« 7月6日のゆるり将棋サロン | トップページ | 7月14日の宜野湾将棋道場 »

2019年7月10日 (水)

7月7日の宜野湾将棋道場

所用があり、道場へ。この日は3クラスの順位戦が行われており、ほぼ満席でした。休憩用のスペースでも対局が行われて、座ることもできません。会員も増えて手狭になっています。申し訳なさそうに席主が会釈しましたが、嬉しい悲鳴が聞こえてきました。

 

Dsc04144-2s

 

この日は、子供達の将棋を観戦。第三者の目線で見ると、それほど恐るるに足りずのような気がしました。彼らの早見え早指しの勝負術に、こちらがペースを乱されなければ、技術でこちらにまだ分があるかなと、汗。

偵察(!)終えて帰宅。夕飯の時間まで24で一局。美濃囲いが崩されて、負けを覚悟しましたが、頭金までがんばります。相手の▲7五銀に、これはもしかして、もしかして勝ちになったかもしれないと予感。

20190710a_20190710114401

 

(▲7五銀)△同角▲同歩△7六香▲6六玉△5四桂▲7六玉△7八龍▲7七桂△6五銀▲8六玉△7六金まで、後手勝ち。

20190710b_20190710114401

激指先生で棋譜解析をしたところ、▲7五銀で+5000の後手勝勢の将棋のようでした。ここであわてず、よく勝てたと自画自賛してビールで乾杯、笑。相手の方は、勝勢の将棋を手順前後で、寄せを誤まったようでした。この正しい詰まし方も学習しておきます。

日曜日の順位戦に向けて、しっかり勉強するのだ。

 

 

 

« 7月6日のゆるり将棋サロン | トップページ | 7月14日の宜野湾将棋道場 »

道場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月6日のゆるり将棋サロン | トップページ | 7月14日の宜野湾将棋道場 »