« 寄稿:2018・西日本団体対抗将棋大会に出場しました・後編 | トップページ | 第三期・豊田杯王位戦3番勝負を見学しました »

2018年12月10日 (月)

ゆるり将棋会を見学しました

一昨日(12/9)、豊見城市の空手会館の会議室で開催れたゆるり将棋会へお邪魔しました。

空手会館は、以前は城址公園だったところへ建てられたので、場所柄とても静かで落ち着けます。施設内は広々とした造りで、ゆとりのある空間が魅力です。看板をそっと「沖縄将棋会館」へと差し替えたいな、笑。

Karate_kaikan
                    この日は寒かった。沖縄空手会館

 

小会議室にて、将棋教室が行われていました。控えめな掲示がAさんらしいなと。午後3時から始まる後半部を見学させて頂きました。

Entrance


Room
外からそーっと撮影(データは間引き加工済みです)

 

今回の受講者は小学低学年の男子と姉妹の計3名で、3面指しの指導でした。姉妹のほうは、公文のスタディ将棋で駒の動かし方を覚えたそうです。10枚落ちの指導になりましたが、その前にひとつ演習が行われました。10枚落ちを攻略するにあたって、これを知っていると知らないとでは、だいぶ回り道になってしまいます。その演習問題がAさんの工夫だなと感心しました。

将棋ウォーズ5級の男子には平手での指導対局でした。ゲームで将棋を覚えた子のようで、ノータイム指しがくせになっています。ゲームは形勢が悪くなればリセットできますが、対人ではそういう訳にもいきません。その子には、3手の読みを入れてから指すようにとアドバイスしてましたが、なかなかうまく伝わりません。形勢が悪くなったのを理解させて、そこから3手戻して再開するというやり方でした。それを何度も繰り返して進めるので、指導者は根気がいりますが、初級者にはこのやり方がいちばん勉強になると思うのです。

ぷりうすも初級の頃にはよく指導を受けたのですが、未熟ゆえミスは避けられません。その積み重ねで形勢はどんどん悪くなってしまいますが、指導はそのまま進みます。あとはただ耐えて、詰まされるのを待つだけです。そんな将棋は楽しくありません!

初級者の指導は、何回でも待ったありをさせて手筋を教えながら、最後は勝たせてあげるほうがいいと思います。爽快感を味わせることで、将棋の楽しさを伝えることができます。
手間はかかりますが、Aさんがそのような指導をしていたことがうれしくなりました!

何度もやり直しさせられながら、少年は頭を抱えて「将棋は難しいけど、楽しい」とつぶやいていました。そう、それが大事なのです!

 

ゆるり将棋会はこちら

« 寄稿:2018・西日本団体対抗将棋大会に出場しました・後編 | トップページ | 第三期・豊田杯王位戦3番勝負を見学しました »

ゆるり」カテゴリの記事

コメント

本島は、あちこちで将棋指せる所が増えてますね。
底辺拡大、普及に頑張っておられるのは頭が下がります。

コメントありがとうございます。続けられるように頑張ってほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆるり将棋会を見学しました:

« 寄稿:2018・西日本団体対抗将棋大会に出場しました・後編 | トップページ | 第三期・豊田杯王位戦3番勝負を見学しました »