無料ブログはココログ

« 11月21日の宜野湾将棋道場 | トップページ | VS51と52 »

2021年11月23日 (火)

懐かしい将棋大会・その13

インフルエンザワクチンの供給が不足しており、12月に改めて予約して欲しいと言われた。果たして予防接種は無事に受けられるか。

◎2015年・アマ竜王戦沖縄県大会に参加しました

Ryuou01
 慌ただしかった3月が過ぎて余裕ができた。この1週間は将棋漬けの毎日だ。ネット対局を終えると、ソフトでしっかり検討する。勝ち負けだけにこだわらず振り返ることが大事。土曜日にレート150も上の相手に勝ってしまい、今度の大会はいけるんじゃないかと期待する。

土砂降りの中、会場の琉球新報社へ。早く着いたので運営のお手伝いなど。午前のB級にもエントリーしないかと勧められたが、遠慮する。顔見知りの父兄と談笑。Jrは最近来ないねと皆から言われる。おれより人気があるようだ。

午後1時過ぎにC級の対局が始まる。今回は20人が参加するので、予選から時計を使うことになった。持ち時間10分。使い切ったら一手30秒の勝負だ。

予選1戦目は、初顔合わせの中学生。こちらのペースで進めたが、王様を寄せるのをミスして、逃げられそう。だが相手も焦ってしまい逃げ場所を間違えた。やれやれ。

予選2戦目は、小六のお友達。角交換から筋違い角を打たれたが、ちっとも怖くないと冷静に対応して、勝ち。実は、道場で少し前に教わっていたのだ。今日はついてる、のってる。2連勝で予選を突破するなんて、いつ以来だろう。

決勝トーナメントの1回戦は、Taクンのお父さん。強気に攻めていったら、父さん、びびって受けをミスした。そのまま押して勝ち。今日のオレは強いぞ!

2回戦はY中学の元将棋部員と(現在は帰宅部らしい)。去年、彼に負けたので雪辱したかったが、力及ばず。観戦していたJrのライバルのRyo君が、「中盤で欲を出してしまいましたね。あそこら辺で逆転されました」とその局面に駒を戻す。有利に進めていると、早く勝って楽になりたいと思う気持ちが強すぎるようだ。

今日の将棋はこれにて終了。決勝トーナメントで初めて1勝できたのは、素直にうれしかった。

◎以上は、2015年4月20日にmixiにアップしたものです。新聞社が天久(あめく)にあった頃ですね。当時の画像を久しぶりに見ましたが、懐かしいお顔もたくさん写っていました。ブログで披露したいのも山々ですが、ダメですよね、残念。

Ryuou02

« 11月21日の宜野湾将棋道場 | トップページ | VS51と52 »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月21日の宜野湾将棋道場 | トップページ | VS51と52 »