« 2018年・西日本久留米王位戦・沖縄県大会に参加しました・中編 | トップページ | 日曜日の将棋 »

2018年3月28日 (水)

2018年・西日本久留米王位戦・沖縄県大会に参加しました・後編

本大会のB級には33人のエントリーがありました。午後の部のC級は26人、D級は20人でしたので、その多さに驚きました。春休みと言うことで、いつもより学生さんも多かったかな。

 

Sketch_kurume

 

お待たせしました、おれの将棋です。

今回は3人リーグに振り分けられて、初戦はNK高校将棋部のT君(高一・3級)と。彼には新春将棋大会で負けています。あのときは、他の部員に見守られながらのアウェー戦を強いられて、辛かったなあ、笑。今回は顧問のI先生が彼の横で、スマホで棋譜取りをするということでした。終わったら、この将棋の棋譜解析を見せてとお願いして、いざ開始。

T君の得意な中飛車を封じるために3手目に角交換して、角交換四間飛車で構える。彼は仕方なく居飛車を指してきましたが、先手先手で攻めてきます。無理攻めのように感じましたが、分からない。こちらも受け間違えると陣地が崩壊しそうになってきました。最終盤で、彼に緩手が出て、待望の反撃のチャンスがまわりました。金からいくか龍を切るかという二択で、詰まない方を選んでしまって負け、泣。

感想戦でI先生からこの対局の棋譜解析を見せてもらいました。彼が攻め込んでいる場面が長く続き、苦しい将棋だと思っていましたが、評価値はそう示していませんでした。彼の数値が悪く変化していたのです。余裕をなくして弱気な心が負け将棋にしてしまったようでした。

今回、NK高校の将棋部はスマホでお互いの棋譜を取り、持ち帰って部活で検討するということでした。熱血指導の顧問の下で、NK高校がこれから県の高校将棋界をリードしていくように思います。棋譜を取ってくれる将棋の秘書がぷりうすも欲しい。

自動的に不戦勝が1つ付いていよいよ予選最後の戦い。相手は、東風平(こちんだ)将棋サークルに通うHa君(中一・1級)と。彼らの将棋を何度か見ていますが、手厚い居飛車の指し回しで、特に歩の手筋に感心します。今日は、角道も開けずに飛車先も突かずに、美濃に囲ったこちらの陣形を圧迫する指し方をされました。振り飛車党の捌きを徹底的に押さえるという指し方は、一番嫌いなんだなあ、泣。
隙を突かれて仕掛けられましたが、後は彼の独壇場でした。見事な完敗。しかしそんな彼もトーナメント1回戦負けだったそう。B級のレベルもとても高くなっています。

この日は午前で終了。いつものタコス屋さんでランチ。不甲斐ない結果に終わった自分を罰するために、いつもは3コ注文するのですが、今回は1つ減らしました、笑。

 

Tacoss

 

今日の大会も楽しかった。役員ならびに参加者の皆様、お疲れ様でした!

 

PS/王位戦の本をお買い上げ頂いた皆様、どうもありがとうございました。

 

 

« 2018年・西日本久留米王位戦・沖縄県大会に参加しました・中編 | トップページ | 日曜日の将棋 »

大会」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
お疲れ様でした。
B級が多いのは少し前に将棋を覚えた初心者が、それぞれの部活やサークル等で腕を磨いてレベルアップしていったんでしょうね。この様子では一年後くらいにA級が大渋滞しそうですね。
県内のレベルが徐々に上がって行くのが分かります。

代表の小学生は末恐ろしいですね。9歳とは…。才能が羨ましい限りです。

Kondouさん こんにちは。
混まないうちにA級へ抜けて、S級に潜り込むという戦略なのですが、うまくいきません。
代表の子は5歳くらいのときから知っているのですが、一度も勝たしてもらえません、泣。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2018年・西日本久留米王位戦・沖縄県大会に参加しました・中編 | トップページ | 日曜日の将棋 »