« 2019年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選ありますよ | トップページ | 2019年・久留米王位戦へ応援に行きました・後編 »

2019年5月21日 (火)

2019年・久留米王位戦へ応援に行きました・前編

5月19日に九州・山口・沖縄の9県12地区の予選を勝ち抜いた22名(前年度の王位は招待)で争う第42期西日本久留米王位戦を観戦しました。いつもブログに寄稿して下さるshimadaさんから「県代表になりましたので、応援よろしく!」との連絡があったので、これは行かねばなりませぬ。ということで、2泊3日の日程で久留米へ行ってきました。

 

「前夜祭で抱負を述べるときに優勝宣言したらかっこいいですよ」と言ったのですが、その夜遅くに「今2次会中ですが(爆)、ベスト4目指して頑張ります!」とのメールがきました。久留米王位戦は地方大会なのですが、全国クラスの出場者が何人もいるので、shimadaさんといえども優勝するまでの道のりは大変です。とにかく大会を楽しみますとのことで、意外と落ち着いている様子でした。

 

Dsc03824s

 

会場は久留米シティプラザ。審判長を務めたのは豊川孝弘七段でした。初めてお会いしたのですが、すらっと背が高くて、クールなハンサムおじさんでした(大盤解説会では、ダジャレ王に変身するのですが)。
豊川先生の「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。選手の皆様は背筋を伸ばして、対局を始めて下さい」との号令で、午前9時半に戦いの火ぶたが切られました。

 

Dsc03829s

 

持ち時間は25分、使い切ると一手30秒未満のルールなので、序中盤までは、ゆっくりと静かな時間が過ぎていきました。選手の戦形を伺うと、相居飛車や対抗形がほとんどでした。相振り飛車はなかったように思います。角がわりの将棋もshimadaさんが1局指していたくらいでした。

 

Dsc03849s

 

善戦したshimadaさんでしたが、準決勝戦で力尽きてベスト4で終わりました。昨年、準優勝した宮崎のS君を相手に、少し悔しい負けでした。それでも宣言通りのベスト4はお見事でした!夫の大活躍に奥様もとても喜んでいました(shimadaさんによる後日の寄稿をお楽しみに)。

 

Dsc03843s


つづく

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。ご了承下さい。

 

 

« 2019年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選ありますよ | トップページ | 2019年・久留米王位戦へ応援に行きました・後編 »

応援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選ありますよ | トップページ | 2019年・久留米王位戦へ応援に行きました・後編 »