« 宜野湾将棋道場・豊田杯王位戦の第2局を観戦しました | トップページ | 第12回年末将棋大会に参加しました・中編 »

2017年12月11日 (月)

第12回年末将棋大会に参加しました・前編

元気を出しなさい。
今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。
(ヘレン・ケラー)

というような感じで今回はhalpichさん風に始めましょうか、笑。

昨日は那覇市のりゅうぎん健保会館で開催された第12回沖縄県支部連合会年末将棋大会に参加しました。

Kaikaisiki
開会式の様子

まずは、おれの将棋です。

今回のB級参加者は23名でした。予選リーグは高校生ばかりの4人グループに振り分けられて、初戦はYクン(高一・5級)でした。この子、高文連の大会で見たことあるなあ。開始前に隣席の友人に高度な居飛車の技術を熱く語っていたので、戦う前からびびっていた。(おれが居飛車を知らんから難解に感じただけという説あり)。

角交換四間飛車からスタートして終盤の入り口までは優位に進めたと思う。特に序盤における左桂馬の活用はこれまで何度もこの戦法を指してきたが、最高の指し回しだったと自画自賛したいくらい素晴らしかった、笑。

終盤に彼が手を変え端攻めを敢行したが、丁寧に受けて駒得しながら後は反撃して仕留めるだけだと我慢していた。やっと手番まわって、こちらの王手ラッシュの最中についうっかり龍を1マス間違えた。直そうとしたら、「指を離しましたよ~」と猛烈アピールされてしまった。ここから粘ったけど龍がなくては形勢逆転の負け将棋。

対局時計を使用してるときには、時計を押して相手に手番を渡すまでは、いったん指を離しても指し手を変更できるんじゃなかった?(運営さんに確認したら、これって相手の優しさというか、ただ見逃しているだけで、実際は着手後の変更はダメということでした。皆さんも注意してね♪)。

"注意一秒けが一生"で終わった初戦のダメージは大きい。で、2戦目はSさん(高一・2級)と。こどもの国将棋大会の女性の部で準優勝の実績を持つ、本格的な居飛車党の可愛いお嬢さんだ。角換り棒銀の厳しい攻めを受けきれずに、序盤からあっという間に劣勢の状況。しかし、おっさん流のはったりの一手にSさんはびびって、だいぶ押し戻したと思うが、かな駒が1枚足りないので寄せきれない。最後は、お嬢さんの玉頭からの押しつぶしに耐え切れずに投了、泣。

今年、最後の将棋を予選2連敗という結果で終わってしまった、呆然。

でも、まあいいや。Sさんが対局記念のツーショット写真に応じてくれて、おじさんはうれしかった。(勝利のVサインしてるけど、笑)
そのとき、周りの男子が、うらやましそうにこちらを眺めているのに気付いていたぞ。君たちも青春頑張れ!

2shots

« 宜野湾将棋道場・豊田杯王位戦の第2局を観戦しました | トップページ | 第12回年末将棋大会に参加しました・中編 »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/66146970

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回年末将棋大会に参加しました・前編:

« 宜野湾将棋道場・豊田杯王位戦の第2局を観戦しました | トップページ | 第12回年末将棋大会に参加しました・中編 »