« 小説・くすぶりの龍/馬場信浩 | トップページ | 2019年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・中編 »

2019年6月24日 (月)

2019年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・前編

Dsc04018s


昨日(6/23)は、那覇市の沖縄タイムスビルで開催されたアマチュア名人戦・沖縄県大会に参加しました。今年の沖縄は梅雨明けが遅れており、早朝から大雨が降りました。この日は慰霊の日に当たり、平年なら蒸し暑く強い日差しの一日ですが、今年はぐずついた天気の中、時折激しい雨の中で式典が行われたようです。正午に黙とうできるか分からなかったので、仏壇に手を合わせてから会場へ向かいました。

Dsc04025s

これまで会場は2Fでしたが、今年は3Fの大ホールで開催されました。明るく広々とした造りで、ここを常設会場にしてほしいですね。2ヶ月ぶりの一般大会ということと、那覇での大会ということもあり、午前から予想を超えて多くの参加者がありました。あわてて、テーブルも5セット追加されました。

Dsc04036s


1週間の日程で県内の学校を対象にした将棋教室をなさっている東和男先生を審判長にお迎えして開会式が行われました、いざ決戦!

おれの将棋。
準備中に、小さなお友達のKoクンがニコニコしながらやってきました。「また、当たったよ」とのこと。参加人数の多いB級なのですが、Koクンと当たる確率がとても高いのです。前回大会では、まぐれで彼に勝つことが出来ましたが、道場リーグでいつもボコボコにされており、苦手意識があることには変わりません。「今日はすぐ角道を開けないからね」と宣戦布告されました。

初戦は、Koクン(小2・2級)と。この日の彼は慎重な指し回しで、こちらの隙をつかれて一気に形勢悪化。良いところなく完敗。なぜに彼の一直線棒銀が苦手なのだろうか、敗因がいまだに分かりません、泣。

二戦目はEiクン(小3・4級)と。この子も道場のライバルですが、伸び盛りなので侮れません。相向かい飛車から乱戦へ。この日は県代表クラスの参加者が多かったので、B級の予選は時計なし。これがぷりうすにとって有利に働いたようで、じっくり考えることができて、少しずつ形勢がこちらへ傾きだし、勝利できた。観戦していた方から「我慢の勝ちでしたね、お見事」とお褒め頂きました。

決勝トーナメント進出をかけての最後の予選は、Suクン(小3・4級)と。Eiクンの従兄弟で、この子も道場のお友達。2戦目に勝利したことに驚いたようで、「負けるかなあ」と弱気でしたが、彼の無理攻めを受け損なってしまい、一気に形勢悪化。将棋も車も安全運転でいきたいおれには、やんちゃな坊やの攻めをかわせずに、負け。観戦していた小さなお友達から「ぷりうすさん、弱気すぎ!」と指摘されて、この日の将棋は予選敗退で終わりました。

つづく


*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。ご了承下さい。

« 小説・くすぶりの龍/馬場信浩 | トップページ | 2019年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・中編 »

大会」カテゴリの記事

コメント

大会お疲れ様でした。
またまた残念でしたが、次こそはですよ。
しかし大会が続きますね。頑張って下さいませ。

大会続きますね。うれしいです。台風のシーズンに入りましたが、すべて無事に開催されますように!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小説・くすぶりの龍/馬場信浩 | トップページ | 2019年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました・中編 »