« 2019年・支部名人戦とシニア名人戦応援に行きました・前編 | トップページ | 八重山将棋連盟発足40周年記念誌を頂きました »

2019年3月 5日 (火)

2019年・支部名人戦とシニア名人戦応援に行きました・後編

引き続き、支部名人戦の決勝戦を観戦しました。決勝トーナメントの左の山には、これまで何度も全国大会の出場経験がある、30代のお三方が振り分けられました。そこでは強豪同士のつぶしあいとなり、勝ち上がってきたのは、前年度の支部名人・日本一に輝いたNさん(一般・六段)でした。

右の山からは、準決勝戦で相三間飛車の激戦を制して、大学生のT君(四段)が勝ち上がりました。彼の一週間前のTwitterには、小学生の頃にNさんと初めて対局したときの思い出とともに憧れが綴られていました。最後には「この方に勝てないと沖縄代表になれない」と。まさにその通り、県の代表を勝ち取るには越えなければいけない高い壁としてNさんの存在があります。ぷりうすは今日はT君を応援しました。今年こそ大学生が県代表になってほしいと、常日頃から、彼らに期待しているのです。

決勝戦の準備が整いました。T君はたのもしく「優勝します!」と宣言しました。ギャラリーからも「おお、頑張れ 」と声援があがりました。対するNさんはいつも通りに控えめに「丁寧に指します」と一礼して、対局が始まりました。

 

Final_2

 

T君の先手で石田流と居飛車の戦いが始まりました。T君はダイヤモンド美濃へ組み、Nさんは銀冠穴熊に組んで、持久戦模様の長い将棋になりました。中盤でT君が捌いたあたりは、一本取ったかと思ったのですが、Nさんは「その局面ではまだ互角のいい勝負」と判断していたそうです。自宅に戻り、激指七段先生にそのときの評価値を尋ねると、先手が+30程度とのこと。

NさんがT君の猛攻を受けきって、後は寄せるだけの将棋だとばかり思っていたのですが、相手に金駒(かなごま)と手番の両方を渡してしまったら、逆転もありうるギリギリの勝負をしていたそうです(激指先生と息子から教わったのだ)。

109手まで後手の勝ち。Nさんの圧勝のように思われた将棋でしたが、実はどちらが勝ってもおかしくない紙一重の内容の素晴らしい一局でした。優勝したNさん、大会二連覇を目指して頑張って下さい。T君、惜しかったですが、今日は君の準決勝戦と決勝戦の2局を観戦できたことをうれしく思います。とても勉強になりました。ありがとう。

朝早くから運営に携わった連合会の役員の皆様、ありがとうございました。選手の皆様もお疲れ様でした!

おわり

« 2019年・支部名人戦とシニア名人戦応援に行きました・前編 | トップページ | 八重山将棋連盟発足40周年記念誌を頂きました »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2019年・支部名人戦とシニア名人戦応援に行きました・後編:

« 2019年・支部名人戦とシニア名人戦応援に行きました・前編 | トップページ | 八重山将棋連盟発足40周年記念誌を頂きました »