« VS63 | トップページ | VS64 »

2022年3月20日 (日)

2022年・支部将棋対抗戦・沖縄県大会に出場しました

 三連休2日目は晴れて、将棋日和。本日(3/20)、宜野湾市の宜野湾将棋道場で支部対抗戦の県予選が行われた。今回は「各支部から1チームのみ出場できる」というルールで、県内7支部から7チームが出場した(参加しない支部の空き枠は他の支部に割り当て可能)。

Dantaisenn
1ヶ月前からメンバーを募るが、我ら琉球支部は誰も手を上げず。「わたしでいいんですか?」とためらうKuさんとAbeさんを口説き落とす。これでリアル将棋を楽しめるぞ。お二人には、「出場することに意義があるので、勝ち負けは拘らぬ。他支部との交流が大事だ」と力説しておいた、笑。
Dsc01770s
おれの将棋。予選1局目は道場支部のKiクン(小3・3級)と。Abeさんのゆるり将棋会で1年前に初めて教わったとのこと。今は道場に通うが、久しぶりの再会に照れていた。角換わりの将棋は難しい。駆け引きが長く続くが、なかなか手がつくれず。秒読みが始まると、指し手が乱れる。慌てるのでますます分からなくなり、時間切れ負け。決着が着いたあとに時計なしで指し継いだが、向こうが一枚上手だった。2度負かされてしまった、泣。チームは1勝2敗で負け。

予選2局目は沖縄支部のNaさん(一般・三段)と。支部の仲間と楽しんでいるが、一般大会には参加したことがないそうだ。対局時計は苦手とのことで、何かハプニングがあればいいなあ、笑。Naさんはゴキゲン中飛車。おれの居飛車は中飛車には分が悪い。まだ、よく分かっていないのだ。押したり引いたりが続くが、秒読みが始まると乱れてくる。今度は2歩の反則負け。香車で田楽刺しするつもりだったが、歩を掴んでいた、泣。
時計を止めて指し継いだが、相手はもっと強くなってしまった。あっという間に寄せられて、また負かされた。チームは0勝3敗で負け。

お昼を待たずに終わったが、楽しかった。チームメイトも久しぶりの対面の将棋を満喫した様子だった。


PS/大会結果や当日の様子は支部連合会のHPでどうぞ。

« VS63 | トップページ | VS64 »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« VS63 | トップページ | VS64 »