大会

大会の様子をお伝えします

2023年1月31日 (火)

2023・シニア名人戦沖縄県予選に参加しました・後編

よく晴れたのでウォーキング。さて、後編をどうまとめようか。あの局面からなぜ負けたのかと思い出して、自分に腹が立ってきた。「こんちくしょう、こんちくしょう」と呟きながら歩く。寄り道して、頭を冷やさないと。

0131a

おれの将棋。シニア名人戦は満60歳以上で連盟の支部会員なら参加できる。今回の申し込みは8名。先輩の皆さんは三段以上の有段者で、級位者はおれだけ。失礼のないよう指すことを目標に頑張りたい。なので、勝ちは二の次だ。

初戦はShiさん(三段)と。道場の有段者のリーグ戦に参加されているので、これまで一度も指したことがない。居飛車党と聞いているが、「さわやか三間飛車」を持っているのが少し気になる。相振りにしようか迷うが、いずれにしても教わるつもりで挑みたい。戦形は相掛かり。こちら馬をつくれていい感じ。その馬が追われて9八に避難するが、結果的にこの効きで王手放置の勝ち。初勝利にしばらく震えが止まらなかった。

二戦目は小禄将棋同好会の席主のUeさん(三段)と。初戦に勝って少し自信がついて、落ち着いて指せるようになった。戦形は四間飛車に居飛車急戦を選んだ。実はこの将棋、負けを覚悟していたと感想戦でUeさん。自陣に一手入れたのが悪手になったそう。そこでは踏み込むべきだったと、駒を並べると見事に詰んでいた。情けないやら悔しいやら。

トーナメント進出を掛けて三戦目はNaka先生(三段)と。戦形は相掛かり。ドクターの棒銀を阻止できて序盤は満足。中盤で飛車の頭に歩を叩く。しかしこの局面を二枚替えと錯覚してしまって、この飛車を召し捕れなかった。玉頭に火がつくと焦ってしまったのだ(実は飛車の横効きで大丈夫だった)。それでもリードを保っていたが、寄せきれず。ターンを取られてからは一手一手。

この日の将棋はこれで終了。先輩方になにもさせてくれないかと心配して挑んだが、大差の負けはなかった。どっと疲れたが、また頑張ろうと思う。
4連勝して優勝は小禄将棋同好会の席主のUeさんだった。おめでとう。

0131b

PS/那覇に戻り、Ueさんの祝賀会を兼ねて懇親会を開く。仲間と久しぶりに痛飲して、楽しかった。「ぷりうすさんが、今日は一番強かったよ~」と褒められたのだ、笑。

0131c

2023年1月30日 (月)

2023・シニア名人戦沖縄県予選に参加しました・前編

昨日(1/29)は、沖縄市のかりゆし園で第30回全国シニア将棋名人戦沖縄県予選が開催された。昨年、還暦を迎えてついにシニア名人戦へ出場する次第。会場で、道場の小さな友達に「シニアに出るのですか!」と驚かれた。まだまだおれの容姿が若いのでびっくりしたのか、強者ばかりのシニア部門に出る無謀さに驚いたのか、謎だ。

あわせて支部名人戦と小学生将棋名人戦の県予選も行われるので、会場は熱気に包まれていた。

0130b

午前10時に来間事務局長の挨拶で開会。公文杯第48回小学生将棋名人戦沖縄県予選の審判長として、中田功八段をお迎えしているとご紹介があった。中田先生から「うっかりミスをしないように、40枚の駒をよくみる。迷ったら手を止める。(対局)時計をよくみること」と子供達へアドバイス。「今日は1日楽しんで下さい」との号令で、対局開始!

0130c
まだ風は冷たいが、窓の向こうの桜は、満開だ。
0130e
0130d

つづく

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。ご了承下さい。

2023年1月10日 (火)

2023・新春将棋大会に参加しました・後編

おれの将棋。初戦の相手は若手プロ棋士と同姓同名の方(漢字も同じ!)。役員に訊くと「どうぞお楽しみに」とぼかされた。「プロとやることになった」と支部のラインにリーグ表の画像を投稿した、笑。

向かいの席に座ったのは20代の好青年。あの五段の方と同じ名前ですねと言うと、照れた。大会も初参加だという。未知の強豪がやってくるのがこの大会。さて、どれくらい強いのだろうか。だが、相手の棋力を計る前に、序盤早々やらかした。彼のネームブランドにびびって、手拍子でポカしてしまった。後は真っ逆さまに転落。
今日は相当、調子悪いなあと青ざめると、「ぷりうすさんの次の相手は来てないよ」と知らされた。その不戦勝を拾って、1勝1敗。

今度は、他リーグの1勝1敗の方とトーナメント進出をかけて戦うことになるが、対局のアナウンスがしばらくない。やっと呼ばれて、「本日は欠席者が多くて対戦が組めない。申し訳ないが、不戦勝ということで、」と役員に告げられる。
やったね!前代未聞の不戦勝2つで決勝トーナメントへ進出だ。調子の悪いときには、運を頼りに勝利を掴みたい。今年のうお座は運勢最高とTVで言ってたし、笑。
確かに、この日はキャンセルが多かった。募集開始あっという間に満席になった大会だけに、残念だ。このところインフルエンザが急速に広まっているが、それが原因だろうか。

トーナメント1回戦はB級軍団の仲間の獅子王さん(一般・1級)と。幸運もここまでか。彼の四間飛車におれの居飛車は、どの作戦も通用しない。なので、今回は相振りで挑んだ。中盤までリードしていたようだが、秒読みになって乱れた。今日も勝てなかったが仕方ない。実力差を受け入れるしかないので、また勉強だ。

本日の将棋はこれで終わり。夕方から支部の新年会がある。今年も将棋を楽しもう。まずはビールで乾杯だ。

0110

おわり

PS/大会結果や当日の様子は支部連合会のHPでどうぞ。

2023年1月 9日 (月)

2023・新春将棋大会に参加しました・前編

大会の前日はなかなか寝付けず何度も目が覚める。明け方は放射冷却の影響でかなり冷え込んだが、よく晴れて気持ちの良い朝を迎えた。今年、一発目の大会、気合いを入れて臨むぞ!

本日(1/8)は、第11回琉球銀行杯新春将棋大会。3年ぶりにりゅうぎん健保会館へ向かう。周辺のお店も様変わりして、おいしいと評判だった牛丼屋さんもなくなっていた。棋友と新年の挨拶を交わしながら、設営を手伝う。新春大会は、参加者200人越えの実績のあるマンモス大会だが、コロナの影響で人数を制限して行うことになった。それでも大会を開催してくれることに感謝したい。

開会式で照屋会長から新年の挨拶。引き続き、審判長として日本将棋連盟からお迎えした淡路仁茂九段から「46年前に初めて沖縄に来て、それ以来。本日は悔いのない戦いをして下さい」とのご挨拶を頂戴した。

0109a

藤井王将と羽生九段の第一局も気になるが、まずは自分の将棋に集中したい。トロフィーと副賞のお米がほしいのだ。

0109b

つづく

2022年12月 8日 (木)

寄稿:2022年・すこやか薬局杯将棋大会で優勝しました!

宜野湾道場で子供達を厳しくも面倒見良く指導するQ君に寄稿をお願いしました。

Q君:

去った日曜日に第2回すこやか薬局杯沖縄王将戦のSクラスに出場しました。そこで運良く優勝できて、五段に昇段しました。予選から決勝まで、なかなか自分の持ち味が出る展開にならず、苦戦を強いられる対局ばかり。「このままだとやばい!」と自分にプレッシャーをかけて、緊張感の中で盤上に向き合うよう努めました。

これからは五段らしい将棋が指せるようになることと、派遣のある大会で優勝して、全国で活躍出来るよう頑張ります。

会場では、久しぶりにお会いした方々と、たくさんお話もできて、楽しく過ごしました。大会を主催して頂いたすこやか薬局さんと運営に携わった連合会の皆様に、感謝申し上げます。

Final

決勝戦の様子。お相手は5年ぶりに大会出場の沖縄強豪のFさん

2022年12月 6日 (火)

2022年・すこやか薬局杯将棋大会に参加しました・後編


Sukoyaka_20221206190301

おれの将棋。初戦はUeさん(3級・一般)と。どこかで見たような? ああそうだ、ねんりんピックでお会いしていた。角がわりの将棋。元気よく攻め立てたが、手順前後してしまった。詰めろがかかっていたことにも気付かず、泣。

同じリーグの獅子王さんは、勝利の報告へ一番乗り。さすが!と声をかけると、相手が来なかったそうだ。ということは、さっき勝っても獅子王さんには勝てないので、どっちみっち1勝1敗。1戦目を負けて2戦目に不戦勝を拾うほうが、脳も疲れずに効率的だ、笑。

2戦目。対局時計をスタートさせて、相手が席に着くのをただ待つ。10分が長い。棋友が不思議そうにそばを通ると、「見えない敵と戦っている」と答える。やれやれ、これで1勝1敗。

トーナメント進出を掛けて、道場のTomaクン(3級・小5)と。この子にも勝てなくなっているんだなあとあきらめムード。相がかりの将棋。なんと、棒銀の攻めが炸裂した!のだ。久しぶりのトーナメント進出はうれしい。ちなみにB級軍団の仲間は、獅子王さんを除いて予選敗退、お疲れ様。

獅子王さんと老舗のタコス屋でランチ。ここに来るのも3年ぶりだ。

Takos

トーナメント1回戦は、Tomoクン(1級・小5)と。先日の宜野湾イベントで対局したとニコニコ顔。あの悪夢が甦る。四間飛車が捌けず、やけになって暴れたが、冷静に対応されて完敗。これも角がわり。序盤で歩損したが、端を絡めてうまくいけそう。彼が指した予想していなかった手に長考。しかし、ここでは予定通りに相手陣地に角を打ち込めば有利になったはずだと、感想戦で獅子王さん。弱気になって、せっかくの将棋を落としてしまった。

この後もTomoクンは順調に勝ち進んで、B級で優勝。おめでとう!
Tパパから、「ぷりうすさん言うところの、優勝者に当たると勝ち進めないということですね」と、なぐさめられる。

新春大会に向けて、また頑張る。

おわり

2022年12月 5日 (月)

2022年・すこやか薬局杯将棋大会に参加しました・前編

曇り時々晴れ。3年ぶりに開催される那覇マラソンのコースを迂回しながら沖縄市民会館へ出発。

すこやか薬局杯沖縄王将戦は2019年にスタート。コロナ禍により翌年以降は中止されたが、こちらも3年ぶりに開催だ。いつものように早くから出場者やその父兄も一緒になって設営の準備。段取りよくあっという間に整った。午前はS、A、B級の予選。午後からC,D級の予選を行うという従来通りのスタイルだ。ステージ前のテーブルにトロフィーや豪華な副賞が並べられて、ぜったい獲ってやる!と子供達の気合いは十分だ。

Torofi


開会式で、すこやか薬局の知念専務から「沖縄将棋界の発展のためにサポートしていきたい」という心強い応援の言葉を頂いた。
続いて、将棋欄で沖縄のアマ棋戦を取り上げている琉球新報社からうれしいお知らせ。新年から島本亮五段による観戦記がスタートするとのこと。沖縄将棋界の重鎮、奥原さんによる観戦記は、これまで通りに火~土の週5回の掲載。加えて日・月が、島本プロによるペンになるそうだ。主に取り上げるのはC・D級の子供達の対局ということで、我が子の応援に熱の入る親御さんには新たな楽しみが増えた。琉球新報の将棋欄がより一層充実する(ということで、取材を兼ねて島本プロが会場にいたわけだった)。

Sukoyaka_20221205183401

いよいよ壁に予選表が貼られて緊張も高まる。確認すると、浦添の獅子王さんと同じリーグではないか!ゆるりサロンで昨日も負けてるし、全然勝つイメージわかない。これは困った!

つづく

2022年11月21日 (月)

将棋フェスティバルin宜野湾に参加しました


Kaijyou

今朝も快晴。イベント2日目は記念将棋大会へ参戦。級位者クラスの予選リーグ表を見ると、すでに不戦勝の○が付いていた。戦わずして勝つ!幸先の良いスタートを切ったように思えたが。

おれの将棋。最初のお相手は沖縄に転勤したばかりのお父さん。駒得できて序盤は良い感じ。王様を矢倉城に入場したら、斜めのラインからの猛攻が始まった。終盤の秒読みであやを付けたが、無駄な抵抗に終わった、泣。
これで1勝1敗。トーナメント進出を掛けた最終局は道場のTomoクン(小五・3級)と。道場の子を相手に相居飛車は危ういので、対抗形で進めたが、駒が捌けず。これは完敗。

B級軍団の仲間は次々と予選を勝ち抜いて、応援に熱も入ったが、決勝トーナメント1回戦で敗退した。矢倉を学ぶべし!ということで、物販コーナーで池永先生の「現代矢倉のすべて」を求める(サイン本!)。将棋が強い子のアクリルスタンドも買った。

Kaimono

会場の外でやっている祭りに向かおうとすると、最後の指導対局が間もなく始まるとの場内アナウンス。応募者多数のため抽選ということだったが、森内九段を引き当てたのだ!永世名人から6枚落ちの指導を受けることが出来て、天にも昇る時間を過ごした(予選敗退はこのための伏線だったような気がする、笑)。

Sidou_20221121180401

午後2時前にステージイベント。棋士の皆さんのトークショーに続き、森内九段と池永五段による公開対局が始まる。その頃には、将棋大会の決勝トーナメントもだいぶ進んでおり、そちらの結果も気になる。有段クラスには70名のエントリーがあり、県外勢も多数出場していた。それを迎え撃つ県内勢の結果が気になって、場内を行ったり来たりしていた。

Situmon
Sekijyou
ステージイベントが終了して、棋士の皆さんとのお別れの時間を迎える。会場を後にする森内先生に「またいらっしゃってください」とご挨拶できた。

午後3時半に級位クラスの表彰式が始まるが、有段クラスは午後4時の時点で準決勝戦もまだ始まらない。簡単には土俵を割らない長い時間が続いていた。
関係者と10数人のギャラリーに見守られて決勝戦と3位決定戦が始まった時は、もう日も暮れていた。居飛車穴熊と四間飛車穴熊の戦いを制したのは、大阪から参加の方。優勝おめでとう!

Toro

イベントはこれをもってすべて終了。将棋ファンには夢のような2日間だった。

2022年11月19日 (土)

将棋フェスティバルin宜野湾のお手伝いに行きました

本日は晴れて行楽日和。イベントの成功を将棋の神様も願っていたのだった(明日の予報も晴れ!)。

いよいよ今日と明日は、将棋フェスティバルin宜野湾の開催日。本日はメインの子ども将棋大会のお手伝いを頼まれており、ゆるり将棋会のAbe氏ともども午前8時に会場入りした。

Kaishi-mae

 

誰もいない会場に朝日が差し込む。県内においてはこれまで新春将棋大会が大規模なイベントだったと記憶するが、そのスケールを超えている。本日の子ども将棋大会、初心者クラスには70人を超えるエントリーがあったそうだ。大会の進行と審判を務める連合会の皆さんと対局時計を入れるタイミングや反則の取り扱いの最終確認をする。

8時半からまず初心者クラスの受付開始。子供達の名札をチェックして席へ誘導。付添のご父兄からいろいろ質問を受ける。親御さんも緊張している様子。

開会式が間もなく始まる。森内九段を先頭に池永五段、 冨田四段、室田女流二段が颯爽と目の前を通り過ぎた。

Kaikaishiki

 

午前10時、一斉に対局開始。女子は中飛車、男子は居飛車がトレンドのようだ。予選では王手放置のもったいない負けがいくつかあった。無理攻めのような気もするが、元気よく指している子が予選を突破していく。ずっと立っていたので、終わる頃にはもうへとへと、泣。

やっと座れて弁当を頂くが、すぐに決勝トーナメントの開始時間を迎えた。以降はスムーズに進み、今日の仕事はこれにて終了。入賞した皆さん、おめでとう!

Qanda

 

午後3時からステージイベントのトークショー。お笑いコンビの司会で棋士の皆さんにいろいろ質問を投げかける。メモしてたのをひとつ披露。「どらえもんの道具で欲しいものは?」に室田女流二段は「どこでもドア。これがあれば毎日、沖縄に来ます」。 冨田四段は「タイムマシーン。戦国時代を見てみたい」。池永五段は「暗記パン。将棋のすべての定跡を覚えます」。森内九段は「スモールライト。体の大きさを変えて、新鮮な気持ちで世の中を見てみたい」とのこと。

Kinen

 

トークショーに引き続き、室田女流二段と本日の有段者部門の優勝者との記念対局(飛車落ち)。解説は森内九段と池永五段のコンビ。森内九段の解説に室田さんはかなり緊張したそうだ。ステージイベントはとてもおもしろかった。明日は森内九段と池永五段の公開対局も楽しみ。将棋グッズの物販もあるので、見る将の方々も会場へいらしてみてはいかがだろうか。今日は充実した一日だった。

 

*画像は個人の顔の判別が出来ないくらいまで画質を落としています。ご了承下さい。

 

2022年10月16日 (日)

2022年・朝日アマ名人戦・沖縄県大会のお手伝いに行きました

本日(10/16)は、第45回朝日アマチュア将棋名人戦沖縄県大会の開催日。寝起きも良かったし、朝からどんぶり飯をたいらげた。自分の出ない大会なので、プレッシャーを感じないのだ。沖縄市の中央公民館へレッツ・ゴー。

Asa01

本大会では、代表戦とC級(5~9級)戦・D級(10級以下)戦が行われた。運動会シーズンが始まり、いくらか参加が減るかと思われたがそんなことはなかった。
設営が整い、いよいよ開会式。照屋会長から「最近はCもDもレベルが上がって、皆さんには厳しい戦いになると思いますが、頑張って下さい」との激励を受けて、対局開始。

先日、三段になったKiクンのお父さんのデビュー戦(D級)ということを会場で知り、その応援に熱が入ったが、う~ん、無念。一緒にやっていくと親子の絆がもっと強くなるから、お父さんには将棋を始めるよう以前から勧めていた。道場やサークルで練習する姿を最近、見かけるようになって、満を持しての初陣だったと思うが、ほろ苦い結果に終わってしまった。帰りの車の中で、息子さんに何かアドバイスされましたか、笑。ようこそ、親子将棋の世界へ。

会場で物販を任されていたが、昼下がりになると暇になってくる。試合を終えたRin君(中一・3段)が、練習しようと誘ってきた。この子はB級時代のライバルだったが、今では勝負にすらならない。今日も一方的にやられてしまった後で、「ぷりうすさんの今のライバルって誰?」と訊かれる。「そりゃTパパでしょう」と答えると、寂しそうな顔をされた。しまった、今も変わらずRin君がライバルって言うべきだったかなあと、反省。

自分の出ない大会だっが、楽しく過ごした。選手の戦う姿を見ていると血が騒いでくる。次回のB級戦にしっかり備えようと思った。

Asahi

 

PS/大会結果や当日の様子は支部連合会のHPでどうぞ。

 

 

より以前の記事一覧