« 連休中ですね | トップページ | 朝日アマ将棋名人戦沖縄県大会に参加しました・中編 »

2017年11月 6日 (月)

朝日アマ将棋名人戦沖縄県大会に参加しました・前編

昨日(11/5)は那覇市のりゅうぎん健保会館で開催された第41回朝日アマ名人戦沖縄県大会に参加しました。

11月に入って沖縄でも秋の気配を感じるようになりました。気温も下がり、過ごしやすい日が続いています。先々週から週末ごとに台風が2度も来たので、本日は順延になっていた運動会を行う小学校が多かったようです。子供達の参加は少ないかなと予想していましたが、それでも総勢114名の申し込みがありました。

さて、おれの将棋です。
今回のB級には20名のエントリーがありました。予選は3人リーグの3番手に振り分けられ、この時点で不戦勝1つゲットです。「戦わずして勝つ」これ孫子の兵法の教えなり。指定の席に座ると、おめでとう!と複数の方からエールを頂きましたが、この対応は間違っていると思います、笑。

道場のRクン(小5、1級)と20代半ばのお兄さんの勝者と当たるので、お二方の対局を観戦。お兄さんは新顔のようです。「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」。まずは、謎の兄さんの情報を集めます。

最近めきめき力を付けているRクンが序盤でポイントを稼いで優勢に進めていきます。楽勝で終わるのかなと思いきや、謎のお兄さんが中盤に放った歩突きを丁寧に相手してしまったあたりから、まぎれてしまいました。入玉を目指してRクンは粘ったのですが、お兄さんに軍配が上がりました。

「初参加ですよね?」と訊くと、なんと10年ぶりの大会とのこと。「ネットでずっと指しているのですが、リアル大会は緊張感があっていいですね」。そうなのです、それが人と人が向かい合う将棋の醍醐味なのですよね。

そんな謎のお兄さんとの対局でしたが、ほぼ勝勢になってから、攻め一辺倒になりすぎてしまい、うかつにも頓死してしまいました。「勝は知るべくして、なすべからず」。勝つことはイメージできるけど、必ず勝つとは限らないということでした、泣。

決勝トーナメント進出をかけた最後の試合は、この敗戦が心の痛手となっていたようで、なんだかあっさりと詰まされて終了。

今回も予選敗退でした、つらい。

 

 

 

Openings

開会式の様子。

 

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

 

 

« 連休中ですね | トップページ | 朝日アマ将棋名人戦沖縄県大会に参加しました・中編 »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日アマ将棋名人戦沖縄県大会に参加しました・前編:

« 連休中ですね | トップページ | 朝日アマ将棋名人戦沖縄県大会に参加しました・中編 »