無料ブログはココログ

« 藤森哲也五段の将棋放浪記で勉強しています・後編 | トップページ | 盤と駒で将棋を指したい »

2020年8月10日 (月)

将棋指す獣・第四巻

昨日(8/9)は台風5号の影響で大雨の一日を過ごした。島からコロナウイルスがきれいさっぱり洗い流されていてほしいものだ。

 

Dsc06198-2s

 

「将棋指す獣/原作 左藤真通・漫画 市丸いろは」の第四巻(新潮社)を読了。この漫画の連載が始まった頃は、月刊コミックバンチを購入していた。若者向けの他の連載作品になじめず、値段も700円なので、ちょっときつかった。第一巻がコミック化されて、当分連載の打ち切りはなかろうと安心して、雑誌の購入は止めた。

しかし、この漫画も巻末のお知らせにて、掲載誌での中止が決まったことを知る。「リボーンの棋士」に続いて、将棋漫画ファンには悲しい知らせが続いてしまった。主人公の弾塚光の三段リーグ編入試験の途中での幕引きは中途半端な終わり方になったが、作者は、以降は電子配信にて行う予定とのことなので、魅力的なキャラクター達との再会を楽しみにしている。

 

Dsc06197-2s

 

7月中頃まで新規の感染者がゼロという数字が続き、考えていた将棋イベントを夏休み期間中にやれるかなと思っていたのだが、連休明けからとんでもない状況になってしまった。ウィズコロナという悠長なことはもう言えず、しばらくアンダーコロナでの生活を強いられる。

 

 

« 藤森哲也五段の将棋放浪記で勉強しています・後編 | トップページ | 盤と駒で将棋を指したい »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 藤森哲也五段の将棋放浪記で勉強しています・後編 | トップページ | 盤と駒で将棋を指したい »