« 寄稿:第9回琉球銀行杯新春将棋大会に参加して④ | トップページ | 王将戦・第四局の広告が新聞に掲載されました »

2019年1月21日 (月)

第4期豊田杯王位戦沖縄リーグ開幕しました

Dsc02704_2s

 

昨日(1/21)は今年初めての道場。1月は2度も大会があったので、やっと今頃になって出掛けた次第。リアル道場の経営が厳しくなっているという話はよく聞きますが、宜野湾将棋道場はこの日も盛況で、少し手狭になってきたように感じます。今年は会員がもっと増えて、平日もオープンできるようになればいいですね。

この日はA級1組の順位戦の開幕日。道場トップの棋力を誇る会員の11名が9月まで総当たりリーグ戦で優勝を目指します。持ち時間は30分、切れたら1分という県の大会とは異なるルールで戦いますが、これまで参加した方々から、「持ち時間が長いので一度のミスをしてしまえば逆転は難しい」とか「一局が2時間近くの長丁場なので、疲れが半端ない」ということを聞きます。

ボードに張り出された対戦予定表を覗くと、第4期は一般が3名で学生さんが8名という風に、だいぶ若返ったメンツで構成されていました。県の大会では、派遣クラスに出場するメンバーばかりなので、どれも見応えのある試合になりそうです。この中から誰が優勝するのか予想は難しいですが、年末に予定されているタイトル戦で禰保王位へ挑むのが誰になっても、これもまた楽しみのひとつですね。いつか優勝してタイトル戦の記録集に登場したいというお話を聞くと、編集部としてもうれしくなってしまいます。その前に、ちょっと遅れ気味になっている去年の三番勝負の本を早く完成させなければいけません、汗。

 

PS/ぷりうすから原稿を依頼されている方は速やかに提出よろしくお願い致します、笑。

 

« 寄稿:第9回琉球銀行杯新春将棋大会に参加して④ | トップページ | 王将戦・第四局の広告が新聞に掲載されました »

道場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4期豊田杯王位戦沖縄リーグ開幕しました:

« 寄稿:第9回琉球銀行杯新春将棋大会に参加して④ | トップページ | 王将戦・第四局の広告が新聞に掲載されました »