日記・コラム・つぶやき

2017年7月26日 (水)

増田裕司先生の指導対局受けました

日曜日(7/23)に小学校将棋団体戦・西日本大会へ出場する当山小チームの皆さんの取材をしに宜野湾将棋道場へ出掛けました。道場へ入ると奥のテーブルではYシャツ姿のおじさんがRクンへ指導対局の真っ最中でした。

Dsc06112s

Dsc06109s



受付のテーブルにあった色紙でその方が増田先生だと知ったわけですが、前日の土曜日に宜野湾道場支部の例会の講師として招かれて沖縄にいらしたそうです(詳しくはこちら)。

増田裕司六段は森信夫先生の2番目の弟子として有名ですね。ちなみに一番弟子は故村山聖九段です。いまでは多くの弟子を抱えて大所帯となった森門下の筆頭格の弟子となっています。

夕方の便で帰られるそうで、最後にもうひとかた指導いかがでしょうかとお声掛けがありましたので、ぴんと背筋伸ばし手を挙げて「お願いします!」と大きな声で返事したので、ラッキーにも選ばれました、笑。

4枚落ちの指導を受けたのですが、こちらの狙い筋をすべて先に読まれてしまい、作戦がうまくいきません。中盤で2枚換えしてどうにか相手玉を守りからはがすことに成功しました。大駒渡すのは怖いのですが、まだ大丈夫かなと、汗。終盤に増田先生から「では詰ませて下さい」と11手詰めのプレゼントを頂いたのですが、詰まないほうの変化を選んでしまい、するすると相手玉を手の届かないところへ逃がしてしまいました、泣。

飛行機の時間が迫る中、感想戦もしっかりと丁寧に指導して頂きました。どうもありがとうございました。

サイン帳持ってくれば良かったなあ。それでも、道場の会員の皆さんと一緒に記念写真を撮ってもらいました。

Dsc06151s_2
PS/増田先生、また沖縄にいらして下さいね!

2017年7月14日 (金)

入院していました

人間ドックの再検査にも引っかかり、さらに追加の検査を受けることになってしまいました。2泊3日の入院でしたが、今回の結果なら大丈夫でしょうと言うことでほっとしました。

入院中に退屈しないようにKindleにいろいろ読み物を詰め込んでいたのですが、しっかり棋書を読もうと思い直し、2冊選びました。初日は腰を据えてしっかり勉強したのですが、2日目は腕にコードや点滴が刺さっている状態で不自由の上、あまり調子良くなかったのですが、それでも1冊は読了出来ました(これの書評は後日)。

暑い日が続きますが、皆様も体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

Img_0799_s

2017年7月 7日 (金)

七夕の願いごと

Dsc06069s

2017年7月 1日 (土)

いよいよ明日です

アマ名人戦沖縄大会はいよいよ明日に迫りました。一般の方にとっては4月の大会以来の開催になりますので、待ち遠しかったことでしょう。

録画しておいた「藤井聡太14才」を見ました。藤井クンを小学六年生の頃から3年にわたり密着して製作されたドキュメンタリーでした。貴重な映像も多くて、時間を掛けた丁寧な作りで楽しめました。ますます彼のファンになりました。

P1120091s

午後は盤と駒を使って詰め将棋の練習をする。指に覚えさせないとすぐ忘れてしまう。本番でこの場面が現れたら、すぐ反応できるように何度も反復する。昨日から調子も良くて24でもただいま3連勝だ。明日もこの勢いを保ちたいなあ。

藤井クンにあやかって、そしてゲンを担いで明日のおやつはこれに決めた。2個は買いすぎたかな、笑

P1120095s

2017年6月23日 (金)

C2へ降級かなあ

日曜日(6/18)は宜野湾将棋道場のC1リーグ後半戦の開催日でした。リーグ戦に参加する選手以外にもたくさんの会員がいらしており、道場は満員の大盛況でした。藤井クンの大活躍のおかげで日本全国、将棋ブームなんだなと実感できました。

この日も頑張ったけど、おれの将棋は1勝2敗という不甲斐ない出来で終わった。なお欠席者がいたので不戦勝1つもらえて、今期の成績は2勝5敗で終了した、泣。

8人が参加したC1リーグでしたが、同じ勝ち星がおれの他にも2人いた。リーグ表の番号順に2名降級するのであれば、彼らより順位が上のおれはどうにか頭ハネを喰らうことなく残留できると思うが、改めて降級決定戦をやるかもしれない。

戦って戦って、少しでも強くなる。次回は下から上がってくる子供達の壁になりたい、笑。

Dsc05808s

2017年6月19日 (月)

さよなら Mさん

今日の新聞のお悔やみ欄でMさんの訃報を知りました。突然の旅立ち、驚きと悲しみでいっぱいです。

近頃、大会にも道場にもお見えにならないよねと噂をしたばかりでした。Mさんの最後の公式戦は12月に行われた年末将棋大会での沖縄最強戦になりました。一年間に活躍した6名のメンバーにMさんも選ばれ、若者達を向こうに回して闘志満々の表情で将棋を楽しんでいました。

おれは直接指導を受けることはなかったのですが、息子は一度だけMさんと公式戦で対局したことがあります。最新の研究もしっかりとされており、お年(失礼!)を感じさせない、切れ味の鋭い将棋を指していたそうです。勝負所では、駒音を高らかに駒を打ちつけて、その意気込みを示しますが、決着がつけば元の穏和な表情に戻り、人なつっこい笑顔が印象的なおじいさんでした。

最後にお話ししたのが1月上旬の宜野湾道場でした。リーグ集の完成を楽しみにしているとおっしゃっていました。

享年81歳。合掌。今宵は最強戦でのMさんの棋譜を並べてご冥福をお祈りします。

Dsc03564s_2
昨年の沖縄最強戦の様子。

2017年6月17日 (土)

筋違い角打たれた!

日曜日(6/11)は久しぶりに牧志駅前道場へ遊びに行きました。午前中に24で5連敗してしまい、レートを100近く下げてしまった。最近は調子が良くて安定していたのに、残念だ。気分を変えようと、突然思い立って出掛けたのであるが、午後2時という中途半端な時間帯だったようで、そこには席主と常連のおじいさんしかいなかった。

常連のおじいさんに教えを請う。初戦は得意の角交換四間飛車に付き合って頂いたが、2戦目に「こう指したら、どうする?」と筋違い角を打たれた。

久しぶりに打たれた筋違い角だ。師匠から、この時だけは居飛車を指しなさいと指導を受けていたので、2枚銀で攻め込むようにしたが、なにしろ半年以上もご無沙汰だったし、相手は有段者なので、うまく負かされてしまった。感想戦で、初手から10数手までの基本的な駒組を改めてレクチャーしてもらえたので、来た甲斐はあった。たまには筋違い角の将棋も練習しておかないと意外と焦ってしまうものだ。大会前で良かった。

久しぶりの道場にはお手製の名札が多数掛かっていた。会員自らが自分の名前を丁寧に書いたと思うが、そこに横着な人を一人見つけた、笑。

Sdsc05806_2

2017年6月 8日 (木)

年の差があっても

梅雨の中休みの日曜日(6/4)は宜野湾道場のC1リーグの開催日でした。

初戦は5歳の幼稚園児(5級?)と。前の大会でKクンの強さを見せてつけられていたので、戦う前からびびっていた。坊やの棒銀の攻めが巧みで端を食い破られてしまった。超早指しに翻弄されて、端歩交換を許したのが敗因だった。感想戦でちびっ子先生に「おじさん、なぜここに歩を打たなかったの?」と不思議そうな顔をされた。そうしなかったの、おじさんも良くわかんない。

2戦目は85歳のNさん(二段)と。一般大会に参加するなかで最高齢の方です。前からぜひ一度お手合わせしたかったので、願いが叶ってうれしい。Nさんが飛車先の歩を2つ伸ばしたので、飛び出し角戦法を発動させたが、歩交換をスルーされて空振りに終わった。中盤まで悪かったが、頑張って盛り返したと思う。秒読みに入り、向こうが間違えるのを願いながら、玉を詰ましにいったが、1枚足りなくて逃げられた。「ぷりうすさん、今日は私がたまたま調子が良かっただけです。あなたはお強い」とほめてもらえた。また今度教えて下さいとお礼した。

3戦目は10歳のお友達のJクン(4級)と。こちらの手の内はすっかりばれているので、序盤で角交換させてもらえない。オーソドックスな居飛車と四間飛車の戦いになった。2枚銀を繰り出していくのが彼の新しい工夫かな。双方が大駒を捌きあったとき、取ったばかりの銀をぶち込めば勝勢だったが、これに気づかず。あとは、こちらにミスが出てだんだん悪くした。さらに終盤で王手飛車のおまけまで食らう大完敗だった、泣。

3連敗でこの日は終わったが、なぜかすがすがしい気持ちで帰れた。55歳のおれが、5歳の幼稚園児や10歳の小学生、85歳の大先輩までというふうに、世代を超えた対話ができたから。将棋の素晴らしさを満喫した休日でした。

Sdsc05793
80の年の差対決が始まった!

2017年5月30日 (火)

10時のお茶

お昼休みまであと少しですが、息抜きしましょう。21日の文科杯 小中学校将棋団体戦の会場での一コマ。

            Sdsc05698_2_3

気合いの入ったかっこいいTシャツ。でも、おれは小さくテニスラケットとボールのイラストがそこにあったのを見逃さなかった、笑

いつも親子で来ていた将棋のとても強い小学生が、大会に来なくなった。しばらくしてから、彼がサッカーのほうに転向したことを知った。もう将棋は終わりと言うことで、バトミントンや、テニス、卓球などのスポーツへ趣味が移ってしまうのは、高学年の子が多い。

まだ小さいうちは将棋が好きなんだろうけど、試合に勝ってそれを喜ぶ親の顔をみるのが、自分が勝つことと同じくらいかそれ以上にうれしかったんだろうなと思う。その子が成長して、自立に目覚めたり反抗期の年頃を迎えると、親と距離を置いて友人との付き合いを優先するようになる。そのタイミングでひとまず将棋を卒業していくのだろう。

将棋をそのまま続けている子の場合でも、この前までにこやかに挨拶してくれていたのに、突然よそよそしくなって無視されてしまうこともある。中3くらいになるとまた挨拶してくれるようになるので、こういう態度されてもあまり気にしないようにしている。それくらいの年頃の子は扱いが難しい。

来る者あれば去る者あり。それでもいつもとおなじように、自分の将棋を続けていく。

P1120025s_3

2017年5月27日 (土)

コーヒーブレイク

P1120024_1s

5月は学生大会が3つもあったおかげでネタには困らなかった。自分が出ない大会では、ふだんは気づかないことを発見したり、試合の途中から選手の表情が変わる様子も観察できて、見ていて楽しかった。

自分が選手として出る大会ではストレスや緊張やらで、自分のことで精一杯になり、周囲を気にする余裕すらない。ギャラリーに徹することの出来るこの季節は、つかの間の戦士の休息タイムなのである、笑。

13日に那覇で行われた高文連大会のエピソードをひとつ。会場の近所に住んでいるということで小3のSクンが父親と一緒に息子の応援に来てくれた。

本大会に出ている高校生のほとんどが一般の将棋大会に来たことないので、Sクンが四段の腕前なんてことは知らない。開会式の始まる前に、面倒見のよさそうな男子学生が、ドミノ倒しで遊んでいたSクンに「ぼく、お兄さんが将棋の相手をしてあげよう」と指導が始まったりする。こちらカメラ用意してその様子を観戦するが、5分後の結末は言うまでもない、笑。

Dsc05228s
会場の隅っこで起こった微笑ましい瞬間をパシャリ!