大会

大会の様子をお伝えします

2017年4月26日 (水)

アマ竜王戦・沖縄県大会に参加しました・後編

たった2試合で終わってしまったおれの将棋ですが、今回もたくさんの熱戦を見ることができました。ご紹介しましょう。

B級の予選リーグでしたが、今回ふるさとに帰ってきたばかりのSさんの三男坊(5歳!)のデビュー戦を拝見しました。相手は中飛車が得意な中学生のAさん(3級)でした。
三男坊さんの先手中飛車にAさんも中飛車で対抗していき、双方が鏡指しで駒組みが進みました。ここまでノータイム!(画像見て下さい。これ幼稚園児の駒組みなのです。)

Dsc04785s

駒組みが飽和したところで三男坊さんが先に仕掛けましたが、以降の捌きはAさんに一日の長がありました。しかし、おれが彼に勝てるか?と訊かれると自信がない、勝てたとしてもあっという間に抜かされていく。恐ろしく早いスピードで無敵の棋力へと子供が成長していく様はこれまでたくさん見てきた。

C級の決勝戦も観戦しました。息子の学校の将棋部のIクンとおれの小さなライバルのJクンの対戦でした。2人ともよく知っているので、どちらもがんばれと応援しました。Jクンのちょっとしたミスで銀損したあたりからIクンの怒濤の攻めが襲いかかった。棋譜取りをしていた息子もほぼノーミスの指し回しに感心していました。頼もしい後輩に育ったと喜んでいました。

Jクンは準優勝して三級へ昇級しました。お父さんも同じクラスで入賞していたので、仲良く記念撮影ができました。お二人が表彰状を持って一緒に並んだ写真は一生の思い出になりましたね。おめでとうございます。

大会ではトップクラスの闘いに皆さんの注目が集まりますが、「級位者には級位者の熱いドラマがある!」ということをお伝えして今回の大会記を締めようと思います。

参加した皆様、お疲れ様でした!

Dsc04736s

2017年4月25日 (火)

アマ竜王戦・沖縄県大会に参加しました・中編

さて、毎度のおれの将棋です。

今回のB級には21名が参加しました。初戦は小さなお友達のZクン(1級)でした。毎回ボコボコにされるので、戦う前から白旗気分でした。
Zクンの先手で角道閉じた四間飛車にこちらの石田流でスタートしました。戸辺先生の「石田流を指しこなす本(相振り飛車編)」を読んでいるので、かんたんに負けるわけにはいきません。こちらに必死がかかり、もう後のない局面で王手ラッシュをかけたのですが、詰みを逃して負けました。感想戦で手順に馬を切れば詰んだのではないかと指摘されましたが、駒を並べて確認する気力もありませんでした。もうへとへとでした。

ZクンはB級で優勝して初段になりました。この日お兄ちゃんもS級で優勝したので、兄弟そろっておめでたい日になりましたね。

3人ブロックに振り分けられていたので、負ければ自動的に1勝が付いて、同じ1勝1敗の別リーグの方と決勝トーナメント進出をかけて争うことになります。

次戦は、と金Tシャツが良くお似合いの中学生のNクン(3級)でした。彼の先手で角道を閉じたまま駒組みがたんたんと進みました。今度も得意の角交換振り飛車が出来ませんでした。2戦ともおれが振り駒をして後手を引いてしまったので、仕方ありません、泣。

結局、美濃を高美濃囲いに組み換えている途中で仕掛けられてしまい、あっという間に陣地が崩壊してしまい、なすすべなく負けてしまいました。この対局にはギャラリーがいなかったのがせめてもの救いでした、恥。

ということで今回も予選敗退で終了しました。7月のアマ名人戦まで大人の大会はありません。それまでにはしっかりと立て直していきます。

Dsc04774s_2
早々と自分の試合が終わり、後は観戦タイム。どこも大熱戦でした。

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年4月24日 (月)

アマ竜王戦・沖縄県大会に参加しました・前編

昨日(4/23)は沖縄市の中央公民館で開催された第30回アマチュア竜王戦・沖縄県大会に参加してきました。

一昨日は前線の影響でだいぶ雨が降りましたが、昨日はすっきりと晴れました。朝のうちは少し冷え込んで肌寒かったのですが、会場はすでにヒート気味でした。今回は総勢126名の選手が参加したのです。

Dsc04762s

新年度の最初の大会には、久しぶりに参加した方も数名いらっしゃいました。転勤先の本土から4年ぶりに沖縄に戻ってきたSさん親子に再会しました。幼稚園児だった息子さんが、今ではすっかりお兄ちゃんになっていました(さらに弟さん2人も将棋を始めていた!)。
小学生の強豪にまた一人強い子が加わりました。5月の倉敷王将戦が楽しみですね。
(おれの師匠も無事に大学へ入ったということで、およそ半年ぶりの復帰でした、笑)

今回の代表派遣の部門には22名が参加し、前回の久留米王位戦に続きNさんが今回も優勝して、代表派遣の座を勝ち取りました。おめでとうございます。新聞記者の取材を近くで聞いていたのですが、「今回は粘り強く指すことができた」と仰っていました。

Dsc04870s

役員の方のご了解を頂き、開会式にて「将棋沖縄リーグ記録集」の宣伝をさせて頂きました。緊張してしまい、うまくしゃべれなかったのですが、おかげ様で予想以上に販売できました。お買い求め下さった皆様、どうもありがとうございます。次回の学生大会でも予定していますので、まだの方はよろしくお願いしますね、笑

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年3月31日 (金)

聞き書き小学生将棋名人戦 西日本大会

平成29年3月11~12日に関西将棋会館で開催された第42回さなる杯小学生将棋名人戦・西日本大会に沖縄県代表として出場したAクンにインタビューしました。

談:Aクン

2月の県予選が終わって、通っている道場の先生や先輩に優勝できたと報告しました。そのときに、全国大会は正座して対局するのでその練習もしておくほうがいいよと言われました。僕は正座が苦手なので、長い時間座っていることができるかととても不安になりました。それで大会まで毎日、正座の練習もしていました。

大阪へはお母さんと一緒に行きました。初めての全国大会なので空港にいるときからとても緊張しました。関西将棋会館に着いて、試合の始まる前に選手のみんなと大駒を持って記念写真を撮りました。舞台に上がろうとしたそのときに掲示板に頭をぶつけて、それがはずれて落ちたので、かっこ悪くて恥ずかしかったです、笑。
あとでお母さんに撮影のときには顔がひきつっていたと笑われました。

試合は1勝2敗で予選敗退してしまいました。とても強い子ばかりで実力の差を感じました。これからは、もっと序盤を鍛えて最初から差を広げる将棋を指していけるように頑張りたいです。大会で友達もできました。また会おうと約束したので、5月の県大会で優勝して、全国大会にチャレンジしたいです。今度も代表になれるようにしっかりと将棋の勉強を頑張ります。

Sanaru

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年3月28日 (火)

西日本久留米王位戦・沖縄県大会に参加しました・後編

初級者部門のD級には25人の参加がありました。そのなかに知っているおじさんが2名いらっしゃいました。我が子の引率のために毎回いらしているお父さんが、この日ついに初陣を飾りました!

こどもサークルのお世話係をしているKさんの対局を観戦しましたが、駒をつまんで持つ手つきがぎこちなくて初々しい。それでも真剣な表情で小学生の子を相手に戦っている姿には心打たれるものがありました、笑。
飛車切って金打ちまでの即詰みでKさんの勝ちという局面が訪れました。いつ気づくかなとはらはらしていましたが、数手後に震える指で決行しました。「大変よく出来ました。おめでとう!」と彼の初勝利を祝福しました、笑。

勝敗表に勝ち星の○を付けているところを撮ってあげました。Kさん、試合いかがでしたか。なかなかの快感を味わえたのではありませんか。

Kさんの次戦はおれのライバルのJクンのお父さんでした。そのHさんも初参加です。将棋盤を間に挟んでおじさん同士が真剣に駒を動かしている姿も可愛いものです。その対局を後ろからそっと見守っていた息子さん達に気づきましたか?
「お父さん、あそこであの手はなかったよ」と帰りの車内で息子さんに厳しく言われたかもしれませんが、それは同じ趣味の戦友だと認められた証なのです。

決勝戦を最後まで見届けることは出来ませんでしたが、Jクンのお父さんは見事、入賞していました。おめでとうございます!これからも親子で大会へ参加して下さい。ともに頑張りましょう。

今回の大会も楽しかった。皆様お疲れ様でした。運営にご尽力頂いた連合会の皆様もお疲れ様でした!

Dsc04621s

午後のC、D級の様子。参加者多かった。

2017年3月27日 (月)

西日本久留米王位戦・沖縄県大会に参加しました・中編

さて、おれの将棋です。今回のB級には20人の参加がありました。受験を終えて久しぶりに参加する中学生がちょっと多かった。予選リーグの1試合目は前回負かされたIさん(2級)でした。この前みたいな将棋はしないと気合入れて挑みました。中盤の入り口あたりで、Iさんがこちらの竜を馬と錯覚してしまい、王手放置であっけなくエンド。省エネのスピード勝ちでとてもうれしい、笑。

2戦目は小さなお友達のJクン(1級)に勝ったずー軍団の新人さん(お名前失念しました、3級)とでした。角交換四間飛車の将棋でスタートできたが、向こうの銀の使い方がうますぎた。見事に転ばされてしまった。こういう試合を勝てるようにならないと、上のクラスへ行けないなあ。もっと深いところまで角交換の定跡を覚えるようにする。

これで1勝1敗になったので、他のブロックが終わるのをしばし待つ。決勝トーナメント進出を掛けて戦うのは中3のUクン(2級)でした。双方の玉が端に逃げて、まずはUクンの端攻めが始まった。これを1手ずつ丁寧に受けて、こちらも反撃の持ち駒を補充していく。さて、ここから反撃開始だ。しかし秒読みに追われて、向こうの逃がした角が王に当たっていたのに気づかなかった。王手放置である。勝てそうだったのに、悔しい。今回も予選敗退で終わった、泣。

そのUクンはB級で準優勝した。今年の3月は中学を卒業して大会でも準優勝という結果を出して、思い出に残る春になりましたね。Uクン、高校進学おめでとう!

Dsc04574s
開会式の様子。つづく。

2017年3月26日 (日)

西日本久留米王位戦・沖縄県大会に参加しました・前編

本日(3/26)は沖縄市の中央公民館で開催された第40期西日本久留米王位戦・沖縄県予選大会に参加してきました。
晴れた日は暑さを感じるほど日差しが強くなり始める3月下旬ですが、今日の天気は曇っており気温もあまり上がりませんでした。それでも会場の公園の桜はすっかり葉桜になっており、 緑が色濃く映えていました。うりずんの季節がやってきました。

Dsc04609s

2枠を争って13名の参加者で熾烈な戦いのあった代表派遣クラスでしたが、決勝戦に進出したのは双方とも県トップのNさんとSさんでした。今回、息子は予選落ちしてしまいましたが、この対局では棋譜取り係を務めて勉強していたのは感心です。

戦形は先手Sさんの三間飛車に後手Nさんの中飛車の相振り飛車でした。難しい駆け引きがしばらく続きましたが、後手の端攻めが決まり、Nさんが優勝しました。おめでとうございます!
各地区の予選を勝ち抜いた23名による本戦は、5月17日に久留米市で開催されます。
栄えある県代表になったNさんとSさんのご活躍を祈念いたしております。

Dsc04637s
決勝戦。

つづく

画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。関係者の皆様、どうぞご了承下さい。

2017年3月14日 (火)

那覇・宜野湾将棋サークル交流戦がありました。

先週の土曜日(3/11)に宜野湾中央公民館で那覇将棋サークルと宜野湾子供将棋サークルの交流戦が開催されました。ブログ記事の取材目的でしたが、6級以上クラスの那覇サークルのメンバーが足りないということで、急遽、助っ人に駆り出されました(4級なので、笑)。

今年で6回目を迎える交流戦ですが、関係者のこれまでのご尽力には頭の下がる思いです。特に那覇サークルの席主のKさんですが、毎年、マイクロバスを借りて宜野湾市まで子供達を引率しています(レンタル代は彼が自腹を切っているのでしょう)。彼のこのような貢献もあり、交流戦は長く続いていると思います。

さて、おれの将棋ですが、5級のJクンに詰めろ逃れの詰めろをされて負かされ、ダメージが大きすぎて、残りの試合は奮わず。用意されていたトロフィーが立派だったので入賞狙っていましたが、まったく届きませんでした、泣。

A,B、Cの3つのクラスに分けて行われた交流戦には総勢63名の参加がありました。
子供達のほとんどが初級者なので、まだ将棋大会に出たこともありません。今回はじめて勝負の楽しさとおもしろさを知ったことでしょう。次はいよいよ大会デビューですね。

Dsc04564s

ともだちたくさん出来たかな?

2017年3月 7日 (火)

レーティング選手権大会に参加しました・後編

2連敗の傷が癒えぬまま会場へ戻ってきたら、午後のC,D級の予選の受付が始まっていた。今回はC級に22人、D級には21人の申し込みがありました。最近は、親子参加も少しずつ増えているようだ。

我が家もそうだが、大会に参加する常連の親子連れは、たいていは子供のほうの棋力が上だ。将棋を教えたのは親だが、いつのまに追い越されている。まだまだ高い壁でありたいと思うが、我が子が親を抜いていくのも親の願いなので、それはそれで大歓迎だ。もっともっと上を目指して羽ばたいて欲しい。

さて、派遣クラスの決勝戦では強豪学生のKさんを破り、社会人のTさんが優勝された。お顔を大会であまり拝見したことがなくて、お名前から過去の成績を調べたら、入賞経験もある方でした。
栄えある県代表になられたTさん、全国大会でのご活躍を期待しております。頑張って下さい! ちなみに第39回全国アマ将棋レーティング選手権大会は5月4日から三重県四日市市で開催されます。

俺が参加したB級ではHさんが優勝された。この方もいつも親子で参加しており、小学生にして四段のAクンのお父さんである。以前からB級では頭ひとつ実力が飛び抜けているように思っていたが、あれくらい安定した指し回しができないようでは、まだまだおれは厳しいかなと思った。Hさん昇段おめでとうございます。

この日の将棋は思うようにいかなかったが、いろんな方と練習対局も出来て大会は楽しかった。息子もトップクラスでの成績が安定してきたようだし、おれもまだまだ食らいついて頑張っていこう。

Dsc04529s

入賞盾が欲しいなあ。

2017年3月 6日 (月)

レーティング選手権大会に参加しました・前編

昨日(3/5)の将棋大会は、常連さん以外に見知らぬ方もちらほらお見えになっており、年間を通しての参加者は増えているように感じました。

午前の部の派遣クラスには15人、S級は16人、A級は16人、そしておれが戦うB級には20人の申し込みがありました。このところB級が混み合ってきている。子供達や学生さんにとってはこれくらいの実力の頃がとても楽しいので、参加者数も毎回安定しているのだ。

さて、この日のおれの将棋である。予選の抽選で3人ブロックに振り分けられており、戦わずして、まず不戦勝1つをポケモン・ゲットだぜ! 
ずー軍団のYさんと高校生のNクンの勝者と当たるので、そばでお二方の戦いを観戦した。双方ミスを出しながら、Nクンが勝利した。なるほど、これなら勝てそうだなと変に自信を持ってしまった(のが敗因でした)。
Nクン先手で4手目に角交換した後に、互いに玉を囲い合った。お互いが攻撃態勢に入った頃にNクンが持ち角を打った瞬間、しまった!という表情をした。打ち場所を間違えたようだった。後はこちらが隙を見つけて敵陣に角を打てば、優勢になると判断して呑気に指していた。しかし、さすが1級だけあって、彼の歩の手筋に翻弄されて、と金を払えずに飛車が追われる始末で、結局負けた。感想戦で指摘された一手のミスが悔やまれる。

これで1勝1敗。決勝トーナメント進出を掛けて他リーグの方と戦うことになった。相手は宜野湾道場に通うIさんだった。彼には道場で一度も負けたことないので、まあ大丈夫だろうと余裕を持っていた(のが敗因でした)。
飛車先の歩を2つ伸ばしたので、飛び出し角戦法を発動させたら、こちらの研究手順に飛び込んできてくれた。序盤でだいぶ駒得も出来て、これはさっさと終わらそうと、玉の囲いが中途半端のまま攻め込んでしまった。あれ、あれ、いつのまにかおかしくなって、泣きたくなった。この試合は、友達をなくす将棋に徹底すべきだった、嗚呼。

この日のおれの将棋は不甲斐ないまま終わった。前々回のブログに冗談で予選敗退したらタコス屋さんへ行くなんて書かなきゃよかったよ。大悪手であった。

明日に続く。

Dsc04471s
午前の開会式の様子。

より以前の記事一覧