無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2021年5月29日 (土)

ブログ開設5周年を迎えました

「ぷりうすの将棋」が5周年を迎えることが出来ました。これもひとえに応援して下さる皆様のおかげです。いつもありがとうございます。

コロナ禍によって将棋大会や季節ごとの将棋イベントが行われなくなり、その影響を受けてブログにもメリハリがなくなっています。大会記を書きたいのですが、それが叶わず残念です。

先日、家族のワクチン接種に付添いましたが、やっと光明が見えてきたなと感じました。もうしばらく辛抱して、将棋大会が開催される日を待ちましょう。

6年目もどうぞお付き合い下さい。

Birthdaycake

2021年2月27日 (土)

たまには温泉4

時折雨も降って湿度が高い一日。肩が凝って辛いので、マッサージを受けながら温泉へ。スポーツジムの3階にある「浦添の湯」。施設はだいぶ古いが、お湯は最高だ。およそ800万年前の地殻変動によりとじこめられた熱い海水を楽しめる。源泉掛け流しで加水・加温なしの天然温泉。硬くなった筋肉をお湯でほぐしてから、受けるマッサージは心地ち良い。

Urasoenoyu

先日、59回目の誕生日を迎えた。年を取ることはあまりうれしくないので、目出度い気分にはなれなかった。しかし、この考えは違うととある方に指摘された。「これから迎える誕生日は、大病を患わず事故にも遭わず、無事に過ごせた一年であったと感謝する日にしたらいい」と。

来年から将棋大会はシニア部門へ出場だ。一般部門で全国大会に行くのは夢のまた夢だが、シニア部門なら可能性はなきにしもあらず(と信じたい)。健康に気を付けながら将棋を頑張っていこうと思う。

2021年2月18日 (木)

たまには温泉3

Onsen1

 

寒気の影響で冷え込む一日。鹿児島では雪も降ったそうだ。北風も強く、これくらい寒いと出掛けるのも億劫になるが、こんな日こそ温泉だ。自宅から車で30分の南城市佐敷にある「猿人の湯」へ。濾過・加水・加熱は一切してない源泉かけ流し。お湯は「黄金色」と評判だ。うっすら鉄分と塩の匂いがする。湯質は肌になじんで保湿効果も高そう。近くにあれば毎週でも通いたい。

 

Onsen2

 

Tパパから今度のVSは、相居飛車をやろうと提案あり。その準備のために本棚を探す。振り飛車の本はたくさんあるが、居飛車の基本書が見つからない。これまで振り飛車一筋でやってきたので、これは困った。過去のNHKテキストを引っ張り出して、井上慶太先生が講師を務めた「居飛車はおもしろい」(2013年下半期連載)を見つけた。指さないからと居飛車の本は素通りしていたが、どうも間違っていたようだ。居飛車の手筋を知ることで、振り飛車でも攻めの幅が広がっていくように思う(いまさらだけど、汗)。

横歩は取らない。相掛りで勝負だ。

 

 

2021年1月20日 (水)

晴れているので

海まで歩く。予報によると週の後半は雨模様。今日のように気持ちのいい日は、水筒に珈琲を入れて出発する。海岸沿いの飛行機の誘導灯あたりで、一休み。マニアには絶好の撮影ポイントとのこと。

Yuudou
Jet2
Jet_20210120101901

夕方に24。居飛車を指すようになって1ヶ月。この勝負、相手にミスが出て、早々と角と銀の交換。だが、44手目に△3六歩と伸ばされて、はたと悩む。次に3七に銀を打ち込まれたら、と金の拠点が出来てしまう。なにか上手い手はないかと、考えた。ひらめいた手が、▲7六角打ち。△8二飛▲5四角△3一玉▲3六角と角を大転回すれば、この歩を払えるではないか。終わって、この局面での指し手を激指先生に伺うと、これでよろしいとのことだった。ぷりうす、やるじゃん!これまで振り飛車オンリーだったが、居飛車が楽しい。レパートリーを広げながら、少しずつ上達していく。

20210119a

夜に3度目の県独自の緊急事態宣言のニュース。予定されていた将棋大会は延期された。

◎延期の大会
1/24(日)第6回昇段昇級戦(D級)
2/ 7(日)第46回さなる杯小学生将棋名人戦沖縄県予選
(最新の情報は連合会のHPでご確認下さい)

2021年1月 3日 (日)

今年もよろしくお願い致します

天気が良いのでお散歩。空気は冷たいが、気持ちのいい朝。コース途中にある古書店の「大売り出し」と書かれたのぼり旗に惹かれて、立ち寄る。

将棋本のコーナーに「ドキュメント電王戦」を見つける。2013年に開催された人間対コンピュータの5対5の団体戦をまとめたもの。ニコニコ動画で衆目を集めたイベントだったなあと、懐かしくなって購入。隣の店でコーヒーをテイクアウトして公園へ。ぽかぽかの陽射しを浴びながらしばし読書にふける。

今年はどんな一年になるのだろうか。日々無事に過ごせればよいと思う。

Sanpo

2020年12月29日 (火)

2020年・この一年を振り返って

1月:新春将棋大会に参加
2月:支部名人戦・県予選大会(交流戦の部)に参加、小学生将棋名人戦・県予選の応援
3月:なし
4月:なし
5月:琉球支部ネット将棋大会を開催
6月:なし
7月:なし
8月:なし
9月:琉球支部VS薬科OB・ネット将棋対抗戦を開催
10月:なし
11月:なし
12月:琉球支部VS亀研・ネット将棋対抗戦を開催


去年までほぼ毎月、将棋大会があったのだが今年はスカスカ。それでもブログは頑張った(投稿は83本)。

2019年12月に中国の武漢で新型コロナウイルスの大流行が起きたときには海の向こうの出来事だと思っていた。2月に那覇に寄港したクルーズ船から県内初の感染。3月には在日米軍基地で感染者が続出。さらに県外旅行者からの二次感染が発生。3月末に緊急事態宣言が発令されて以降は、ほとんどの県予選大会が中止または延期となった。4月にはクラスターの発生。5・6月は新規感染者がゼロの日が続いたが、7月に「夜の街」でクラスターが大発生。8月から人口比で全国ワーストの日が続く。9・10月は県内各地でクラスターの発生。以降は新規感染者が二桁の日が続き、今日に至る。

激動の一年だった。コロナが落ち着く気配はないし、まだまだ用心は必要だ。アマチュアの将棋のあり方が変わっていくような気もするが、これについては改めて。

2020年11月26日 (木)

花ぱんびん

昨日(11/25)は道場へ。この15手詰めを解いてみてと席主が駒を並べた。自信作が出来たという。持ち駒がないので、これは飛車か角のどちらを先に切るかの二択にみえた。「なるがままよ」と勘を頼りに飛車から切ったら見事詰んだ。出来過ぎなくらいの解答の早さにも動揺したが、「意外と簡単だった」とポーカーフェイスで手順を並べてみせた、笑。


道場からの帰りに、とあるお店へ寄り道。そこには多良間島名産のお菓子「花ぱんびん」が置いている。30年ほど前に多良間島へ行ったことがあるが、まだ沖縄ブームなんて始まってもおらず、辺鄙なさとうきびの島に過ぎなかった。あのときに食べた素朴な味が忘れられずにいる。

Hana2

おそらく今でも多良間島と宮古島の空港ショップくらいにしか置いてないだろう。那覇では見たこともない。一年に一回、開催される離島フェアで購入するのが楽しみだったが、今年は中止になってしまった。偶然、その幻のお菓子をこの店で見つけてから、道場の帰りにいつも買い求めている。店主に尋ねたら、島から直接、仕入れしているそうだ。小麦粉と卵と食塩で練り上げた揚げ菓子に過ぎないが、その素朴な味には飽きがこない。将棋の勉強の合間につまむ茶受けにもってこいだと、今回も3袋購入した。

Hana1


*花ぱんびん:花びらの形をした、多良間の伝統揚げ菓子のこと

2020年11月12日 (木)

たまには温泉2

先日は、那覇のロワジール・スパタワーへ。ここも源泉掛け流しの天然温泉だ。平日のお昼前はだいぶ空いており、露天風呂を独り占めできた。手足を伸ばして湯船に浸かる。雲がただ流れていくのを眺めるのは、ほんとうに癒される。

 

Spa1
Spa2
Spa3

 

一風呂浴びて、お土産にケーキを買って帰るつもりだったが、ショーケースには何もなかった。GoToキャンペーンで徐々に客足は回復していると思っていたが、以前のような活気にはまだ遠い。ランチの時間帯だったが、レストランも閑散としていた。

昨日はコロナウイルスの感染再拡大を受けて「第3波と考えていてもいい」と医師会会長の会見あり。当分、収まりそうにない。連合会のHPで年末将棋大会と新春将棋大会の中止を知る。残念だが、時期的にも仕方ないか。

本日は夕方にインフルエンザの予防接種を受ける予定。

 

 

2020年10月22日 (木)

大雨の一日

前線の影響で大雨の一日。郵便受けにホームセンターのチラシを見つけた。秋の園芸祭りの案内。天気が悪ければお客さんの出足も鈍かろうと出掛けることにした。コロナの時代は人との距離のはかり方も注意して行動しなければいけないので、こんな日がベストなのだろう。

ホームセンターに到着する頃にすこし小降りになったが、お客さんは少ない。園芸店の売り子さんはうらめしそうに空を眺めている様子。一通りお店を廻り終えたときには、ズボンの裾にも雨水が跳ねて靴の中まですっかり濡れてしまった。秋~冬に咲く彩り鮮やかなランを一鉢求めて帰宅。

 

01ame
02ame
03ame

 

昨日は昼すぎに道場へ。今月分の月謝を納める。まだ誰もいない道場で席主と雑談。11月の始めに勉強会を行う予定あり。前回の講座(「振り飛車の晩」)は、間口を広げすぎて中途半端になってしまった反省もあり、今度は的を絞って深くやるそうだ。ただいまテキストを製作しているので、お楽しみにとのこと。

4時も過ぎると、学校を終わった子供達が続々とやって来て、道場に活気が出てきた。邪魔にならないように、そっとお暇した。

 

 

2020年10月 1日 (木)

たまには温泉

自宅から車で15分の瀬長島ホテルの天然温泉へ。平日午前の空いてる時間帯の露天風呂なので、大丈夫でしょう。コロナを必要以上に怖がらず、正しい知識と情報で対策に努めるよう心掛けたい。いまだ流行期。用心するに越したことはないが、自宅で過ごす時間が長くなるとストレスで押しつぶされそうになってしまう。

 

Senaga1

 

Senaga2

 

寝湯に浸かって秋の空を見上げる。心地よい海風に当たりながら、しばしリラックス。ああ、来て良かった。

 

Senaga3

 

日曜日に「24しませんか」とTパパからお誘いあり。先日の「全国支部オンライン将棋大会」でのTパパの上達ぶりには目を見張るものがあった。そのときから、こちらも将棋の勉強に熱が入っているのだ。「夜9時によろしく」と返信。

一局目は相振り飛車。端攻めを狙って持ち歩を補充しておく途中で、いきなり仕掛けられた。無理気味だと思っていた相手の攻めがつながってしまい、つぶされて負け。攻めを受け流して、左に逃げればなんでもなかった。
二局目も相振り飛車。お互いに手をつくれずに膠着模様。とうとう相手陣地に馬をつくって形勢が良くなった途端、Tパパの接続切れ。これ、勝ちでいいよね。

1勝1敗の引き分け。感想戦のあとに、定期的にネットでお父さん方の研究会(!)を始めたいねと相談など。新しい楽しみが始まりそうな予感。

Tパパと終わったあとに、物足りなくなって24でもう一局。攻め好きな方に当たり、きっちり受けきって勝ち。相手の攻めを切らして勝てることが出来て満足。

 

 

より以前の記事一覧