« 七夕~短冊に願いを込めて~ | トップページ | 7月18日の宜野湾将棋道場 »

2020年7月12日 (日)

受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基/樋口薫

藤井聡太のタイトル初挑戦。世間の注目を集めているのは、藤井クンが渡辺明棋聖からタイトルを奪い、史上最年少記録を更新するかどうか。さらに木村王位を相手に王位戦七番勝負。2つ目のタイトルも視野に入れて、藤井クンの暑い夏が始まりました。
両タイトルに挑戦中の藤井七段を取り上げるTV番組やニュースが増え、将棋ファンにはうれしい限りです。

「受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基/樋口薫(東京新聞)」を読了。昨年、史上最年長の46歳で初タイトルを獲得した木村一基王位のこれまでの歩みを、関係者の聞き取りや本人へのインタビューで構成したものです。木村王位については、将棋世界の記事で知っている程度で、解説者として話芸の達者なおじさんという印象が強かったのですが、この本を読んで、木村先生に対するイメージが変わりました。

順風満帆な棋士人生を歩んでトップ棋士になったとばかり思っていたのですが、三段リーグに6年半在籍したことや何度もタイトルに挑戦しながら敗北を喫し、それでもくじけずに座右の銘「百折不撓(何度失敗してもくじけないこと)」の精神でとうとう夢を実現したこと。その木村先生の半生を詳しく知ることができました。

2ヶ月前ほどの日経新聞に、作家の大崎さんのエッセイが掲載されました。初の女性棋士を目指す西山朋桂三段に触れており、彼女が奨励会で苦労していることで、とあるトップ棋士を紹介したとありました。それが誰だったのか気になっていましたが、この本で木村先生と知ったのも収穫でした。

読み終える頃にはすっかり木村ファンになっていました。木村王位のタイトル防衛を願って、月曜日(7/13)の第2局をしっかり応援しようと思います。

 

 

Dsc06391s-2

« 七夕~短冊に願いを込めて~ | トップページ | 7月18日の宜野湾将棋道場 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 七夕~短冊に願いを込めて~ | トップページ | 7月18日の宜野湾将棋道場 »