« 将棋マンガが難しいのか | トップページ | 「リボーンの棋士」がもうすぐ終わるんだ »

2020年6月18日 (木)

6月17日の宜野湾将棋道場

出先からの戻り道、今月の月謝を納めてないことに気付いて、寄り道して道場へ。
うだるような暑さの平日の昼下がり、さすがにまだ誰も来ておらず、席主がせっせとぞうきん掛けの真っ最中。アイスコーヒーを飲みながら、しばし雑談など。近頃の藤井七段の活躍で、将棋を習いたいという子が増えているらしい。今日も体験で小学生が来るそうだ。

頃合い見計らって「一局指しますか」と誘われたが、女流王位戦・第3局の勝負の行方が気になっていたので、その棋譜を並べて二人で検討会を始めた。カトモモ応援団としては、里見女流王位へ一矢報いるべく頑張って欲しいが、う~ん、厳しいかな。

西山・里見の最強ツートップに食い込むべく果敢に挑むカトモモには、ぜひひとつタイトルを取ってほしい。2人の勝負の行方が気になったが、夕刻前にお暇した。また週末に来ますね。

 

 

Dsc06207s

 

 

PS/里見女流王位の防衛になりました。

 

 

« 将棋マンガが難しいのか | トップページ | 「リボーンの棋士」がもうすぐ終わるんだ »

道場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 将棋マンガが難しいのか | トップページ | 「リボーンの棋士」がもうすぐ終わるんだ »