無料ブログはココログ

« 2022年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選応援に行きました | トップページ | 6月18日のゆるり将棋サロン »

2022年6月12日 (日)

VS71

7月3日のアマ名人戦県大会は代表選抜とS級(三段以上)で行うとアナウンスされた。
我らB級戦士は出番なし。来るべき日に備えて勉強を続けよう。

先週のVSは、久しぶりに将棋の強い方が感想戦に参加してくれた。今回は相居飛車。序盤の駒組みが変だが、独創的ということでいいでしょうと、笑。しかし、序盤~中盤の緩手が多いと指摘された。我らの棋力ではそこら辺に気付かない。

やがてTパパは飛車を縦横無尽に振り回して暴れてくる。結果、玉の守りをバラバラにされた。桂馬を跳ねたくて▲4五歩。Tパパは△8六歩としたが、実はチャンスを見逃していたそうだ。後手が有利になる次の一手は?

Vs71a

解答は△4六銀。指摘されて、気付く一手。8筋の仕掛けを考えていたので、この手に気付かなかったそうだ。4六銀はいわゆるB面攻撃。(△4六銀)▲4八角△5七歩▲同金△同銀不成▲同角△4七金と進むと、先手は厳しい。

終盤戦において、Tパパの△4八金~△4七龍で負けてしまうと焦って、王様を逃がした(実は、▲4三角から後手玉は詰むそうだ)。ここでは王様を逃げずに受けることも考えれば良かった。心に余裕があるあなたの一手は?

Vs71b

解答は▲5七金。これも指摘されれば、気付く一手か。この手でTパパの攻めは切れる。後はじっくりと仕留めればよかった。

二人だけの感想戦では気付かない手筋や構想を学べた。2時間も付き合って頂き、感謝するばかり。どうもありがとうございました!

 

« 2022年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選応援に行きました | トップページ | 6月18日のゆるり将棋サロン »

研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選応援に行きました | トップページ | 6月18日のゆるり将棋サロン »