« 2018年学生大会・沖縄県予選 応援に行きました・中編 | トップページ | 寄稿:支部名人戦・優勝報告記 »

2018年6月 1日 (金)

2018年学生大会・沖縄県予選 応援に行きました・後編

もうひとつの激戦区は中学生の部でした。こちらにも一般大会の上位クラスで入賞する腕自慢の有段者が多数、参加しました。ここ最近の大会では小学生の大活躍が目立ちましたが、中学生の彼らも大人の強豪を次々に負かしています。これからの沖縄の将棋界を担っていく期待の若者達です。

決勝戦はRクン(中3・五段)とTクン(中1・四段)の対決になりました。最近めきめき力を付けているTクンでしたが、善戦及ばず残念でした。Rクンの強さばかりが印象に残りました。中学生大会では2度目の優勝になりましたね、おめでとう!全国大会でも頑張って下さい。

Chugakusei_final_sketch

この棋譜も「次の一手問題」用に撮影してたのですが、が~ん、手ぶれしてしまって盤面で再現できません、残念。それでは小学生低学年の部の決勝戦から出題することにしましょう。

駒損で苦しい後手に対してリードを広げる手厚い先手の一手は?

20180601a

解答は、▲8四銀。この手の前から、先手は金で飛車を狙っていたので、手の流れとしても自然な一手でした。そして何よりも厳しい。実戦は、以下△8二飛▲7三歩成△同桂▲同銀成となって、飛車も取って先手勝勢になりました。

93手まで先手のKクンの勝ち。優勝おめでとう。ちょっと棋力差のある将棋でしたが、Yクンの「ぜったいに敵陣を突破してみせる」という根性とチャレンジはとても良かった。両君お疲れ様でした。

今年の学生大会は見応えのある将棋が多くて、おもしろかった。他にも紹介したい対局がいくつもありました。学生さんのレベルもずいぶんと上がっており、下からの追い上げも厳しくなるなあと感じました。7月まで大会がないので、この間しっかりと勉強しなくてはいけない。ぷりうすもがんばるぞと!

以上、駆け足で大会の様子をお伝えしました。選手の皆様、並びに運営にご尽力頂いた役員の皆様、お疲れ様でした。

おわり

« 2018年学生大会・沖縄県予選 応援に行きました・中編 | トップページ | 寄稿:支部名人戦・優勝報告記 »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/66781725

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年学生大会・沖縄県予選 応援に行きました・後編:

« 2018年学生大会・沖縄県予選 応援に行きました・中編 | トップページ | 寄稿:支部名人戦・優勝報告記 »