« 道場順位戦に参加しませんか | トップページ | 目指せプロ棋士! »

2018年7月16日 (月)

棋士という生き方/石田和雄

Ishida_2



この連休は将棋世界8月号・特集の「角交換相振り飛車」を勉強している。
目から鱗が落ちるような手筋のオンパレードに「なるほどね~」と頷きながらメモをとっているのだ。学んだ成果が生かせるか、さっそく24で試してみよう。

すでに引退されて、現在は後進の指導にあたっていらっしゃる石田和雄九段の「棋士という生き方(イースト新書)」を読了しました。佐々木勇気や高見泰地の両棋士の師匠として最近はよくメディアで拝見しますね。これは知りませんでしたが、200名以上の支部会員を誇る日本一の東葛支部の師範も務められています。

1947年生まれの生い立ちから始まり、棋士になるまで~棋士生活~引退後までの人生を振り返っています。特に石田先生の若き全盛期の活躍ぶりの章はとてもおもしろかった。大山康晴や升田幸三といった昭和の名棋士が覗かせる勝負の世界の厳しさや素顔も知ることができました。
棋士という生き方や生活がどういうものなのかという、石田先生の人柄の良さも文面から伝わってくる好著ですのでぜひご一読をおすすめします。

Ishida_kazuo_books_2


サイン本なのだ。

« 道場順位戦に参加しませんか | トップページ | 目指せプロ棋士! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/66947694

この記事へのトラックバック一覧です: 棋士という生き方/石田和雄:

« 道場順位戦に参加しませんか | トップページ | 目指せプロ棋士! »