無料ブログはココログ

« VS30 | トップページ | 琉球支部と八重山支部の交流戦を開催しました »

2021年6月15日 (火)

VS31と32

ぷりうすも出場できる将棋大会のお知らせが届いた。ねんりんピック(将棋の部門)なのだ。参加資格が「県内在住・59歳以上」ということで、とうとう今年から出場できるようになった。全国大会は10月に岐阜で開催されるという。それまでにワクチン接種を完了しておきたいが、案内通知すらまだ来ない。

先日、しびれを切らした読者の方に「VS31はいつ書くのですか」と質問された。あれは、あまりにも一方的な内容だったので、記事を書いては消しての繰り返しで先に進めず。ということで、先週は投稿を休んだ次第、すみません。

さて、12日のVS32。「夜にお邪魔します~」と将棋の強い方からラインが届いていた。そろそろ勝たなくてはいけないと、気合いを入れる。書棚からこれまで何度も読んだ本を引っ張り出した。今宵は、封印していたエース戦法を出そう。それは角道を閉じる四間飛車(!)なのだ。

33手目に王手飛車があったそうだが、気付かずに見逃す。しかし、序盤早々に相手のうっかりでゲームが終わるのはつまらない。この見逃しがあったおかげで、見事な寄せが出来たのだ。

64手目にTパパの▲3四馬。ここから始まるぷりうすの華麗なる寄せ手順を鑑賞あれ、笑。

 

Vs32a

 

△6八角成▲同銀△同桂成▲同金△7九飛成▲9七玉と進む。

 

Vs32b

 

今までなら、ここは△6八龍と金を取って、駒得に満足したはずだが、この日は違った。詰みがありそうだと、しっかり考えて△8八銀とした。
Tパパは、その王手にたまらず▲8六玉と逃げて、△7五金で投了。久しぶりに勝って、少しうれし涙が出たのは内緒だ。将棋の強い方にも△8八銀のところは、しっかり考えて指したねと褒められた。

この調子で次回も頑張りたい。

 

 

« VS30 | トップページ | 琉球支部と八重山支部の交流戦を開催しました »

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VS30 | トップページ | 琉球支部と八重山支部の交流戦を開催しました »