大会

大会の様子をお伝えします

2022年10月 2日 (日)

2022年・しんぶん赤旗将棋名人戦・沖縄県大会に参加しました

会場のかりゆし園へ一番乗り。頭上の松の木から甲高い鳴き声が聞こえる。その正体はオオシマセミとのこと。 この時期にピークを迎えるそうだ。今日も夏日の30℃超えなので、大合唱で鳴いていた。

Semi

赤旗大会は2019年以来の開催。このところ新規感染者も減って、学校行事や地域のイベントも増えているせいか、今回は欠席が目立った。こんなときこそチャンスなのだが、泣。

Opening_20221002202501

開会式で来賓の島袋県議から「3年ぶりの大会をうれしく思います。選手の皆さんの活躍を大いに期待しております」とのご挨拶を頂き、いざ対局開始。

おれの将棋。予選初戦は、リアル大会に初参加のFuさん(一般)。相矢倉の将棋になるが、相手の攻めを丁寧に受けすぎて、徐々に形勢が悪くなる。どこかで手抜いて、こちらも攻めを加速すべきだった。結局、大差の負け。2戦目は相手が欠席のために不戦勝。いよいよ決勝トーナメント進出を掛けた3戦目を迎える。道場のNa君(中一・2級)に決まる。これまで一度も対局したことがない。B級軍団の仲間から四間飛車が得意だと知る。これでちょっと戦いやすくなったかな。だが、穴熊に潜ろうとしたときにうっかりミスをしてしまう。後は苦しい時間が続くばかりだった。

本日はTパパ、Hiさんとおれは予選敗退。軍団唯一の紅一点、Ko奥さんはベスト8だった。今回はもっぱらウォーズのみと言う方々の参戦もあったが、初めての対局時計に苦しんでいたそうだ。小学生大会でいつも上位の4名が入賞して、晴れて初段になった。これでB級から彼らは卒業だ、めでたい! 次回は少しラクになるかと期待する、笑。

Kaijyo_20221002202501

2022年9月25日 (日)

2022年・沖縄ねんりんピック・将棋大会に出場しました

明け方に雨の気配で目が覚める。久しぶりの大会出場に神経が過敏になっているようだ。これ以上眠れそうにないので棋書を読んで過ごした。

ねんりんピックは、活力ある長寿社会の形成に寄与するため、厚生労働省が毎年開催。主に60歳以上が参加できるが、将棋部門には満59歳から参加可能だ。

ぷりうすは去年から参加できる年齢だったが、コロナ禍により県大会は中止になってしまったので、今年が初参加。本大会の常連さんは、一般の県大会でも代表戦に出場する強者ばかり。胸を借りるつもりで挑みたい。

会場の県総合福祉センターは6年ぶりだ。近未来的なデザインがかっこいい。開放的な中庭で大規模な将棋大会も出来そうだ。

Kenso

出場は8名で総当たりのリーグ戦になった。Tパパが始まる前から来てくれていた。「特別に参加させてとお願いしてみたら」と言うと、「このメンツでは1勝しか出来ませんよ」と苦笑い。その1勝が誰からなのかは、分からなかった、笑。

今日の結果は1勝6敗。1つ勝てたのは今後の励みになる。もう1つ優勢に進めていた対局があったが、頓死。これは勿体なかった。実力的には、こんなものだろう。半年ぶりの大会出場だったが、楽しく過ごせた。運営の学ぶさん、お疲れさま。

Nenrin

PS/Tパパ、Zuさん、Maさん。おれの応援に来てくれてありがとう!

2022年7月 3日 (日)

2022年 アマ名人戦・沖縄県予選の応援に行きました

台風一過。湿った空気が流れ込んで、時折、激しい雨も降った。

Ama01_20220703214301


本日(7/3)、沖縄市の老人福祉センターかりゆし園で第76回全日本アマチュア名人戦沖縄県予選が開催された。コロナの影響で、大会は2部門ずつ定員を設けて行われるようになっているが、久々のS級戦(三段以上)ということもあり、早々と定員に達したのはご存じの通り。また、4月以来の一般大会なので会場は熱気にあふれていた。

Ama02_20220703214301

さて、開会式。支部連合会の照屋会長は「過去に沖縄県からアマ名人が誕生しました。今年、代表になられた方はこれに続いて下さい」とご挨拶。引き続き、日本将棋連盟からお招きした島本亮五段から「皆さんの熱戦を楽しみにしています。存分に最後まで戦い抜いて下さい」と激励の言葉を頂いて、いざ対局開始。

進行役をお手伝いしたが、やはり上級クラスだけあって、静かにじっくりとした戦いで進んでいった。感想戦も長く行われるので、止めるタイミングが難しかったりする、汗。

今回はS級に注目していた。参加14名(2名欠席)のうち、三段の方は半分ほどか。後は最近めきめきと力を付けているチャレンジ組の皆さんだった。
決勝戦では、終盤でどちらにころんでもおかしくない場面があったような気がして、そこを(ソフトで)検討してブログに書きたかったが、棋譜の写真がうまく写っておらず、再現できない、泣。

Ama03
Ama04

代表戦に出る息子さんの送迎でTパパも来場しており、「ぷりうすさんが(S級に)出るなら、自分も出ようかと考えていたのですが、我々にはまだ早いようですね」との結論に至ったそうだ。だが、少しずつレベルアップして、いつかはSまで登ろうと、2人は決意した。

選手並びに連合会の皆様、お疲れ様でした。指導対局でお忙しかった島本先生、ありがとうございました。

PS/大会結果や当日の様子は支部連合会のHPでどうぞ。

2022年6月 5日 (日)

2022年 小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選応援に行きました

晴れたり曇ったり。湿った空気の影響で不快指数は高いが、昨日のような土砂降りではないだけマシか。

本日(6/5)、宜野湾市の中央公民館で文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦・沖縄県予選が行われた。大会が決まってからの募集期間が短かったせいか、中学生部門は8チーム、小学生部門は9チームといまいち参加数は少なかったが、2年ぶりの開催を喜びたい!

Dantai01

開会式では、沖縄県支部連合会の照屋会長から団体戦の心構え。「チームワークを大切にして、力を合わせて頑張って下さい!」
本日の審判長として日本将棋連盟からお招きした豊川孝弘七段から「迷ったときは第一感。良いなと思った手を指すように頑張って下さい。健闘を祈ります」と激励の言葉を頂戴して、いよいよ開始だ。

Dantai02

今回は小学生部門の進行と審判を任された。先に終わった仲間の結果が気になって対局中なのに落ち着かない子、勝って喜ぶよりも役割を果たせたと胸をなで下ろす子、チームの勝ちが決まる最後の対局で、両手を組んでじっと祈る子など。これぞ団体戦ならではの光景を目撃した。予選から見応えのある素晴らしい将棋が多かった。

Dantai03

午後は豊川先生の指導対局の進行役を任されたので、決勝トーナメントは観戦できず。だが、しっかりと駒落ち指導を鑑賞できたので満足だ。

Dantai04

午後3時半に表彰式。豊川先生から代表になったチームへの激励と「今日は暑かったけれど、会場では爽やかな風を感じた。いろいろな支えがあって将棋ができるので、家族や仲間、先生にありがとうという感謝の気持ちを忘れずにいて下さい」という言葉が心に強く残った。

Dantai05

今日は素晴らしい大会だった。支部連合会の皆さんや豊川先生、選手の皆様、本日はお疲れ様!

PS/大会結果や当日の様子は支部連合会のHPでどうぞ。

2022年5月16日 (月)

2022年・学生3大会・沖縄県予選の応援に行きました

昨日(5/15)は、沖縄市の老人福祉センターかりゆし園で学生3大会・沖縄県予選が行われた。

 

Makus

 

小中高校の学生大会なので、いつもより手伝いが足りないかと心配で、ゆるり将棋会のAbe氏を誘って早めに出発。他の応援の皆さんも会場入りが早くて、割とスムーズに準備は進んだ。自主的に手伝いに参加する子供達は、見ていて気持ちいい。

今大会から支部連合会は新体制でスタートだ。開会式では、新会長に就任した照屋氏の挨拶と抱負など。今年は11月にビッグイベントも予定されているので、一将棋ファンとして引き続き応援したい(10年以上に渡り会長を務められた宮城氏にお礼と感謝を!)。

 

Kaikaisikis

 

これまで午前は予選リーグ、午後から決勝トーナメントというスタイルで、のんびりと大会は行われたが、早く予選が終わった部門では、午後1時を待たずに決勝トーナメントがスタート。コロナ以前の大会では、棋友との練習対局や雑談(とか一緒にお弁当を食べたり)も楽しみのひとつだったが、コロナ禍の現在では、やり方も変わらざるをえない。

大会はスピードアップして進み、表彰式も終えて解散したのが午後4時前。最短記録を更新したのではなかろうか。問題もなかったわけではない。前から言われているが、棋譜取り出来る人が足りないのだ。今回はNehoさんの大活躍があって、無事にこなせた(沖縄最強の人が手伝いに来ていた!一緒に感想戦出来た子供達はラッキーだったね)。連合会では今後、棋譜取りの勉強会を行う予定とのことだ。

将棋ファンが一人でも多く大会にボランティアで参加して、一緒に沖縄の将棋界を盛り上げてほしいと思う。

 

Endings

 

 

PS/大会結果や当日の様子は支部連合会のHPでどうぞ。

 

2022年5月 1日 (日)

ゴールデンウィーク将棋大会に出場しました


Gold01

連休の初日(4/29)は小禄将棋同好会の大会へ。級位者と有段者に分けたリーグ戦だ。賞品もいろいろ用意してるので、参加してねとT爺さん。前回は優勝したので、連覇を目指したい!

Gold02

参加賞として「将棋を孫に伝える会」が製作した詰め将棋の小冊子と通信紙を頂いた。詰め将棋は熱心に取り組んでいないが、読み物としてもおもしろそう。

開会式の前にTパパが近づいて「関西の将棋、見せたる」とニヤニヤ。先日、支部名人戦に行った際、たくさん観戦したそうだ。有段部門は6名、級位部門は9名のリーグ戦が始まった。

1回戦の相手がTパパ。居飛車穴熊対四間飛車穴熊。どうもTパパの寄せが一足早そう。まむしのと金攻めをふりほどけない、泣。
「どうや、これが大阪しょうぎやねん!」。歩の使い方や歩の手筋を学んできたと雄弁に語るTパパだった。この日は駒落ちの将棋も多く辛かった。結果、2勝しか出来なかった。

Gold03

午後9時前にタイムアップ。表彰式が終わって、締めは泡盛一升瓶争奪のじゃんけん大会。最後まで残ったのが、Tパパとおれだったが、あいこを4回繰り返してTパパの勝ち。

今回は初対面の方ばかりで緊張したが、楽しかった。次回は9月に予定しているとのこと。

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。ご了承下さい。

2022年4月25日 (月)

寄稿:2022年・支部名人戦・西地区大会応援に行きました

道場支部は強いんだけど、来年は琉球支部が出場したい!

Tパパ:

本大会の団体戦に息子が出場することになり、付添いで同行しました。息子は宜野湾将棋道場支部に所属しており、私は道場父母会支部の会員です。

選手は支部を代表しているということで、大会当日は逐次、大塚席主に対局の様子をレポートしました。会場に来られない道場の仲間から、応援メッセージがその都度、たくさん届きました。

選手にこれを伝えると、ますます刺激になったようで目覚ましい活躍をしてくれました。見事、準優勝、立派な成績です!コロナ下でモチベーションを維持することが難しい時代ですが、今回の成績が後輩達の新たな希望や目標となればいいですね。

参加した選手並びに同行した連合会の皆さん、お疲れさまでした!

 

Daihilyou

 

 

2022年4月10日 (日)

2022年・アマ竜王戦沖縄県大会の応援に行きました

Ryuuou001

 

 本日(4/10)は、沖縄市・知花のかりゆし園でアマ竜王戦の県予選とC級(5~9級)、D級(10級~初心者)戦が行われた。今回は、運営の手伝いを兼ねて見学に出掛ける。実は、もうひとつ大事な用があって、会場で藤井竜王の扇子を販売するというので、それも欲しかったのだ。

 

Ryuuou004

 

久しぶりのCとD級ということで、参加者が多かった。コロナ対策として、各テーブルの間隔は広く取られた。

いずれライバルになるであろうC級の選手の対局をじっくりと見たかったが、代表クラスの進行役を任されたので、偵察できず。お目当ての扇子は、無事に購入。「お母さんに買ってもらった」と喜んでいる少年をパチリ。

Ryuuou003

 

決勝トーナメントが始まった頃に「お元気でしたか?」と声を掛けられる。マスク越しだが、すぐにIwaさんだと分かった。およそ2年半ぶりの再会だ。「ぷりうすさんが書かれた大会記を読んでいたら、懐かしくなって来ました」とのこと。代表クラスのメンバーもだいぶ変わりましたねと驚いていたようで、しばらく旧交を温めた。

代表クラスはNehoさんの優勝で終わる。直近の大会(支部名人・レーティング・久留米王位)すべて制しており、その勢いは誰も止められないようだ。

PS/大会結果や当日の様子は支部連合会のHPでどうぞ。

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。ご了承下さい。

 

 

2022年3月28日 (月)

2022年・久留米王位戦・沖縄県大会に出場しました・後編


Kurume04

 おれ達の将棋。予選リーグ表が貼られた。なんとTパパと同じ組に振り分けられる。3人で争うので、Tパパに不戦勝の勝ち星1つがこの時点で付いていた。「おめでとう。本日の目標を達成したね」と冷やかす、笑。

おれが初戦に勝てば2人は対決。不思議とこれまで縁がなく、大会では一度も当たったことがないので楽しみだ。

初戦はイケメンお兄さんのShibuさん(一般・二段)と。2年ぶりの大会参加だという。メモを取ってると、「ぷりうすさんですか?」と訊かれた。そうだと答えると、「やっと会えた!いつも読んでます」と感激される。ファンを相手に無様な将棋は指せないと武者震いする。

Shibuさんの先手中飛車に三間飛車で迎え撃つ。穴熊のハッチを閉じる前に歩を交換。一枚でも多く歩を集めておかなくちゃ。戦いはじっくりと進み、美濃から銀冠に組みかえる。左辺の攻防を放棄して、地下鉄飛車から端攻めを敢行!しばらく攻め続けたが、受けが強すぎる。手順は間違っていなかったと思うが、何かが足りなかった。ターンが相手に廻り、反撃が始まった。有段者は強かった、泣。

選手交代。仇討ちとばかりに、今度はTパパの出番だ。戦形は相中飛車。Shibuさんは2枚の銀で中央を制圧する。Tパパは受ける時間がしばらく続くが、美濃は完成しているので、反撃を期待したい。だが、緩手が多かったように思う。他人の将棋はよく見えるのだ。結果、Tパパも負けた。この勢いで、Shibuさんは優勝した。おめでとう!「優勝するくらい強い人には、まだ勝てないよね~」とお互いを慰めた、笑。

初戦でエネルギーを使い果たしたようで、次戦は二人ともあっけなく負け。当分、出場できる大会はなさそうなので、地道にVSを続ける。いつか花咲く日を楽しみに頑張る。

Kurme05

おわり


PS/大会結果や当日の様子は支部連合会のHPでどうぞ。

2022年3月27日 (日)

2022年・久留米王位戦・沖縄県大会に出場しました・前編

Matsus

 

 本日(3/27)は、沖縄市・知花のかりゆし園で久留米王位戦の県予選とA級(初段と二段)戦が行われた。目覚めたときは土砂降りだったが、会場に到着する頃は止んでいた。雨に濡れた新緑の松は美しい。少し前まで高揚していたが、落ち着いてきた。

 

Tro

 

実はTパパと相談して、この日のA級に申し込んでいたのである。このクラスは意外と参加者が少なく、過去には6人で争われたこともあった。多忙な年度末の開催なので、今回も期待できそうだ。「優勝して三段もらったら、どうしよう」とミラクルが起きることを期待していた。

だが、現実は甘くない。18名の事前申し込みがあったことを前日に知る。この2年、大会が頻繁に行われていないことで、このクラスも渋滞が生じていたのである。

土曜日のVSで、Tパパにそれを知らせると「目指せ1勝です」と声のトーンが幾分、変わった、笑。

本大会には代表戦に22名。A級戦に18名がエントリーして争われた。主催の西日本新聞社から提供された参加賞のタオルを頂戴した。こういうのも久しぶりだ。

 

Kaijyos

 

いよいよ開会式。会長の挨拶に引き続き、共催の琉球新報社から来賓の挨拶で、11月に開催される美ら島沖縄文化祭2022(将棋フェスティバル宜野湾)の案内があった。プロ棋士多数の来県も予定しているそうなので、これは楽しみ。いざ、対局開始!

つづく

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。ご了承下さい。

より以前の記事一覧