無料ブログはココログ

« 寄稿:八将館こども将棋教室を訪問しました | トップページ | 琉球支部VS亀将棋研究会の対抗戦を行いました・後編 »

2020年12月13日 (日)

琉球支部VS亀将棋研究会の対抗戦を行いました・前編

我ら琉球支部は、Tパパ率いる亀将棋研究会の皆さん(以下、亀研)と昨日(12/12)ネット将棋対抗戦を行いました。

毎週土曜の夜はTパパとVSをやっています。感想戦のあとの雑談で、「実際のとこ、亀研って1度しかやってないんでしょ。メンバーちゃんといるの?」と訊くと「ライングループをつくった。連絡取り合ってウォーズでお友達対局をしている」とのこと。「ただこれでは一対一になってしまうので、メンバーが集まって盛り上がれることをやりたい」とのお悩み相談がありました。

ウィズコロナの状況ではリアルに集まるのが難しい。ネットを上手に活用すれば、巣ごもりしながらでも棋友と楽しく過ごせます。これまで琉球支部はネット将棋大会を3回行っていますので、「そのやり方を伝授しましょう」と対抗戦が実現する運びとなりました。

日にちを決め、呼びかけをすると14名の参加表明がありました。大所帯になったので大会用のライングループを立ち上げて、事前の準備を始めます。参加者にIDを割り振って、スムーズに24の大阪道場にログインできるか、ZOOMをインストールしてちゃんと動作するかをまず確認。疑問や問題点を解決しながら、当日までにそれの操作に慣れて頂くのです(他にも細かい注意点がありますが)。

急病でキャンセルがありましたので、6対6での対抗戦でした。予定の時間に皆さんが画面に現れて、開会式。今回は早指し2を採用。3時間で大会を終えるため、30分で決着がつかなければ「引き分け」ルール。感想戦は10分以内(キッチンタイマーで計測)。対戦はTパパから「ぜひみたいカード」のリクエストがありましたので、その順序で。

対局者はイヤホンをはずしマイクをミュートにして頂き、開始。24の画面を共有して、皆でその模様を観戦。対局者の個性や特徴を話したり、その狙い筋を推測したりと、皆でおしゃべりして楽しみます。感想戦ではソフトも起動して、にぎやかに行いました。皆さんは遠くにいるのですが、ZOOMを使うとなぜか一体感が生まれます(運営は、その合間に次の対局者に「準備するように」と通知したりと、あわただしいのですがね、汗)。

Computer01_boy

 

つづく

 

« 寄稿:八将館こども将棋教室を訪問しました | トップページ | 琉球支部VS亀将棋研究会の対抗戦を行いました・後編 »

支部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄稿:八将館こども将棋教室を訪問しました | トップページ | 琉球支部VS亀将棋研究会の対抗戦を行いました・後編 »