無料ブログはココログ

« 懐かしい将棋大会・その13 | トップページ | 11月27日の宜野湾将棋道場 »

2021年11月27日 (土)

VS51と52

忙しさにかまけてVSの記事に手が回らなかった、というのは建前で、2度もTパパの三間飛車に粉砕されてしまっては、書く気もなかなか起こらなかった。なので、要点だけ書き残す、汗。

先日から三間飛車破り!の本を探していたが、なかなか見つからない。将棋の強い方にお薦めの本はないかと訊くと、三間飛車側から書かれた棋書を読めばいいと言われる。そりゃそうだ。
本棚に「攻めて勝つ!三間飛車の心得/小倉久史(マイナビ)」を見つけた。サイン本なので汚したり開き癖とか付けたくないので、カバーを掛けて丁寧に読む。

VS51で学んだことは、①三間が相手の場合には銀ではなく桂馬の活用から②石田流に組まれたら棒金で③普通の三間飛車なら急戦で攻めよう④居飛車は飛車を捌くことを意識して駒を動かす、などなど。これまで対四間飛車と同じような感覚で指していたのが、間違いの元だった。せっかちな性格なので、急戦でいきたい。持久戦になる居飛車穴熊にしない指し方から始めることにする。

VS52では、本で学んだ通りに戦えた。桂馬も飛車もうまく捌けたが、Tパパの穴熊を攻略するまでには至らなかった。穴熊の崩し方はまた別の問題なので、負けたことはあまり気にしないようにする。三間飛車と戦うということはどういうことなのか、少しずつ分かってきたと思う。学ぶべきことが多すぎるが、居飛車を指す上で通らなければいけない道なので、知識をどんどん増やしていく。

« 懐かしい将棋大会・その13 | トップページ | 11月27日の宜野湾将棋道場 »

コメント

三間にはイビ穴しかない、と言われた時代もありましたけどね。
今日A君と久々🆚予定です。

三間相手はなかなか難しいですね、汗。

>今日A君と久々🆚予定です。

次回の3連勝を目指して、しっかり鍛えてあげて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしい将棋大会・その13 | トップページ | 11月27日の宜野湾将棋道場 »