« 振り飛車なんてこわくない | トップページ | 2018年・朝日アマ将棋名人戦・沖縄県大会ありますよ »

2018年10月 4日 (木)

浮き浮き飛車(目くらまし)戦法ってのがあるんだ!

先日、初めて出会った戦法にとまどってしまいました。序盤で仕掛けられた小技に焦ってしまい負けたのですが、まだまだ知らないことがあるんだなと(ちょっとだけ)感動しました。

ぷりうすは24では、低級クラス(11級~初心者)で楽しんでいます。ログインするやいなや挑戦されました。こちらの先手で、▲7六歩△8四歩▲6八飛△8五歩▲7七角△8四飛(1図)

20181004a_2

この8四飛と浮いた飛車にどういう意図があるのかをよく考えずに、さっと▲4八玉とした。次の△7四飛と寄った手に、歩がただで取られてしまうと気づいてから、焦ってしまった。(2図)

20181004b_3

序盤早々の凡ミスは、悔しい。▲8八銀△7六飛と1歩取られて以降は、こちらから積極的な攻めの手が出しづらい、泣。

相手もここから手をつくりにくかったようだが、こちらの駒組の方針がちぐはぐになってしまい、この勝負は落としてしまった。だが、これが大会でなくて助かった。おれにとっての24は学び舎なので、ここではいくら負けてもへこたれない。知らなかった奇襲戦法を披露してくれた対局者に感謝するばかりだ。翌日、息子に対策を教えてもらった。

△8四飛(1図)には、向かい飛車に振り直す▲8八飛(下図)で十分とのことでした。

20181004c

ここから△7四飛なら、▲8六歩△同歩▲同飛で7六の歩を守りながら飛成りの先手だし、▲8六歩△7六飛▲8五歩なら歩損しない。ここからは8筋の歩を伸ばしていけば指せるとのことでした(まだここからも難しいのですが)。対策を知っていたらなんでもない戦法ですが、大会でいきなり遭遇したら、平常心を欠いて、あたふたしてしまいそうですね。もうこれで引っかからないぞ、笑。

「思い出せないけど、この奇襲戦法にはちゃんと名前があったはず」だと息子が言ってたので、「飛車先の歩、飛車を浮く」をキーワードにして調べたら、これには「浮き浮き飛車(目くらまし)戦法」という立派な名前が付いていることを知りました。「将棋上達の科学」というHPに、この戦法と対策が詳しく紹介されていますので、ご参考までに。

2図に戻って自分なりに研究してみました。あわてて次に指した▲8八銀でしたが、そんなに悪い手ではなかったようです。▲8八銀△7六飛▲6六角△1四歩▲7七銀△7四飛▲8八飛(3図)

20181004d

と進めば、なんと、ぷりうすの飛び出し角戦法と合流できそうです。ここからは通い慣れた道なので、いけそうです、笑。
まだまだ知らない奇襲戦法があるとは、将棋は奥が深いですね。

PS/先週に引き続き、また台風です。気をつけてお過ごし下さい。

« 振り飛車なんてこわくない | トップページ | 2018年・朝日アマ将棋名人戦・沖縄県大会ありますよ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603512/67239315

この記事へのトラックバック一覧です: 浮き浮き飛車(目くらまし)戦法ってのがあるんだ!:

« 振り飛車なんてこわくない | トップページ | 2018年・朝日アマ将棋名人戦・沖縄県大会ありますよ »