« 2018年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・中編 | トップページ | 2018年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・おわり »

2018年8月 9日 (木)

2018年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・後編

今日も午前で終わったおれの将棋。勝負に負けた後は食欲が感じられなかった。砂を噛むような思いで弁当を食べた。だが落ち込みわけにはいかない。午後からは、勝ち上がった方々の対局を覗いて、勉強だ。

向こうのテーブルでは代表派遣クラスの準決勝戦の準備が整ったようです。大学院生のIさん(四段)と小学四年生のSクン(四段)が向かい合いました。
Iさんは2年ぶりの大会出場とのことでした。もう3年前になるのでしょうか。首里公民館の将棋サークルに、大会には出ないけど強い大学生がいるという評判を聞いて、息子と出掛けたことがあります。当時とあまり容姿が変わっていなかったので、すぐに彼だと分かりました。

Sクンは、本来なら昨日に開催予定だった小学生倉敷王将戦へ本県代表として出場しており、今日は欠場のはずでした。倉敷王将戦が、7月の西日本豪雨の被災により来年の1月に延期になったため、本大会への出場となりました。
ぷりうすも倉敷へSクンの応援に行く予定でしたが、キャンセルしていました(被災に会われた方へお見舞いを申し上げます)。

Sketchivss_2

二人の将棋は、先手のSクンの矢倉に後手のIさんの雁木でした。相居飛車の将棋なので、全然分からない(ここで筆が止まってしまって、昨日は先に進めなかった)。

先手が中盤に敵陣に角を打ち馬となって自陣へ引きました。その10手後に3歩持っていたSクンの小技が光りました。▲3三歩(1図)△同桂▲3四歩△同銀▲2四歩△同歩▲同馬(2図)

20180808a_2


20180808b_2

後手は銀取りを防ぐために仕方なく△5二角と打ちました。Iさんもこの局面ではやられたと苦虫をつぶした表情を見せました。「この歩の手筋は勉強になった」と感想戦でもこぼしました。しかし、そこから逆転していくのが彼の強さなのでしょう。自陣角を打たせるための3歩の代償が後々響いたようです。この手の良し悪しは分かりません。棋風の問題なのかと感じています。

今回も「次の一手」問題を作成したかったのですが、この対局では使えそうな局面がありませんでした。Iさんがじわりじわりと駒を盛り上げていき、眠っていた角を最後に目覚めさせるという、彼の将棋のつくりとその構想力が素晴らしかった。

140手まで後手の勝ち。棋譜取り係を務めたTクンも加わった感想戦で、改めて両者の将棋観を知ることができて大変、勉強になりました。奨励会試験を受ける前にこのような負け方を味わったSクンにとっても、良い経験になったかなと思います。お二方、お疲れ様でした。
長くなりましたので、今日はここまで。あと1回つづく。

« 2018年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・中編 | トップページ | 2018年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・おわり »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/67036778

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・後編:

« 2018年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・中編 | トップページ | 2018年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・おわり »