« 12月20日の宜野湾将棋道場 | トップページ | 2020年・この一年を振り返って »

2020年12月27日 (日)

VS11とVS12

12月20日はTパパと11回目のVS。この日も負け。ポイントを稼いだら、なぜ焦ってしまうのか。相手に隙があって、52手目に△5七角成。ここでTパパ得意の▲4七飛と大駒ぶつけ。

20201224a

 

ノータイムで飛車を取っちゃうんだよなあ。将棋の駒でいちばん好きなので、交換は仕方ないのだが、ここはよく考えないと。相手は強いのだから、じっくりいかないと。終盤は桂馬の打ち場所をクリックミス、泣。こういう内容ばかりでは、Tパパに愛想つかされないかと心配だ。

 

昨日(12/26)は今年最後のVS。力戦勝負に持ち込むべしと筋違い角を採用。序盤で相手のミスが出て、圧倒的な優位を保ちながら進んでいたのだが、秒読みが始まると、いつもまにか形勢混沌。Tパパの王手ラッシュを必死に逃げる。

 

20201227a

 

112手目に△8四龍と引いた連続王手に▲5三玉と逃げた手が敗着。正着は▲7四桂でも▲7四銀でもよかった。早く入玉せねばと焦りすぎたようだ。棋譜解析では、ここで評価値のグラフがガクンと下がっていた。それまでは勝勢だったようだ、泣。

自分から首を差し出すようではもういけない。この敗戦はショック。Tパパにまったく勝てないし、今日をもって研究会は終わりだと諦めかけていたら、「来年は1月9日から始めましょう」と優しいお言葉。ほっと一安心、その日に向けて少しは強くなっておこう。

 

« 12月20日の宜野湾将棋道場 | トップページ | 2020年・この一年を振り返って »

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月20日の宜野湾将棋道場 | トップページ | 2020年・この一年を振り返って »