« 世界にひとつだけの宝物 | トップページ | アマ銀河戦・ジュニア銀河戦本戦の応援に行ってきました »

2019年11月 2日 (土)

11月2日の宜野湾将棋道場

豊田杯王位戦の挑戦者を決めるA級リーグ戦の対局が、本日行われました。普段のリーグ戦は日曜日ですが、この時期は学校行事が多く重なり、対局者の日程調整が難しくなっているとのことで、今回は、土曜日の午前から試合が組まれました。

急遽、ぷりうすがその手伝いとして、立ち会いと記録係を務めることになりました。このクラスは持ち時間30分、切れたら1手60秒ルールなので、記録なんて余裕で取れるでしょうとの楽観的な見通しもあり、二つ返事で引き受けました、笑。

初めての棋譜取りでしたが、無事に務めることができました。考慮時間の記し方が幾分怪しかったかもしれませんが、対局者を交えた棋譜チェックでも、表記に問題はありませんでした。1時間半を超える大熱戦でしたが、トップクラスの方の時間の使い方は、とても勉強になりました。禰保王位への挑戦者が誰になったのかは、道場のHPで後日お知らせされますので、お楽しみに。

Dsc04671-2s

午後1時からは、恒例の土曜トーナメント。今日は記念すべき100回目の開催日ということで、記者さんが取材に来ていました。豪華賞品に釣られて、ぷりうすも参戦。

持ち時間5分切れたら30秒の苦手な早指し戦なので、おじさんにはつらいのですが、頑張りました。初戦の角落ち戦を勝利しましたが、2回戦の飛車落ち戦で敗退。調子よく攻め込んでいたのですが、頓死筋にうっかりして、、、悔やまれます。

ということでしたが、この日も楽しく過ごしました。

Dsc04673s

« 世界にひとつだけの宝物 | トップページ | アマ銀河戦・ジュニア銀河戦本戦の応援に行ってきました »

道場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界にひとつだけの宝物 | トップページ | アマ銀河戦・ジュニア銀河戦本戦の応援に行ってきました »