« 「龍と苺」はどこへいくのか | トップページ | 2024年・中学生将棋名人戦・沖縄県大会ありますよ »

2024年4月 8日 (月)

2024年・アマ竜王戦・沖縄県大会に参加しました

昨日(4/7)、北中城村の中央公民館で第37回アマチュア竜王戦・沖縄県大会が開催された。連合会のHPで申し込み状況を調べたら、参加者なんと126人。久しぶりの100人越えだった。ほとんどの学校が今日から新学期が始まるので、参加者は少ないかなと予想していたが、そんなことはなかった。受付時に参加賞の竜王扇子をもらって選手は大喜び!

0408a

開会式では連合会の照屋会長が「これまでベスト8が県勢最高位なので、全国大会でぜひ優勝を目指してほしい!」と代表戦へ出場する選手へ気合いを入れた。また「前回、昇段・昇級した方々の戦いぶりにも注目している」とおれにもプレッシャーを掛けてきた(ように感じた)。

おれの将棋。初のA級出場だが緊張せず。今回は様子見で、戦いの雰囲気を知るだけで十分だと挑んだ。
初戦はUeharaさん(初段・一般)と。見慣れない方だったので伺うと、新春大会に出たことがあるそうだ。彼の四間飛車に右四間に構える。終盤戦での厳しい寄せを耐えしのいで、とうとう手番が回ってきた。相手玉を詰ませられるように見えるが分からない。ここは懸命に読んだ。秒読みに急かされてあわてて指した手に、相手は安堵の表情を浮かべた。時間切れだ。長手数の詰みがありそうと感想戦で指摘されたが、結局、よく分からなかった。
次戦はItokuさん(初段・一般)と。大会は3度目とのこと。今度も四間飛車に右四間に構える。仕掛けるタイミングは間違っていなかったはずだ。中盤で彼の5五馬が大いばりしてから攻めが難しくなった。いいところなく負け。
これからは中盤戦の駆け引きや間合いの取り方を鍛えていかないと苦労しそうだと分かった。A級でも手応えがあったのでやれそうだ。

次の一般大会は6月。それまで課題を克服できるように勉強しよう。用事があったので、今回は途中でお暇した。選手の皆様、お疲れ様!

0408b

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

« 「龍と苺」はどこへいくのか | トップページ | 2024年・中学生将棋名人戦・沖縄県大会ありますよ »

大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「龍と苺」はどこへいくのか | トップページ | 2024年・中学生将棋名人戦・沖縄県大会ありますよ »