« 先崎学先生の快復を祈って | トップページ | 寄稿:牧志駅前将棋クラブの思い出とお別れ会・前編 »

2017年9月26日 (火)

キャンプハンセン・フェスティバルへ行きました

9月23、24日に金武(きん)町にあるアメリカの海兵隊の基地で行われたお祭りに行ってきました。

東京の友人が「アメリカからロックバンドがやってくるので、付き合ってくれ」とだいぶ前に頼まれていました。「この両日のどちらかに将棋大会が行われたらそちらを優先するけど」という約束で了解しました、笑。

24日に那覇でねんりんぴっくの将棋大会が開催されました。この大会は参加資格が満58歳以上の先輩方を対象にしたものなので、おれはまだ参加できません。ということで、空港で友人を拾って愛車プリウスでお祭り会場へレッツ・ゴー!

Dsc06465s
やけに広い会場

Dsc06464s

夕ご飯は、肉

Dsc06491s
知らないバンドだったけど有名な曲ばかり演奏してくれた

Dsc06516s

初日のトリは、モリー・ハチェット(Molly Hatchet)のバンドでした。1978年デビューのサザンロックの大御所とのことですが、全然、知らない。日本ではほとんど知名度がないと思いますが(間違っていたらゴメン)、会場の皆さんは大盛り上がりで、彼らの曲に合わせて一緒に大合唱していました。夜9時に終了。

Dsc06484s
Tシャツ売ってた

Dsc06586s

2日目のトリは、ハードロックのギタリストで有名なテッド・ニュージェント(Ted Nugent)でした。名前だけは知っている、笑。司会者に「我らがアメリカのおじさん」と紹介された御年68歳のギタリストですが、登場するやいきなり、合衆国国歌の「星条旗」をアドリフで演奏して、これがジミヘンみたいにかっこよかった。骨太のフィードバック奏法を効かせた最高のギタープレイでした。

東京で見るロックのコンサートとは全然、違っていたと、友人はかなり興奮していました。「来年も必ず来る」ということでしたが、だからね、将棋大会と日にちが重なったら連れて行けないからとしっかりクギを刺しておきました、笑。

« 先崎学先生の快復を祈って | トップページ | 寄稿:牧志駅前将棋クラブの思い出とお別れ会・前編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/65838849

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプハンセン・フェスティバルへ行きました:

« 先崎学先生の快復を祈って | トップページ | 寄稿:牧志駅前将棋クラブの思い出とお別れ会・前編 »