« 2019年・小学生将棋名人戦・沖縄県予選へ応援に行きました・前編 | トップページ | いよいよ王将戦・那覇対局が開催されますよ »

2019年2月18日 (月)

2019年・小学生将棋名人戦・沖縄県予選へ応援に行きました・後編

代表派遣の部門には7人がエントリーしました。全員が有段者です。幼稚園や小学校低学年から将棋を習い始めている子がほとんどなので、一日の長があります。彼らには、とうてい届かないと諦めがちですが、そんなことはありません。

小学校高学年や中学で将棋を始めたとしても、決して遅くはありません。(県でトップの禰保さんは、小4のときはまだ6級でした。努力を惜しまず続けてきたからこそ、現在の彼がいるのです。詳しく知りたい方は、4月に出る宜野湾道場三番勝負の本を読もう!)。いつ花を咲かせるかは人それぞれ違いますので、根気強く続けて下さい。

さて、いよいよ決勝戦。前評判通りの2人が勝ち上がって来ました。Aクン(小5・五段)は昨年、県の代表部門で2度優勝しており、朝日アマ名人戦・南九州予選で準優勝という成績を上げています。対するSクン(小4・四段)は、先月行われた、全国小学生倉敷王将戦の高学年の部で3位になりました。どちらも勢いのある、県将棋界における期待の若手です。

彼らの対局は、別室に移動して行われました。対局前に意気込みを訊きました。Aクンは「勝てるように頑張ります!」。Sクンは「全力を尽くして頑張ります!」と答えてくれました。

Sketch_dsc02813_2

2人の勝負は会議室の大型スクリーンに映し出され、中村六段による解説を交えながら、ライブ中継が始まりました。

Sketch_dsc02819

Sクンの先手でした。序盤は後手が作戦をなかなか明示せず、12手目にやっと居飛車と居飛車の将棋だと分かりました。中村先生の見立てでは「プロの公式戦にも出てきそうな形」とのこと。先手が攻め続けて、後手がそれを受ける展開で進行しました。激指先生による形勢判断は、中盤までは後手持ちでしたが、決勝戦という大舞台、さらに秒読みに入ってから、正確に受け続けるのは精神的にきついものがあったのでしょうか。終盤でとうとう後手に悪手が出てしまいました。中村先生も「秒読みで後手が崩れてしまったかな?」とおっしゃっていましたが、激しく難しい将棋でした。73手まで先手の勝ち。両者ともお疲れ様でした。

Sketch_dsc02826_2

試合が終わり、二人がステージに登場して感想戦が行われました。いったん締めた後でも、2人は中村先生と感想戦の続きをしていました。

帰り際、朝イチから設営を手伝ってくれたお礼として、事務局から参加賞を頂きました。試合には出ていませんが、ぷりうすは大会に参加していたのでした、笑。

おわり

« 2019年・小学生将棋名人戦・沖縄県予選へ応援に行きました・前編 | トップページ | いよいよ王将戦・那覇対局が開催されますよ »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2019年・小学生将棋名人戦・沖縄県予選へ応援に行きました・前編 | トップページ | いよいよ王将戦・那覇対局が開催されますよ »