無料ブログはココログ

« 中村亮介六段にインタビューしました・前編 | トップページ | 忘年会に向けて »

2017年12月17日 (日)

中村亮介六段にインタビューしました・後編

Q:プロ棋士を目指そうと意識されたのはおいくつのときでしたか?

中一で中学生選抜大会に出て、成績はベスト8か16だったかな? またその年に朝日アマの埼玉県の代表になりました。中学生の代表は初めてということで、周囲からもプロ棋士になるように勧められました。それで漠然と意識するようになりました。

Q:子供の頃に憧れていた棋士は?

ずっと四間飛車一本でしたので、振り飛車党の棋士には憧れていました。藤井猛九段や久保利明九段ですね。

Q:13歳のときに関東奨励会へ入会されました。プロ棋士になるんだという覚悟はありましたか?

中一で奨励会試験に1回落ちました。そして研修会から奨励会に仮入会しました。中二のときですね。そんなにプロになることは意識していませんでしたね。その頃は夢中に将棋を指しているだけでした。

Q:奨励会を受験するには師匠を見つけなければいけませんが、高橋道夫先生との出会いのきっかけは?

当時、通っていた練馬の道場の席主さんのご紹介でした。父親とお願いして師匠になって頂きました。

Q:将棋の勉強と学校の勉強を両立させるのは大変だったと思いますが、どのようなバランスを取っていましたか?

父親がそんなに学校の勉強はしなくてよいからと(笑)。とにかく将棋を一生懸命しなさいと。高校はちょっとだけ通ったのですが、将棋の勉強に集中したくて、結局中退しました。

Q:沖縄にも奨励会を目指している子がいます。将棋が強いのは当然ですが、どのような性格の子が向いていると思いますか?

負けず嫌いは大切ですが、好きでやっているかどうかが重要だと思います。

Q:彼らにどのような勉強方法を薦めますか?

好きなことを楽しんでやればいいと思います。ぼくはあまり詰め将棋が好きじゃなかったし(笑)。実戦や棋譜並べのほうが好きでしたので、好きなことをひたすらやっていましたね。

Q:ご父兄へのアドバイスは?

僕はプロになれなかった子も結構見ているので、あまり下手なアドバイスは出来ないです。結構、大変な世界だと思うので...。う~ん、難しいですね...。

本日はどうもありがとうございました。中村先生の益々のご活躍を期待しております。

 

この日、道場支部の研究会を見学しました。最後に、中村先生が今日の感想を述べられました。「次に来るときには、もっと強くなっていて下さい。楽しみにしています!」。子供達もその期待に応えられるようにと、キリッと締まった顔つきになりました。

 

Dsc07740s

« 中村亮介六段にインタビューしました・前編 | トップページ | 忘年会に向けて »

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

始めて1年でアマ五段は笑うしかないですね。
やはりプロになれる人は違うなぁ。
豊川先生もギャグ本の中ですぐアマ四段になったと言ってましたし。

しかし毎月プロとお会いして羨ましいの一言です…

この質問をしたときに、失礼ながら、聞き返してしまいました、恥。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中村亮介六段にインタビューしました・後編:

« 中村亮介六段にインタビューしました・前編 | トップページ | 忘年会に向けて »