« 2019年・アマ竜王戦沖縄県大会ありますよ | トップページ | 2019年・アマ竜王戦沖縄県大会に参加しました・中編 »

2019年4月 8日 (月)

2019年・アマ竜王戦沖縄県大会に参加しました・前編

昨日(4/7)は、沖縄市の中央公民館で開催されたアマ竜王戦・沖縄県大会に参加しました。日差しが強く、気温は27度まで上がりました。朝晩はまだ冷え込みますので、体調管理には気をつけたいものです。

月曜日から新学期ということで、学生さんはいくぶん少なかったような気がしましたが、ガチ勢やエンジョイ勢はいつも通りに参加していましたので、大会自体は盛り上がりました。残りわずかな平成を惜しみつつ、平成最後の将棋大会を楽しみました。

 

Sketch-ryuuou

 

 

本土から進学のために沖縄にやってきた学生さんが、初めて大会に参加しました。某大学将棋部に入部したということで、部長さんに彼を紹介してもらいました。「沖縄の大会は持ち時間が短いですね。自分のところは20分です」とルールの違いに驚いていました。今回の成績はいかがでしたか。すぐに慣れると思います。おれ的には10分切れたら30秒を60秒に変更してほしいのですが、汗。

まずは代表選抜部門の様子から。このクラスのベスト4には、全国大会出場経験が多数ある強豪の30代の4人が勝ち上がりました。着々と力をつけている小学生達をねじ伏せたおじさん達の強さが目立ちました。やはりまだまだ高い壁として立ちはだかっているように思いました。いよいよ決勝戦は支部名人のNさんとshimadaさんの戦いになりました。shimadaさんは2週間前の久留米王位戦の県大会で優勝しており、連続優勝を目指してのやる気を感じました。対局を前に「全力を尽くします」との決意表明に対して、Nさんはいつも通り控えめに「丁寧に指したいです」と。

Sketch-final

 

後手のNさんは早々と三間飛車穴熊を組みました。shimadaさんはそれを確認してから三間飛車の美濃囲いに組んで、相三間飛車の将棋になりました。途中でNさんが上手く美濃囲いを崩しリードを奪いました。それ以降はshimadaさんは守勢に廻る展開が長く続きました。しかし、県トップのお二方の戦いだけに、なかなか勝負はつかずに144手でやっと、Nさんの勝ちで決着がつきました。観戦しているだけでもだいぶ疲れましたが、対局者のお二方はこれがこの日6試合目ということで、かなり消耗したのではないでしょうか。お疲れ様でした。

それではここでQestion。終盤に出たNさんの気づきにくい次の一手は?

 

Photo

 

回答は1二角打ちの王手龍取り。疲れているはずの最終盤に、盤面を大きく見ることのできる力。見習いたいものです。

つづく

 

« 2019年・アマ竜王戦沖縄県大会ありますよ | トップページ | 2019年・アマ竜王戦沖縄県大会に参加しました・中編 »

大会」カテゴリの記事

コメント

今回は最後まで観戦(応援?)ありがとうございました。決勝は残念でしたが、30代でベスト4独占はまだまだ世代交代はさせないの結果で良かったと思います。実力で前回のジンクスを破れるよう、今後も努力します!

引き続きおれの将棋も楽しみにしてます!

息子と当たらない限りは、いつでもshimadaさんを応援していますよ~、笑。
上のクラスを観戦していると、冷静沈着に対応出来る力がいかに大事なのか
学べました。今大会は三十代の底力が見れましたね。お疲れ様でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年・アマ竜王戦沖縄県大会ありますよ | トップページ | 2019年・アマ竜王戦沖縄県大会に参加しました・中編 »