大会

大会の様子をお伝えします

2024年6月17日 (月)

2024年・アマ名人戦・沖縄県大会に参加しました

0617e
昨日(6/16)、那覇市の沖縄産業支援センターで第78回全日本アマチュア将棋名人戦・沖縄県大会が開催された。毎年、本大会には石垣島の愛棋家も日帰りで多く参加しており、空港に近い会場を使用して行われている。しかし朝の那覇空港は濃霧のために数便が着陸できずに出発地へ引き返すことになり、4名が参加できなかったそうだ(いつもなら自宅から空港ははっきり見えるが、湿った空気で視界不良)。
0617a
人気のアマ名人戦大会ということもあり、120名を超える事前申し込みがあったが、この日は体調不良による欠席も多く、事務局は受付の合間に予選表の組み替え作業を余儀なくされて、とても忙しそうだった。
0617b
0617c
開会式で照屋会長から「これまで代表派遣選手は、宿泊費や旅費を一部自己負担をしていただいたが、今年から沖縄タイムス社の協力もあり、その負担分がなくなった」と報告がされた。タイムス社のあらもとさんは「選手の活躍を新聞社は応援します!」と力を込めた。

おれの将棋。初戦はGanahaさん(初段・大学生)と。彼の四間飛車に右四間飛車で対抗する。序盤の駒組みで、右四間の対応をよく知っているようだと感じた。なので、穴熊を目指す。角交換して以降は、彼の小技の巧さに翻弄されてしまい、これは完敗。

2戦目はUeharaさん(初段・一般)と。大会でよく見かける方だが、最近初段になったばかりとのこと。長くB級時代を過ごしたが、これまで一度も当たったことがない。居飛車調の出だしだったので、雁木を目指そうとしたら、四間飛車にされた。仕方なく三間飛車に構えて相振り戦を選ぶ。2年前に居飛車党に転向(!)しているので、この戦型は久しぶりだった。結果、手探りのぎこちない指し方になってしまったようで、じりじりとした端攻めで自陣を突破されてしまう。この日のために用意してきたことができずに、お昼前に戦いが終わってしまった。ああ、情けない。強豪揃いのA級部門では、修行期間がまだまだ続きそうだ、泣。

午後から運営の手伝いに回るが、まずは弁当の買い出しを頼まれた。

0617d

気分がのったらつづく

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年5月20日 (月)

2024年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選の応援に行きました

昨日(5/19)、北中城村立中央公民館で文部科学大臣杯第20回小・中学校将棋団体戦・沖縄県大会が開催された。

今年は中学校部門に8チーム、小学校部門に14チームがエントリー。中学校部門は有段者を揃えた2校が優勝候補との前評判で、小学校部門は3人の棋力にばらつきがあるチームが多く、どこも優勝のチャンスがありそうだ。

さて開会式。審判長としてお迎えした池永天志六段は「団体戦は自分が負けても終わりではありません。心の中で仲間をしっかり応援してほしい。今日1日頑張って下さい」と選手を激励して、いざ対局開始!

0520b_20240520203101

やはり団体戦。自分のちょっとしたミスで負けるわけにはいかないので、どの子もいつもより慎重に指している様子だった。この日は運営から指導対局コーナーの係を任されていたので、以降はあまり観戦できず。初めて大会に参加する子が多かったので、プロの先生の指導対局に臆しないか心配だったが、積極的に申し込んでくれた。感想戦ではしゃがんで、子供達の目の高さに合わせて話しかける池永先生の姿が印象的だった。
0520c

中学校部門の県代表には宜野湾中学校。ライバル校を破っての優勝だったので、喜びもひとしおだろう。小学校部門は4チームでエントリーしたカトリック小学校。優勝を決めた時の選手の興奮と喜びはこちらにまで伝わってきた。両校ともおめでとう。7月の西日本大会もぜひ頑張って。

表彰式で池永先生は引率の保護者や先生の労をねぎらった後に 「今日はいろんな戦法を拝見して、皆さん将棋を楽しんでいるなあと感心しました。これからも続けて下さい」とまとめて、大会は午後3時過ぎに終了した。

0520d

昨日は快晴で、会館を抜ける風が心地良かった。いよいよ来月はアマ名人戦県大会だ。久しぶりの一般大会なので、頑張ろうと思う。
*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年5月13日 (月)

2024年・学生3大会・沖縄県予選の応援に行きました

母の日の昨日(5/12)は、那覇市の牧志駅前ほしぞら公民館で学生3大会・沖縄県予選が開催された。こちらで大会を行うのは初めてだ。大ホールは照明も明るく、椅子やテーブルもまだまだ新しい。今後の利用もありかなと思う。

さて開会式。照屋会長から全国大会における沖縄県勢のこれまでの入賞実績が報告された。「今年の県予選はハイレベルの戦いになると思うが、しっかりと頑張って下さい」と選手に気合いを入れて、いざ対局開始!

0513a

本大会は派遣がかかった代表選抜戦なので、派遣クラスやSクラスで活躍している大会常連の学生らが有利なのは否めない。倉敷王将戦の低学年部門には初出場の子供達が意外に多くいた。棋力別ではないのであっという間に終わった対局も多々あったようだ。一般大会では棋力ごとにクラス分けされているので、負けた子もまたチャレンジしてほしい。

午後から始まるトーナメント戦には、やはり大会常連組が駒を進めていた。ここからさらなる激戦を勝ち抜いて、優勝者が決まる。今回、一番注目していたのは高校竜王戦の決勝戦だった。前日の高文連大会で優勝したAsahi君が連勝するか、高校の全国大会で優勝経験がある初出場のR君のどちらに軍配が上がるかと多くのギャラリーの注目を集めた。戦型は中飛車銀冠と居飛車銀冠の対抗形。中盤戦の押したり引いたりの場面では双方がじっくりと時間を使った(自分の読み手はほとんど当たらず、汗)。

ここから一歩抜け出たAsahi君が徐々に優勢を拡大して、昨日に続き優勝を決めた。そばで観戦していたTパパが、「こういう将棋をさせるようにならないと上のクラスにはいけない」とつぶやいた。まったく同感だ。この棋譜をしっかり並べようと思い、記録係に頼んで写真を撮った。

0513b
本大会は出場者が多かった割には、スムーズに進行して予定時間より早く終了した。自分が出ていない大会だったが、将棋の構想力はどうあるべきか目が覚める思いがした。

選手と運営の皆さん、お疲れ様でした。

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年5月11日 (土)

2024年・高文連 囲碁将棋沖縄県大会を見学してきました

0511a

本日(5/11)、那覇市の産業支援センターで第48回沖縄県高等学校文化連盟 囲碁将棋 夏季大会が開催された。もうだいぶ前になるが、息子が高校生の頃は彼の学校の応援にいつも駆けつけていた。県内高校の将棋事情は最近どうなっているのかと興味があって、昼過ぎにちょっと覗いてきた。

壁に貼られた座席表を確認すると、囲碁よりも断然、将棋の参加者が多くてひとまず安心だ。派遣部門に出場する学生は一般大会にもよく来る子ばかりかなと思いきや、そうでもなかった。強い子は意外といるものだ!

級位認定戦に出場した学生は23名。その中で20級スタートが14名いたが、おそらく高校に入ってから将棋を覚えたかと思う。せっかく始めた新しい趣味なので、これからは連合会が主催する大会にも積極的に出場して、腕をもっと磨いてほしい。

いよいよ明日は高校竜王戦の県予選。誰が代表を勝ち取るか、こちらも楽しみだ。

0511b
*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年4月29日 (月)

2024年・中学生将棋名人戦・沖縄県大会の応援に行きました

大型連休2日目の昨日、八重瀬町の南の駅やえせで日本将棋連盟創立100周年記念第49回中学生将棋名人戦沖縄地区予選が開催された。この日は曇りや雨になると予報されていたが、朝はすっきりと晴れた。南の駅やえせのシンボル、勝利のV字ガジュマルは今日は誰に微笑むだろうか。

0429a

中学生将棋名人戦はこれまで東京で開催されていたが、今年から地区予選が採用されることになった。開会式の挨拶で米谷副会長は「歴史的な第1回大会です。初代チャンピオンを目指して頑張って下さい」と出場18名を激励した。

0429b
0429c

普段、一般大会の代表クラスに出場している子が多いので、誰が優勝するか予想出来ない。予選からピリピリした空気が伝わり、選手の緊張も半端ではないようだった。
入玉模様になり長引いた対局もあったが予定通りに進行した。ランチは最近、ここの名物だというたまごサンドを食べた。とても美味しくて、これはお薦めだ。

0429d

午後からトーナメント戦。どれも熱戦で見ていて楽しかった。いよいよ決勝戦が始まる。幼い頃から良く知っているRin君(中3・四段)と八重山からやって来たTumugu君(中1・二段)。この子は石垣さんの道場の若手有望株だ。果たして、初代沖縄中学生名人の栄冠を手に入れるのはどちらになるか?

戦型は居飛車VS四間飛車。一進一退の攻防が続くスリリングな展開だった。ついに抜け出たのはRin君。寄せ手順は見事だった。優勝おめでとう。
ただ中盤の入り口でRin君が定跡でない一手を指したときには、ついミスしたのかと思ったが、そうではなかったらしい。いまの将棋はこれもあると高段の方から教わったが、こういう手は指せないなあ。将棋は難しい。

0429e

古い道場リーグ本を開くと、幼い頃のRin君の写真が載っている。当時は小1の11級でおれのライバルですらなかった。もうとうに追い越されてしまったが、さらに飛躍してほしい。名古屋での全国大会も頑張って!

悔しい思いをした皆さんは5月12日の学生3大会(中学選抜)で雪辱を果たしてほしい。選手&運営の皆様、お疲れ様!

0429f

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年4月 8日 (月)

2024年・アマ竜王戦・沖縄県大会に参加しました

昨日(4/7)、北中城村の中央公民館で第37回アマチュア竜王戦・沖縄県大会が開催された。連合会のHPで申し込み状況を調べたら、参加者なんと126人。久しぶりの100人越えだった。ほとんどの学校が今日から新学期が始まるので、参加者は少ないかなと予想していたが、そんなことはなかった。受付時に参加賞の竜王扇子をもらって選手は大喜び!

0408a

開会式では連合会の照屋会長が「これまでベスト8が県勢最高位なので、全国大会でぜひ優勝を目指してほしい!」と代表戦へ出場する選手へ気合いを入れた。また「前回、昇段・昇級した方々の戦いぶりにも注目している」とおれにもプレッシャーを掛けてきた(ように感じた)。

おれの将棋。初のA級出場だが緊張せず。今回は様子見で、戦いの雰囲気を知るだけで十分だと挑んだ。
初戦はUeharaさん(初段・一般)と。見慣れない方だったので伺うと、新春大会に出たことがあるそうだ。彼の四間飛車に右四間に構える。終盤戦での厳しい寄せを耐えしのいで、とうとう手番が回ってきた。相手玉を詰ませられるように見えるが分からない。ここは懸命に読んだ。秒読みに急かされてあわてて指した手に、相手は安堵の表情を浮かべた。時間切れだ。長手数の詰みがありそうと感想戦で指摘されたが、結局、よく分からなかった。
次戦はItokuさん(初段・一般)と。大会は3度目とのこと。今度も四間飛車に右四間に構える。仕掛けるタイミングは間違っていなかったはずだ。中盤で彼の5五馬が大いばりしてから攻めが難しくなった。いいところなく負け。
これからは中盤戦の駆け引きや間合いの取り方を鍛えていかないと苦労しそうだと分かった。A級でも手応えがあったのでやれそうだ。

次の一般大会は6月。それまで課題を克服できるように勉強しよう。用事があったので、今回は途中でお暇した。選手の皆様、お疲れ様!

0408b

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年3月17日 (日)

2024年・久留米王位戦・沖縄県大会に参加しました

本日(3/17)、北中城村の中央公民館で第47期西日本久留米王位戦・沖縄県大会が開催された。先週に引き続き大会である。運営の皆さんにただ感謝するばかり。

だが、戦う準備がまったく出来ていない。昨日、待望の黒田先生の新著「絶対早繰り銀」が届いた。読む暇もなく当日の朝を迎えてしまった!

0317b
0317a

今日も先週と同じくらいの人数が参加した。開会式で連合会の米谷副会長から「勝っても負けても楽しく指して下さい」とご挨拶。受付時に主催の西日本新聞社のボールペンをもらった!

おれの将棋。予選一局目はAoi君(中3・2級)と。この子には連敗しているはずだ。
重厚に駒を盛り上げてくる指し方にどう対応すればいいのか分からない。久しぶりだねと声を掛けると「高校受験で忙しかった」とのことで、腕が少し鈍っていると信じたい!
以前同様に駒を盛り上げてきた。こちらも慎重に仕掛けのタイミングを伺う。とうとう端攻めが決まって勝ち。
二局目はNagawaさん(一般・2級)と。大会初参加の先輩の方だ。三間飛車に右四間に構える。先手三間はもう怖くない。最後は相手が頓死筋をうっかりして勝ち。久しぶりの2連勝での予選突破に震えが止まらない。

逐一、支部のLineに結果を報告していたら、「昼寝して午後に備えて下さい」と仲間からアドバイスが届く。いつもより頑張ってみようと思い、しっかり仮眠を取る。

トーナメント1回戦は再度、 Aoi君と。今度は負けないと強気の表情だ。飛車を切り捨てて馬をつくる。ここから一手一手の展開に進んでついに必死を掛ける。彼の逆襲が始まったが、すべて切らした。
2回戦はHarutakaクン(小3・3級)と。右四間飛車の強烈な仕掛けに動揺して彼に反則手が出てしまい、こちらの勝ち。

いよいよ決勝戦は、Haruyuki君(高2・3級)と。彼の準決勝戦を観戦していたが、うまい差し回しに力の差を感じる。相居飛車では分が悪いように思うが、当たって砕けろの精神で戦ったが、連勝もここでストップ。感想戦で記録係が「中盤までは上手く指していた。秒読みに入ってから乱れだしたのがもったいなかった」とのこと。だが、準優勝でも満足だ。ついに夢の初段が認定されたのだ!

0317d

今度の大会からAクラスへ出場する。これまで以上の努力が必要になるが、まだまだ上を目指して頑張りたい。

0317c

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年3月13日 (水)

2024年・レーティング選手権・沖縄県大会に参加しました・後編

午前11時におれの将棋は終わる。あっという間の出来事だった。棋友達はらくらくと予選突破。仲間に置いてけぼりされてしまいそうで、これではまずい。

0312a

ランチは会館名物の空手そば。不甲斐ない戦いをした自分への罰としてお子様用を選んだ。

いよいよB級の決勝戦だ。今後の糧にするためにしっかり観戦しよう。進んだのは、大会2度目のSugawaraさん(一般・Wars1級)と道場のYuheiクン(小3・1級)だ。この子は1年前までは初級クラスだったが、あっという間にここまで来た。

0312b

戦型は相居飛車の力戦形。Yuheiクンは早見え早指し派でSugawaraさんはじっくり指すタイプだ。勝負は二転三転するスリリングな展開が続き、Yuheiクンが押し切った。彼の指し手が早すぎて終盤では記録係の採譜が追いつかないほどだった。
感想戦の前に最初から並べるが、再現できない。ギャラリーも加わって、あれやこれやと並べてみるが、と金引きの投了図が完成しないのだ。「ここらへんで先手が投げたってことにすれば?」と提案したら、記録のTouma君が「ぷりうすさん、ダメですよ~」と諦めない。やっと出来たら拍手が起こった。この時間は楽しかった。

0312c

Yuheiクン、優勝と初段認定おめでとう!子どもの成長には目を見張るものがある。抜かされるのは辛いがまあ仕方ない。この日も楽しく過ごせた。選手と運営の皆さん、お疲れ様!
 

0312d

 

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年3月11日 (月)

2024年・レーティング選手権・沖縄県大会に参加しました・前編

昨日(3/10)は豊見城市の空手会館で第45回全国アマ将棋レーティング選手権・沖縄県大会が開催された。
南国と言えども春の彼岸の入りまでは寒さも残る。朝は冷えたが、快晴なので気分は上々。出発する前にもう一度、覚えたばかりの棋譜を並べる。これで早石田対策はばっちりだ!

3月は社会人なら年度末の繁忙期。学生さんは受験や卒業のシーズンなので、いつもより参加者は少なかった。来週は久留米王位戦と二週続けての大会なので、その影響もあるかと思うが少しさみしい。

0311

開会式の挨拶は副会長の米谷さん。「日頃、勉強している成果を発揮して、楽しくしっかり対局してほしい」と選手を鼓舞した。

おれの将棋。今回のB級には15名がエントリー。新春大会が31名だったので、こういうチャンスは逃がしたくない。
予選1回戦はFujitaさん(一般・ウォーズ1級)と。この方とはゆるりサロンでやったことがある。ガチガチの居飛車党だ。やはり戦型は角換わり。こちらが攻め立てたが、金駒が1枚足りずに逆転負け、泣。2回戦はShuusukeクン(小3・3級)と。お母さんと一緒に道場に通っている子。いつの間にかB級へ上がっていたんだ。今回が初手合いなり!
角換わり棒銀で攻めてくると思いきや踏みとどまる。こちらの受けに何かを察したようで、開戦せず。お互いの手渡しの時間がじりじりと続いた。ならばと、こちらが飛車金両取りの罠を仕掛けるが、返し技で馬をつくられた。以降はじり貧に。この数手のやりとりはおれの勉強不足だった。ただ粘るだけの将棋がしばらく続いたが、見事に詰まされた。また今度も予選敗退だ、泣。

日曜日までに立て直しせねばと焦る。

つづく

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

2024年2月25日 (日)

2024年・支部名人戦&シニア名人戦・沖縄県大会に参加しました

本日(2/25)は宜野湾市の社会福祉協議会で第53回全国支部将棋名人戦沖縄県予選&第31回全国シニア将棋名人戦沖縄県予選が開催された。数日前までは夏日だったが、今朝はぐっと冷えた。車庫まで降りてから上着を取りに戻ったほどの寒さだ。

0225

開会式では、副会長の米谷さんから将棋の心構えのお話など。当初は支部名とシニア名のみ開催するとアナウンスされていたが、支部会員の親睦を深めるための交流戦も併せて行われ、こちらのほうにも参加が多かった。

さて、おれが出場するシニア名人戦には7人がエントリー。先輩方は有段者ばかりで格の違いを感じるが、1勝を目指したい。


予選初戦はNakajimaさん(三段)と。序盤早々に角交換をして、お互いが馬を作りあう乱戦へ持ち込む。定跡型の進行では分が悪いと判断して選んだが、結果的に苦しい時間が長く続いた。終盤で王手飛車が決まって少し楽になったと思ったが、結局詰まされた。感想戦で相手玉に詰み筋があったとギャラリーに指摘されたが、これに気づかず。二戦目はShiromaさん(三段)と。角がわり早繰り銀で攻め立てるが、必要な一歩がない。破れかぶれで角を投入すると受け間違えてくれて、一気に楽になった。それもつかの間、頓死の罠に気づかずにひっくり返される。己の陣地に一手入れておけばなんでもなかったのにと悔やまれる。
結果は2連敗だったが、内容的には満足だった。また次回頑張る。

疲れたので、早々に会場を後にした。栄えある優勝者は、支部名ではNehoさん。シニア名はShinzatoさんとのこと。西日本大会も頑張って!

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落として加工していますので、ご了承ください。

 

より以前の記事一覧