« 受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基/樋口薫 | トップページ | 藤森哲也五段の将棋放浪記で勉強しています・前編 »

2020年7月19日 (日)

7月18日の宜野湾将棋道場

ここ2、3日は、湿った空気の影響で降ったり止んだり。夕方から夜に降る雨で、熱くなった建物や道路が冷やされてすこし涼しく感じられる。

1ヶ月ぶりに道場へ。本日は、人気の土曜トーナメントの開催日。出掛ける前に雑用ができてしまい、エントリーに間に合わず。到着したときには、すでに2回戦の真っ最中。藤井聡太新棋聖の誕生に刺激を受けてか、対局中の子供達に熱気を感じた。

あまり見ない子(小4)が、本日の優勝候補に勝ったと席主に報告。近い将来、ライバルになるであろうと予感した。何級かと訊くと「10級」とのこと。この子の決勝戦の対戦相手も有段者だったので、その勝負の行方を見届けることにした。手合割りは6枚落ちだ。9筋突破の駒落ち定跡をしっかり身につけていることに感心。ただ、駒取りに夢中になってしまったようで、相手の罠にはまって逆転負け。優勢に進めていたので、ちょっともったいなかった。でも、これもいい経験。

9筋突破の定跡をマスターするほど勉強熱心なら、上達も早そうだ。彼と近いうちに対戦するときがくるだろうと、ぷりうすは武者震いした。

 

« 受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基/樋口薫 | トップページ | 藤森哲也五段の将棋放浪記で勉強しています・前編 »

道場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 受け師の道 百折不撓の棋士・木村一基/樋口薫 | トップページ | 藤森哲也五段の将棋放浪記で勉強しています・前編 »