« 沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・前編 | トップページ | 沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・後編 »

2017年11月21日 (火)

沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・中編

さて、おれの将棋です。お付き合い下さい。

今回のB級参加者は15名でした。ふだんの大会よりも5~10人ほど少ないので、ここは入賞して昇級を決めたかったなあ。こういうチャンスを逃しているうちは、だめなんだよなあ、泣。

初戦は道場に通うJクン(小4・2級)だ。いがぐり頭の目がくりっとして可愛いJクンとはライバル関係だったが、とうに追い越された。道場でもボコボコにされるし、こちらの手の内もすっかりばれている。
おれが後手で角交換四間飛車で構えることは出来たが、振り返ってみると、この戦法を指してよ誘われたような気もする。序盤で駒損させられて、あっという間につぶされた。小学生の早見え早指しにはペースを乱されて、つらい。

感想戦で「ここ、こうすれば難しかったけど」と教えてもらった。そうそう、おじさんもそのつもりだったけどね~、泣。今回、Jクンは準優勝だった。おめでとう!

4人リーグの負けた者同士での2戦目は Yクン(小4・3級)だ。初めて対戦する、おとなしい子。こちら先手で▲7六歩△8四歩▲6八飛△8五歩と突いてきたので、▲6六角と必殺!飛び出し角戦法を発動させた。
ここで Yクンは、これは罠なのかそれともこのおじさんは将棋を知らないのかと長考に沈んでしまった。結局、これが罠だと分かったときは後の祭り。公式戦で飛び出し角戦法が初めて勝利した記念日となりました。うれしかった!

24ではこの戦法、結構通用しています(低級レートだけどね)。バリエーションも増えてきたので、いつかまとめたい。こんな風に↓、笑。

Ozawa_3

これで1勝1敗となり、今度の相手はTクン(小6・4級)だ。実はこの対局をブログに書くのはつらい。角交換四間飛車からスタートし、優勢というか勝勢に近い将棋だったが、寄せ切れずに投げた。観戦していたずーさんに「ぷりうすさん、10回も詰んでいましたよ」とあきれられる始末。向こうの逃げの一手が上手だったということでと慰められた。
ギャラリーが多いと、終盤では一気に寄せてかっこよく決めようと焦ってしまい、うっかりが多すぎる。と金をつくりながら、堅実に攻めていけば楽勝だったんだけどなあ。

今回は1勝2敗という結果で予選敗退となりました。

Ozisan

*昨日の記事を修正して再アップしたら今日の日付になってしまいました。なんでだろ?

« 沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・前編 | トップページ | 沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・後編 »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/66069938

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・中編:

« 沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・前編 | トップページ | 沖縄こどもの国将棋大会に参加しました・後編 »