲ将棋があるから、注意してねとマナーもさりげなく伝えます。

講師が一方的にしゃべることなく、生徒達へクイズ形式で進めていくので、退屈しません。彼らの回答に、Kさんがオーバーにほめたり残念がったりしてみせるので、子供達のハートもがっちりつかんでいる様子でした。

あっという間の2時間の講義でした。我が子と一緒に講義を受けている親御さんも、これを機会に将棋を始めて頂ければうれしいなあ。

全5回の講義を受けた後、この子達がどれくらい強くなるのか今から楽しみです。

Dsc06225s

« 寄稿:八重山将棋祭り体験記 | トップページ | 月刊 オキナワグラフ8月号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/65714546

この記事へのトラックバック一覧です: 宜野湾将棋サークルの初心者将棋講座を見学しました:

« 寄稿:八重山将棋祭り体験記 | トップページ | 月刊 オキナワグラフ8月号 »