お知らせ

将棋大会やプロ棋士の来県をお知らせします

2017年7月29日 (土)

宜野湾将棋サークル 初心者将棋講座始まります・後編

Child_syougi01_d_03_5

Q:親子一緒での受講が義務づけられていますが?
A:「基本的に親子同席になります。その理由は、1点目に、未就学児や低学年児童の場合は保護者の方が一緒のほうが落ち着きます。礼儀作法や対局姿勢も指導しますので、保護者のご協力が必要です。2点目に、繰り返しになりますが、講義の際に将棋用語や漢字のフォローアップをお願いします。3点目に、自宅で児童が自主学習する際のフォローをしてほしいからです」「親子で、同じ目線で向き合うことが、やる気向上や人間力向上につながります。そのような環境をつくるためにも保護者の協力が必要と思います」

Q:仕事の都合で、夫婦代わりばんこでの出席でも構いませんか?
A:「もちろん。ご都合のほど、調整して頂ければ幸いです。ご夫婦で講座内容の意思疎通をして頂ければ、スムーズにいくと思います」

Q:親子ともども初心者です。授業についていけるか心配です。
A:「初心者講座ですので、基本のキから丁寧に指導します」

Q:受講料のほかに教材の購入もありますか?
A:「特にこちらからの販売はありませんが、詰め将棋の本等、今後お子さんが欲しがるかもしれませんね。そのときはお子さんのやる気スイッチが入ったということです!」

Q:最後に何かありましたら。
A:「皆様の参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします!」

宜野湾将棋サークルのスタッフの皆さんが待望の講座をスタートさせます。親子で一緒に学んでみませんか。最初は一緒に考えたり教え合ったりしますが、あっという間に親は子に抜かされてしまいます。半年もたつと勝てなくなってしまうはずです。我が子のたくましい成長の姿を目の当たりにする素敵な機会です。ぜひご検討下さい。

2017年7月28日 (金)

宜野湾将棋サークル 初心者将棋講座始まります・前編

S

将棋のルールや駒の動かし方がわからないという、将棋に初めて接する子供達のために待望の講座がいよいよスタートします。募集案内はこちらをご覧下さい。
宜野湾将棋サークルのスタッフの方へ講座について気になる点を質問しましたので、参考になれば幸いです。

Q:将棋の駒にさわったことがありませんが、ルールはすぐ覚えられますか?
A:「大丈夫です!子供が幼い頃に片言の言葉しか話せないのに、いつの間にか言葉をおぼえるように、ルールもあっという間に覚えますよ」

Q:漢字がまだ読めませんが大丈夫でしょうか? 何歳から受講は可能でしょうか?
A:「4歳以上なら大丈夫です。基本的に将棋用語以外はひらがなで教えていきます。しかし将棋用語はあえて漢字を使うので、そのために保護者同席としています。漢字の読み方はそのつど親御さんが教えてあげて下さいね」

Q:子供はあまり興味を示しません、親がぜひ受けさせたいのですが。
A:「お子さんが興味を持っていなくては続きません。将棋に興味を持った児童を対象に指導していきます。しかし、保護者の方のきっかけ作りは大切なので、親子でしっかりと話し合ってから受講するかどうか決めるといいでしょう」

Q:中学生ではちょっと遅いかもしれませんが、受講は可能でしょうか?
A:「何かを始めるのに遅いはありません。興味をもった子供は吸収力が違います」

(つづく)

2017年6月26日 (月)

アマ名人戦沖縄県大会ありますよ

来る日曜日(7/2)は、那覇市の沖縄タイムスビルで第71回アマチュア将棋名人戦・沖縄県大会が開催されます。詳しくはずーさんの「大会情報」をご覧下さい。

連合会から届いた案内ハガキには時間の記載がありませんでしたが、午前の部門は9時半から受付開始とのことです。去年の大会には、離島や北部からも愛好家の皆さんが大勢いらしており、さすがアマ名人戦ならではの大盛況の大会となりました。

ただいま空前の将棋ブームです。午後から始まる初心者と初級者クラスにも去年以上の参加者が見込まれますので、早めに受付を済ませておきましょう。

会場が手狭なことと参加者がますます増えてきていますので、スムーズな進行が出来るように、私たちも率先して準備や後かたづけのお手伝いをしましょう。

大会の様子を伝えた「アマ名人戦沖縄大会に参加しました」と「未知なる強豪現る!」も併せてお読み頂ければ、「いっちょ、出ようか!」と士気が高まるかと思います、笑。

それでは会場でお会いしましょう。

Amas

去年は200人以上の参加者がありました。

2017年5月19日 (金)

首里公民館将棋サークルをご紹介します

那覇市の北東部にある首里(しゅり)は、那覇の街が見下ろせる小高い丘の上に立地しています。世界遺産の首里城があることでも有名です。観光で訪問された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

先日(5/15)、首里公民館将棋サークルへおじゃまいたしました。モノレールの終点の首里駅から徒歩7分ほどのところに首里公民館があります。ちょうどこの日は高田尚平七段がゲストとしていらしており、指導対局の順番を待ちながら、会員の皆さんは将棋を楽しんでいました。

Dsc05382ss


席主の上原さんから頂いた情報は以下の通りです。

1.首里公民館将棋サークル
2.首里公民館・2階にある児童館で活動しています
3.毎週月曜日の18~20時半に開催しています(休館日はお休みです)
4.老若男女問いません。お子さんは保護者の送迎が必要です
5.会費は無料です。公民館の団体登録時に数百円のカンパをお願いする場合があります
6.将棋の普及と会員の親睦が目的で行っています
7.たいてい10~18名が参加しています。小学生から70代の方まで。女性会員も4人いますので、女性の方も積極的にご参加下さい
8.会員の棋力は10級~5段までと幅広いです。初心者や初級者には丁寧に指導いたします
9.今年で9年目を迎えました。首里公民館で地道にやっていますので、興味のある方はぜひ一度、お越し下さい。皆で将棋、楽しみましょう。

窓の向こうにはライト・アップされた幻想的な首里城が見えますよ。

Dsc05384s

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年5月16日 (火)

小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選ありますよ

来る日曜日(5/21)は、宜野湾市の宜野湾市中央公民館で文部科学大臣杯 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選が開催されます。申し込み要項については、ずーさんの「大会情報」からご確認下さい。

当日申し込みも可能ですので、受付時間(午前9時開始)に遅れないように会場へいらして下さい。小学生部門と中学生部門の2つに分けての3人1チームでの団体戦となります。

昨年は沖縄県代表として、宜野湾市立宜野湾中学校と宜野湾市立長田小学校の2チームが大阪で開催された西日本大会(7/25)へ出場しました。(後日、西日本大会の上位2チームと東日本大会の上位2チームが東京で決勝大会を行いました)。

同じ学校(←ここ大事!)の生徒3人でチームを組みます。同学年でなくてもOK。男女の混合チームもOKです(兄弟3人とか3姉妹とか三つ子チームって出てこないかな、笑)。君の学校に将棋部やクラブがなくても、大丈夫。将棋を指せる仲間3人を集めて参加しよう(保護者の引率よろしくお願いします)。

長テーブルに相手チームと向かいあって、3対3で戦います。このときにチームの並び順が、勝敗の決め手になります。強い順に並んでもいいのですが、仲間でよく相談して、誰を大将、副将、三将にするか作戦会議をしておきましょう。一度提出したオーダー表(並び順)は変更出来ません。3勝または2勝1敗の成績でチームは勝ちとなります。仲間を信じて、自分も仲間の期待に応えるように頑張って下さいね。

Dsc02545s
去年の様子。

2017年5月 1日 (月)

学生大会・沖縄県予選ありますよ

来る日曜日(5/7)は、沖縄市の中央公民館で学生3大会の沖縄県予選が同時開催されますのでご案内致します。ずーさんの「大会情報」も併せてご覧下さい。

1.大山名人杯争奪・第16回全国小学生倉敷王将戦・沖縄県予選
    低学年の部と高学年の部の代表2名を選出します。優勝者は8月6日に岡山県倉敷市で開催される全国大会へ沖縄県代表として出場します。

2.第38回全国中学生選抜将棋選手権大会・沖縄県予選
    男子の部と女子の部の代表2名を選出します。優勝者は8月上旬に山形県天童市で開催される全国大会へ沖縄県代表として出場します。

3.第30回全国高等学校将棋竜王戦・沖縄県予選
    代表1名を選出します。優勝者は8月中旬頃に福岡県福岡市で開催される全国大会へ沖縄県代表として出場します。

昨年も大熱戦が繰り広げられました。今年は誰が優勝して代表の座を勝ち取るのか楽しみですね。

Schooldsc02175s
去年の様子。

「優勝するのはちょっと厳しいから遠慮しま~す」なんて言ってる、そこの学生さん、会場へ来ないともったいない! なんとこの日、都成竜馬四段がアマ名人戦の大盤解説会と指導対局のために会場へやってきます。試合に負けても都成プロから直接の指導を受けるチャンスがありますので、ぜひいらして下さいね。

Tonari

イケメン棋士の都成竜馬四段です。

2017年4月19日 (水)

高田尚平七段の将棋教室始まりますよ

高田先生が本島の学校を対象に将棋教室を開催するという案内が沖縄県支部連合会のブログに掲載されました。

今年は去年より1ヶ月早く開催されますので、お早めに申し込みなさって下さい(すでにいくつかの学校が確定になっていますね)。

うちの学校には将棋クラブがないから開催は難しいとお考えではありませんか?
これまで将棋教室を行なった学校では、指導対局の他にも、プロ棋士ってどういう職業なの?というお仕事紹介の講演を行ったり、将棋ってどういうゲームなの?って将棋にふれたことのない学生のために大盤をつかってやさしく説明をしたりとか、臨機応変に対応した将棋の普及活動を行ってまいりました。

プロ棋士から直接指導を受けたりお話を聴ける機会は滅多にありませんので、ぜひお申し込み下さい。多くの学生が将棋に興味をもってほしいです。

Image1ss




画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年4月17日 (月)

アマ竜王戦・沖縄県大会ありますよ

来る日曜日(4/23)は、沖縄市の中央公民館で第30回アマチュア竜王戦・沖縄県大会が開催されます。詳しくはずーさんの「大会情報」をご覧下さい。

去年は、中田宏樹八段が大盤解説と指導対局でいらしておりましたが、今年もどなたかプロ棋士いらっしゃるのかな?

Dsc02080s

一度はなりたい県代表です。まず県大会で優勝して、6月に行われる全国大会へ出場します。そこでも勝ち続けて優勝すれば、賞金50万円と七段免状、プロ公式戦の竜王戦の出場権を獲得出来ます。さらにここからプロ相手に次々と勝ち抜いていけば...というふうに夢は広がります。

おっとその前にはやくB級脱出しなくちゃ、笑。

Dsc02128s
去年の大会の様子。

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年3月20日 (月)

西日本久留米王位戦・沖縄県大会ありますよ

来る日曜日(3/26)は、沖縄市の中央公民館で第40期西日本久留米王位戦・沖縄県予選大会が開催されます。詳しくはずーさんの「大会情報」をご覧下さい。

会社員にとっては年度末のお忙しい時期で参加は大変だと思いますが、派遣選手は2名になっておりますので、頑張って下さい。学生さんは春休み期間中なので、参加しやすいですね。

さて、おれですが、大スランプなのです。24で勝てない。毎日、ちゃんと将棋の勉強はしているのですが、なぜなんだろ。得意戦法がまったく通用しなくなっている。そろそろ新技ひとつ追加しないといけないと思うのだが、そうすれば、これまで覚えた旧技が脳から1個あふれ出してしまうんだよなあ。

大会まであと6日。まだ6日もあるんだ、勉強を頑張ろう。それでは会場でお会いしましょう。

Kurumes
去年の開会式の様子。

2017年3月12日 (日)

金武将棋サークルをご紹介します。

先日のレーティング選手権大会のS級の決勝戦は社会人のMさんと小2のSクンでした。本対局の内容も地元紙に後日掲載されます。両者が開始前に氏名や簡単な自己紹介を棋譜用紙の余白に書きますが、Mさんが「サークルのPRもよろしいでしょうか」と記録係に尋ねました。そのサークルを当ブログでも紹介したいと彼に申し入れをしました。

金武町(きんちょう)は沖縄本島の真ん中の東側に位置する町です。米軍基地が隣接しているのでアメリカ文化を感じる歓楽街もありますが、実際は、町中に田芋畑や水田も多くのどかなところです。本島でも湧き水の多い水どころとして有名ですね。

席主のMさんから頂いた情報は以下の通りです。

1.金武(きん)将棋サークル
2.金武町立中央公民館団体室で活動しています
3.毎週火曜日の18~22時に開催しています(不定期で休みもあります)
4.老若男女問いませんが、未成年者は保護者の送迎が必要です
5.会費は無料です
6.「将棋好きが集まりましょう」という目的で行われています
7.たいてい4~8名が参加しており、小学生からご年配の方までと幅広いです
8.有段者も数名いますので、初心者や初級者にも丁寧に教えます
9.まだまだ少ない人数で、ほそぼそと2年ほど継続して頑張っています。仲間が増えれば様々なイベントが実現できますので、お気軽にいらして下さい!

さて、決勝戦ですが、金武将棋サークルの看板を背負って負けられない対局をMさんは見事に制しました。S級での優勝おめでとうございます!
今度、地元名物の田芋パイと田芋チーズケーキを買いながら、サークルへおじゃましますので、そのときにはどうぞよろしくご指導願います。
S_2

先週のサークルの様子。お近くの皆様、ぜひご参加下さいね。