無料ブログはココログ

« 2020年・小学生将棋名人戦・沖縄県予選へ応援に行きました・前編 | トップページ | 2月11日の宜野湾将棋道場 »

2020年2月11日 (火)

2020年・小学生将棋名人戦・沖縄県予選へ応援に行きました・後編

いつもランチはタコス屋さんですが、決勝トーナメントが始まるまで時間に余裕があったので、中央パークアベニューのずっと先まで散策してきました。そして、見つけたのはジャマイカ料理専門のバンブーカフェさん。この店の看板メニューのジャークチキンとフライドライスを頂きました。ちなみに「ジャーク」はジャマイカの言葉で「(香辛料の入ったタレに)漬け込む」という意味とのこと。エスニックな味付けもたまにはいいですね。ごちそうさまでした。

Dsc05249s

いよいよ決勝トーナメント。予選を勝ち抜いた10名で争われました。その中に一人だけ道場に通っていない少年がいました。予選で独創的な将棋を指していたのが気になって、声をかけたところ、「どこにも通わず、自分で将棋を勉強している」との回答。まだまだ才能豊かな子がいるんだなあと感慨深いものがありました(その彼は3位入賞でした)。

決勝戦は、ジュニア銀河の優勝者のSyoクン(小5・五段)と道場で最近めきめき力をつけているTakuクン(小3・初段)。対局前の抱負をどうぞと伺うと、Syoクンは「全力でぶつかります」。対するTakuクンは「受けて勝ちたいです」と武者震い。

Dsc05277s

居飛車党の二人の対局は角換わり。駒がぶつかりあったときに、歩で取るか銀で取るかは、いくらでも時間をつかいところ。持ち時間10分の試合では早急に決断が求められます。事前にどこまで深く研究しているかの勝負でした。終盤にTakuクンの猛攻がありましたが、ジュニア銀河王者は絶対に詰まない形だと見切っていました。昨年に続くSyoクンの二連覇になりました。

周りから優勝して当然と思われていた中での戦いは、相当なプレッシャーを感じたのではないかと思いましたが、よく頑張りました。君のこれからに期待しています。優勝おめでとう!

運営に携わった役員の皆様ならびに選手の皆様もお疲れ様でした!

おわり

« 2020年・小学生将棋名人戦・沖縄県予選へ応援に行きました・前編 | トップページ | 2月11日の宜野湾将棋道場 »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年・小学生将棋名人戦・沖縄県予選へ応援に行きました・前編 | トップページ | 2月11日の宜野湾将棋道場 »