« 2019年・アマ銀河戦・沖縄県大会に参加しました・前編 | トップページ | 2019年・アマ銀河戦・沖縄県大会に参加しました・後編 »

2019年8月20日 (火)

2019年・アマ銀河戦・沖縄県大会に参加しました・中編

今回も予選2連敗でした。似たような内容ばかり続く「おれの将棋」は、申し訳ないので割愛させて頂きます、笑。

しかし、B級がとんでもないことになっているのはお伝えしようと思います。今回のB級の参加者は32名でした。ちなみに他のクラスはというと、A(10)、C(18)、D(18)でしたので、人数が突出しています。このところ一番の激戦クラスはB級なのです。

昇級できるのは入賞者の3名ですが、優勝なら一発で初段をもらえます。準優勝または3位では、A級(初段クラス)に上がるために、あと1回の入賞が必要になります。参加者がだいぶ増えている現状では、入賞するのもなかなか大変です。ということで、肩書きは1級のまま、実は有段クラスにも負けない級位者がだいぶ増えています。そのなかで頑張るしかありません、汗。

Dsc04240-2s

今回もあっという間に散ってしまいましたが、今泉先生を独占して丁寧な指導対局を受けられるという幸運に恵まれました。予選敗退でも、悪いことばかりではありません、笑。

Dsc04255s

さて、ジュニア銀河の代表を決める決勝戦。戦うのはSyoクン(小5・五段)とKe君(中二・三段)でした。決勝戦は場所を変えてロビーで行われ、それを会場のモニターで中継をして、今泉先生の大盤解説が行われました。

居飛車の角換わりの将棋でした。Syoクンのリードで進んでいきましたが、途中でうっかりが出てしまい、形勢はやや互角に戻りました。それでも終盤において、迷いのない鋭い寄せが決まり、Syoクンが優勝しました。かつて、B級のライバルだったKe君がここまで善戦するとは、失礼ながら予想していませんでした。彼とはしばらく指していませんが、もう勝負にすらならないでしょう、泣。

Dsc04263s

全国大会は11月に那覇のOCN本社でネット対局により行われます。優勝目指して、頑張って!

つづく

« 2019年・アマ銀河戦・沖縄県大会に参加しました・前編 | トップページ | 2019年・アマ銀河戦・沖縄県大会に参加しました・後編 »

大会」カテゴリの記事

コメント

今回は残念でしたね。

以前ぷりうすさんが最後までいた大会は優勝できないジンクスがあると言いましたがそれは偶然で、(私が優勝する方が難しいから)、ぷりうすさんが僕が不在の大会で予選落ちが続いてる気がします(年末大会は例外ですが、あれは出れない予定だったということで、笑)

朝日アマは出場予定なので予選通過⇨入賞を目指しましょう!!

そっか!負ける原因が分かりました。次回は大丈夫ですね、笑。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年・アマ銀河戦・沖縄県大会に参加しました・前編 | トップページ | 2019年・アマ銀河戦・沖縄県大会に参加しました・後編 »