無料ブログはココログ

« 寄稿:級位者向け棋譜並べ・前編 | トップページ | 「或るアホウの一生」全四巻を再読して »

2020年4月28日 (火)

寄稿:級位者向け棋譜並べ・後編

棋譜の再現が早くなったら、少しでも数をこなそうとして、棋譜を並べて解説を読むことに没頭して前のめりになってしまいがちです。ちゃんと盤面全体を見て並べなくなってしまうことがあると思います。

確かに、早く強くなりたいという思いの強い方はそう焦ってしまう気持ちになるのは分かります。しかし、これはもったいないやり方なのです。

先にも書いたように、途中の局面で立ち止まり、盤面全体を見て形勢判断をして、その先の方針を考えてみるトレーニングが大事なのです。そして、しっかり解説を読んで、プロの先生方がなにを考えているのかを学びます。

そういうトレーニングを続けると、大局観を養うことができますし、将棋の筋がよくなると思います。1ヶ月続けると、以前より手がよく見えるようになったと実感するでしょう。

2回にわたって、私の考える棋譜並べ上達法をお伝えしました。この記事を書こうと思ったきっかけは、級位者の子に棋譜並べをするといいよとアドバイスをしたときに、「棋譜並べを勧められることは多いけど、具体的にどうしたらいいか分からないし、難しい」と言われたことでした。

級位者の方には、最初から全てを理解しようとせずに、ゆっくり少しずつ棋譜並べに慣れていってほしいです。棋譜並べは、序盤中盤終盤を鍛えることができ、棋力にあった正しい方法で行うと大きな効果を生むと思います。

本稿が級位者の皆様の将棋上達の助けとなれば幸いです。


ぷりうす:そういえば、このところ棋譜並べをさぼりがちでした(というよりも将棋をしてない!)。辛抱が大事なこの時期にこそ、棋譜並べのような地道なトレーニングをしっかりとやらねばいけませんね。応援さん どうもありがとうございました。

Syougi_shidou

« 寄稿:級位者向け棋譜並べ・前編 | トップページ | 「或るアホウの一生」全四巻を再読して »

寄稿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄稿:級位者向け棋譜並べ・前編 | トップページ | 「或るアホウの一生」全四巻を再読して »