無料ブログはココログ

« 将棋指す獣・第四巻 | トップページ | 今日から奨励会試験始まる »

2020年8月15日 (土)

盤と駒で将棋を指したい

コロナ禍により大会がない。ネット将棋ばかりの毎日だが、勝負の相手が見えないので余計なことを考えてしまう。序盤に変わった手を指されると、それは知らない奇襲戦法なの?それともからかっているの?と悩ましい。相手が目の前にいれば、その表情で推察できるのだが。

倒産や閉店など暗い話題ばかり続くが、先月のNHKで、将棋盤の注文が大幅に増えているという明るいニュースがあった。今年は去年より2万枚多い、7万枚の出荷を予定しているそうだ。藤井君の活躍と外出自粛の影響で、将棋愛好家が増えたからとの分析だったが、家族と過ごす時間や会話が増え、家族で将棋を楽しみたいのだと思う。

将棋盤と駒を使って指したいなあ。一手指すごと相手の表情や様子を伺いながら、勝負の駆け引きを実感したい。パソコン画面の将棋は味気ない。いつになったら大会が出来るかな。コロナの時代もあったんだと、この記事を読み返す日がくるだろうか。

 

 

 

Nhk1

 

Nhk2

« 将棋指す獣・第四巻 | トップページ | 今日から奨励会試験始まる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 将棋指す獣・第四巻 | トップページ | 今日から奨励会試験始まる »