« 頑張れ!アゲアゲさん。プロ棋士編入試験 | トップページ | 宜野湾将棋道場 本日から平日営業開始 »

2019年11月27日 (水)

2019年・豊田杯王位戦3番勝負第一局を観戦しました

Dsc04824-2s

 

日曜日(11/24)に宜野湾将棋道場で第四期・豊田杯王位戦三番勝負の第一局が行われました。年間を通して行われたA1リーグ戦でしたが、シリーズ後半に並み居る強豪達が星のつぶし合いを演じました。レベルの高い熱戦ばかりでしたが、最終局においてそこから一歩抜きん出たのは、中学一年の清水君でした。彼が禰保王位への挑戦者に名乗りをあげました。

先日のこどもの国大会で、3番勝負に掛ける意気込みを尋ねたところ、ずばり「高い壁を乗り越えていきます」と回答。清水君は、持ち時間をほとんど使わずに指します。A1リーグの持ち時間は30分あるのですが、彼と対戦した方によると、悩んで指した手に瞬時に反応されてしまうので、やがてペースが乱れてしまうとのことです。それが、禰保王位にも通用するのかと興味がありました。

夕方、道場へ到着。去年までは椅子対局でしたが、今年は畳を敷いて正座での対局。そこに2月の王将戦那覇対局で使用された盤と駒が用意されていました。

禰保王位によると「いつかは対戦しないといけない世代なのでこちらも覚悟はしていましたし、逆に新鮮で楽しみでもあります」とのこと。

第一局は午後5時45分にスタート。禰保王位の先手向かい飛車に清水君の中飛車左穴熊の将棋でした。盤面を制圧する王位の重厚な指し回しに、清水君は苦労しながら手を作っていくという感じでした。清水君が長考の上で決断した端攻めでしたが、その反発で跳ね返されてしまい、初戦は禰保王位の勝ち。自宅で激指し七段先生に解析させたところ、中盤までは清水君が常にリードしていました。

「とにかく粘ろう」という覚悟で禰保王位も凌いでいたそうです。感想戦で「難しかった」と何度も首をひねっていた姿が印象的でした。第2、3局も楽しみです。

 

Dsc04847-2s

 

*豊田杯王位戦の棋譜と観戦記はなんらかの形で公開しますので、どうぞお楽しみに。

 

« 頑張れ!アゲアゲさん。プロ棋士編入試験 | トップページ | 宜野湾将棋道場 本日から平日営業開始 »

道場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 頑張れ!アゲアゲさん。プロ棋士編入試験 | トップページ | 宜野湾将棋道場 本日から平日営業開始 »