寄稿

2018年8月21日 (火)

寄稿:奨励会試験に挑む息子を支えて・後編

8月14日(火)試験前日
決戦の地、大阪入りしました。肩慣らしで将棋会館へ行きました。夜に息子の仲良しのJくんから「試験頑張って!」と電話がありました。そばで2人の会話を聞いていると、もう涙が出そうで。試験が迫り、ナーバスになる中で私自身も嬉しかったです。

Zenzitu

8月15日(水)試験当日の朝
いよいよ本番を迎えて、昨夜、息子と最後の確認をしました。「(普段よくするので)対局が終わって、言い訳をしないこと」でした。私としては、自分が指した手に自信をもって臨んでほしいのです。湯船に浸かりながらKiroroの「未来」をくちずさみました。<ほら足元をみてごらん、これがあなたの歩む道、ほら前をみてごらん、これがあなたの未来>。この歌詞はとても響きます!
本日は筆記試験と対局2局の日程です。応援してくれる皆さんに背中を押されて、では行ってきます!

Kaikanns

8月15日(水)試験初日終了後
2局目、今終わりました。2連敗という厳しい結果になってしまいました。

8月16日(木)試験2日目終了後
3局目、終わりました。残念ながら3連敗でした。受け入れるしかありません。

8月17日(金)朝
昨日は、燃え尽きた疲労感もあってホテルへ直帰しました。2人とも部屋で呆然とし、親子の会話もありませんでした。夜、寝る前に「お父さん、ありがとう」と言われました。「どういたしまして。また頑張ろうね」と答えると、泣き疲れていた様子でしたが、少し笑みをこぼしました。

8月17日(金) 深夜  
結果はとても残念ではありましたが、貴重な経験が出来ました。一緒に受験した父兄の皆さんと話す機会も持てました。将棋の取り組み方を変える必要があるという結論に至りました。今更ですが、親子共々、認識が甘かったようです。息子はもう一度挑戦したいと言ってますので、私としては息子の可能性を信じたいと考えています。これまで息子を応援してくれた家族や指導して頂いた先生方にはただ感謝するばかりです。

8月18日(土)
将棋に関わることで、大切にしてきた2つのことを改めて親子で確認しました。
1.将棋が指せることやその場所があることに感謝すること。2.先生や先輩方に教わったことを次世代に伝えていくこと、です。高い目標を抱いても個人の努力だけでは難しい。息子のことだけではなく、将棋を愛する仲間のお手伝いをこれからも続けていきます。


Tクンパパ、どうもありがとうございました。親子で努力していたことは周囲の者はよく知っていますし、改めて親子の深い絆も感じました。今年の夏は心に残る思い出を作ることができましたね。ひとまず、お疲れ様でした!

2018年8月20日 (月)

寄稿:奨励会試験に挑む息子を支えて・前編

ぷりうすの将棋のライバルのTクンパパから、「息子の奨励会試験終了までの取り組みや過ごし方、心境の変化等を日記のように毎日メールします」というお電話を頂きました。
この体験記が今後、奨励会試験を志す方の情報源になれば幸いですとのことでした。
頂いたメールを再構成して掲載いたします。父親と息子の二人三脚での奨励会受験の物語です。

Tクンパパ:

8月7日(火)試験まであと8日
明日から福岡へ帰省します。福岡→大阪の日程なので、昨日は沖縄で最後の調整をするために金武将棋サークルへ。ここには1年前から通っています。宮平席主から「弱点だった序盤、中盤が良くなった」と褒めてもらえました。息子は、良い報告が出来るように試験頑張ります!と挨拶しました。鍛えて頂き大変感謝しております。

Kin

8月8日(水)試験まであと7日
受験票が届きました。番号はラッキーセブン。受験者数は関西は30人らしいです。

8月10日(金) 試験まであと5日
ご先祖様に我が子をどうぞ見守って下さいとご挨拶しました。風速70mの神風が吹きますように!
余談ですが、まか不思議なことに本番まで一ヶ月を切ったあたりから息子の夢の中に豊田先生が頻繁に出てくるそうです。そして現実と錯覚するくらいリアルにアドバイスしてくれます。受け方や中盤の構想などなど。先生も背中を押してくれているようです。というわけで、本日も夢の中で頂いたアドバイスを採用しつつ自己研究しています。

Rensyu

8月11日(土)  試験まであと4日
福岡将棋会館に2年ぶりにお邪魔しました。息子が級位者の頃、初段目指して夏休みに通い詰めた場所です。席主の方からみっちりとご指導頂きました。

8月12日(日)  試験まであと3日
福岡将棋会館に通っていた頃に、同級生のK君が息子のライバルでした。将棋まだ続けているかな?と噂していましたが、彼と再会しました。現在の腕前は五段で、昨日の県大会で優勝したそうです。あまりの成長ぶりに驚くばかりでした。なんとK君も奨励会試験を受けるそうです。当時と変わらずに夢中に盤に向かう2人を見ていると、将棋を通じた出会いっていいなあと微笑ましく感じました。

8月13日(月)試験まであと2日
いよいよ明日、決戦の地の大阪へ乗り込みます。最後のお願い(?)ということで、太宰府天満宮へ行って参りました。実家から割と近いのです。この日は暑くて大変でした。足早にお守りと絵馬を購入して、しっかりと想いを伝えて参りました。師匠のK先生と級位者の頃から今回の受験へと導いて下さった宜野湾将棋道場の照屋席主に改めてご挨拶の電話を入れました。やれることは本日も終了しました。今晩はゆっくりと休みたいと思います。

Ema

つづく

2018年6月 2日 (土)

寄稿:支部名人戦・優勝報告記

5月19日に行われた第47回全国支部将棋名人戦の東西決戦で日本一になりましたNさんから寄稿を頂きました。

Nさん:

このたび、支部名人戦の東西対決で幸運にも勝利することができ、人生初の全国タイトルを獲得できました。
ここでは詳しく解説しませんが、最後は本当にツイていたとしか思えない、自分の実力以上のものが出た勝ち方でした。

東西決戦の前までは内容の悪い将棋ばかり指していたので、今回は恥ずかしくない、良い内容の将棋を指すことだけを心掛けて臨みましたが、それが少し幸いしたのかもしれません。

優勝から一週間ほど経ちましたが、未だタイトル獲得の実感が沸きません(笑)。ですが、これまで応援してくれた方達に対して、今回いい報告が出来たことをとても嬉しく思っています。

今後については6月にアマ竜王戦の全国大会に出場するので、そこで優勝してまた皆さんにいい報告ができることを直近の目標として頑張ります。
また、長期的な目標としては、今よりももう少し上手くなって、実力に差のある現タイトルホルダーの皆さんと肩を並べられるよう努力していきたいと思っています。

最後になりますが、今回の優勝は皆様の応援のおかげだと思っています。本当にありがとうございました。

Touzai_final

Nさん、おめでとうございます! 後に続く若者の先導役としてこれからも活躍して下さいね。なお、東西対決のNさんの自戦記は、将棋連盟支部会員向けの機関紙「支部ニュース73号」」に掲載されますので、こちらもお楽しみに!

2018年5月26日 (土)

寄稿 第41期久留米王位戦大会記⑤

普通なら今の棋力では到底参加できるはずもない大会。

自分と向き合い、現状を把握し、向上心を持ってくれたのか?今後この経験が実を結ぶかは彼次第。
その後トーナメント決勝戦まで見学し、表彰式を見守る彼の目は険しかった。誰よりも大きな拍手をしていた。自分がここにいたかった。と思ったのかはわからないが、彼の悔しそうな目が印象的だった。彼にとって何かを吸収し、何かを感じ、何かをつかみ取った。そう感じられる素晴らしい大会であった。

Obans


Hiyousyous

翌日、遊園地で思いっきり遊んだあと、帰りの電車で私に寄りかかりスヤスヤ眠る彼を見て、いつまでこの時間を楽しめるのか…この時間を大切に過ごしたいと感じた。彼のおかげでたくさんの経験をさせてもらっている。私の方が彼に引っ張られているかもしれない。

そんな親子の関係も残りわずか。もうすぐ親離れする時期。嬉しくもあり、寂しくもある。帰りの機内で将棋の本を読みあさる彼のたくましさに笑みを浮かべながら、うたた寝する私。夢なのか現実なのか。楽しい旅であった。

おわり

Sくんお父さん、寄稿して頂きありがとうございました。親子の絆の深さを知ることが出来ました。明日は倉敷王将戦の県予選の日ですね。応援に行きますので、頑張って下さい。

寄稿 第41期久留米王位戦大会記④

二回戦に進んだ彼は「まず1つ勝ったから明日遊園地連れて行ってね!」と笑顔で言う。優勝したらね!と返すと、「任せとけ」と頼もしげ。この根拠のない自信はどこから来るのか。まったくうらやましい。本大会の審判を務められた中田先生からも一回戦の総評や感想、ご自身が幹事をされている九州研修会の事など、さまざまなお話を聞き、彼の表情が引き締まったような気がした。

二回戦の相手は宮崎県代表の方。最年少県アマ名人や学生大会での全国準優勝など実績棋力共に素晴らしい方との対局にうれしそうな彼。振り駒にて後手番。角換わりの将棋。先手から見て、48金29飛型の先後同型に進み、お互い手番を譲り合う展開から、後手番の彼が歩を突き捨て開戦。このあたりがやはり我慢ができない子供らしい一面が出た指し手。当然その瞬間に先手番から手筋のオンパレードであれよと言う間に形勢は先手大優勢に。1手差の形を作るのがやっとの完敗。

Kurume41

棋譜確認のため指し手の再現が終わると、挨拶をかわし、すぐにトイレに駆け込む。低学年の頃は人目をはばからず悔しがったり、泣いたりしていたが、最近は一人になって気持ちの整理をしているらしい。悔しさを次につなげる彼の儀式だろうか。今回の儀式は長かった。心配になり探しに行った。明後日方向から小走りで戻ってくる。気持ちの整理ができたようだ。「負けた」とつぶやいた。頭をポンと叩き、また勉強だな。と言って二回戦の相手に感想戦をお願いした。

対局後お昼休憩をはさむスケジュールに恵まれ、宮崎県代表の方と食事をしながらじっくり感想戦。とても細かい変化や手順まで勉強させてもらい、彼にとっては格別な時間となった。別室で感想戦をしている様子をガラス超しに見守る。とても楽しそうだ。将棋を通じて年齢も住む場所も違う二人が意気投合し笑顔。前夜祭の彼とは別人のようだ。将棋の持っている力、素晴らしさを改めて感じた。次の対局を控えているにも関わらず彼に付き合っていただいた宮崎県代表の方にも感謝するばかりである。

Kurume42

トーナメント敗戦後、すべての対局者は別室でインタビューを受ける。彼も別室にてインタビューを受けた。テーブルの上に敗退者の名札が無造作に置かれていた。インタビューが終わると、そこに名札を戻し、彼の挑戦は幕を閉じた。

Kurume43

つづく

2018年5月25日 (金)

寄稿 第41期久留米王位戦大会記③

翌朝6時。彼と朝の散歩に行く。将棋で遠征があるときの楽しみの1つ。

朝靄の久留米を散策しながら、街の雰囲気、天気、たわいもないことを話す。親子だけの時間である。彼の寝癖のついた髪がすごいことになっている。羽生先生のようにそのままにするか?と一瞬悩んだが、シャワーを浴びさせる。その後は日課をこなす。「ん?あーそうか」と独り言を言いながら棋譜並べをする。旅先でも変わらない毎朝の景色。集合時間になり、会場へ向かうバスへ乗り込む。ここから彼の挑戦が始まる。

降り出した雨の中、会場に到着すると、掲示板には地方予選の様子を取り上げた各県の新聞記事が貼り出されていた。厳しい戦いを勝ち抜いた強豪の方々。緊張感が高まる。それは私だけのようだ。彼は飄々といつものように小走りで会場と別室を行ったり来たり。彼にはいつもの県大会と同じ感覚なのかもしれない。

関係者と出場者以外立ち入ることのできない赤いラインの向こう側に、扇子を握りしめ歩いていく彼の背中は、いつもよりたくましく見えた。

Dsc00491s

全員一斉に対局開始。記者の押すシャッター音と駒音と対局時計をはじく音。かすかに聞こえる雨音。ピンと張りつめた空気がそこにある。歴史あるこの大会にふさわしい見事な会場と環境。すべての対局に記録係が同席し棋譜を取る。

一回戦の相手は鹿児島県代表の方。振り駒で先手が決まり居飛車に構える。相手の方は振り飛車。彼は急戦で挑む。
中央の位を積極的に取りに行く先手。後手も向かい飛車から中飛車に振り替えて迎え撃つ。目だけ明後日を向き脳内将棋盤と向き合ういつもと同じ様子の彼。2筋の突き捨てを同角と取ると飛車を切り、9筋からのぞいていた角を成りこみ飛車を取る。後手番の左金が前に出される形となる。この時、深く座りなおす。盤面を大きく見る。局面の方向性が見えたときの彼の癖だ。大駒の捌きあいから優勢を保ちそのまま勝ち切った。

この勝利で大会史上最年少勝利を記録した。運営上、感想戦は後程してくださいとの事で、棋譜の確認程度で終わったが、鹿児島県代表の方より非常に丁寧なご挨拶を頂き、対局を通じ勉強させていただいた事、感謝しかない。

Dsc00502s


つづく

2018年5月24日 (木)

寄稿 第41期久留米王位戦大会記②

大会の前夜祭では、各県代表が登壇し組み合わせ抽選、挨拶が恒例となっている。

彼は人前に出ることが苦手だ。将棋盤をはさめば、臆することなく何でもできるが、将棋から離れた途端、小学4年生に戻る。代表の方々と大きな丸テーブルにひっそりと座っている。彼の場違い感が半端ない。1人だけ小さな体。1人だけ戸惑っている様子。回転式丸テーブル上の食事のとり方もわからず困惑していた。離れた席の私を何度も呼び、あたふたしている。その時、「沖縄県代表Kさん!」アナウンスが聞こえると私の方に顔を向け、しかめっ面をする。「はやく行きなさい」そう促すとしぶしぶ登壇する。本人以上に緊張した私の心は震えてかもしれない。

マイクに向かい「沖縄から来ました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
沈黙が会場を包む。彼の撮影に夢中な私も不安になりファインダーから目をそらす。大会慣れした参加者のみなさんから声援を受け、「・・・・優勝します!」とまさかの宣言。

会場が拍手とほほえましい笑みに包まれた。舞台に立つと「頭が真っ白になった」と言う。人前で話すことの難しさを覚え成長してくれたのなら、良い経験となった。「がんばったね」と彼に言ってはみたものの、私としては心拍数が上がりっぱなしで落ち着かない前夜祭となった。

その後部屋に戻り、明日の対局に向けて何やら対策でもするのかと思えば、タブレットで動画を見ている。将棋には全く関係ない動画である。「将棋の研究は?」と聞くと笑顔で「研究よりリラックスしたい」と一流のアスリートを思わせる発言。やれやれ。長時間の移動や、慣れない場での挨拶など少し疲れたのかと思い、就寝までのんびりと過ごした。

Zenyasai

つづく

2018年5月23日 (水)

寄稿 第41期久留米王位戦大会記①

先日(5/13)開催された久留米王位戦に出場したSクンのお父さんより大会記を寄稿して頂きました。5回に分けて掲載いたします。

寄稿:Sクンのお父さん

沖縄で梅雨入り宣言があった二日後、さらさらと落ちる小雨の中、彼は福岡県久留米市へ向かう飛行機の中にいた。まるで家族で外食に向かうがごとく、「向こうは美味しいスイーツあるかな?」と繰り返す。いろいろと心配する事がバカらしくなる程、いつもと変わらない笑顔。彼らしいなと安堵する私がいた。彼にとって大会は最高の楽しみであり、緊張や不安という要素は、眼下の東シナ海に捨て去っていたのかもしれない。

地元紙に「最年少代表」の文字が躍り、困惑する。運よく県予選を勝ち抜いたが、むろん棋力は沖縄県の学生強豪や社会人強豪の足元にも及ばない。私としては「ラッキーパンチがはいった」としか言いようがない。しかし代表になったからには精一杯戦ってほしい。またとないこの機会を自分の糧としてほしい。そう願うばかりで、浮き足立っているのは私の方であったかと思う。

彼が参加する大会は、第41期久留米王位戦。九州全県に山口県を加えた9県から厳しい予選を勝ち抜いた強豪が集い王位の座を争う。その大会に小学4年生の息子が参加する。この点だけでも評価したいが、彼は優勝したいと言う。聞いているこっちが怖くなるが、本人はその気のようだ。「最初から優勝目指さないのはおかしいでしょ?」と笑顔で言い放つ。ますます恐ろしくなってきた。大人の常識など彼には関係ないらしい。子供の特権である。

Dsc00400s_3





つづく

2018年1月11日 (木)

寄稿:14年ぶりに沖縄の将棋大会に参加して

新春将棋大会のS級で優勝されたCさんから大会の感想を頂きました。島の人情にふれて古里が恋しくなったと思います、笑。ちょくちょく遊びに帰ってきてね!

Cさん:

琉銀杯新春将棋大会は昨年棋譜とり等をさせて頂きましたが選手としては初めて出場させて頂きました。琉銀杯は参加費無料の大会とあって参加者が普段より多いと聞いていましたが、当日の参加者は220人超えでとても賑わいました。

朝到着して辺りを見渡すと若い子ばかりで私が昔参加していた頃の選手はあまり居ないので、ここは本当に沖縄か??と思ってしまいました(笑)

予選から計6局指しましたが、本選から準決勝迄の3局は沖縄を代表する小中学生の強豪の子達で、その親御さんも観戦に来てくれて、お陰様で手がブルブル震えちゃいました(私、観戦者がいると物凄く意識するんです)。

普段はその子達位の棋力の子に教えているので、真剣勝負をするのはありそうで初めての経験かも知れません。関東の一般大会は小中学生の子は不参加の事が多いのですが、沖縄だと逆で、子供達の経験の為の将棋大会という感じがしました。
子供達が成長するためには強豪の大人達の壁が必要だと思いますので、県内の強豪の大人の方も、もっと大会に参加して皆で切磋琢磨していって欲しいなと思いました。

沖縄の大会で独特なのは、参加選手も準備を手伝う所ですかね!これは沖縄の助け合いの心が光っているような気がしました(私は 時間ギリギリの到着でしたが…)。

また、気付いた事は対局が終わったら綺麗に並べて揃えている所ですかね。大きい大会やプロの世界では上位者が駒箱を空けて王将から順番に交互に並べて行くのが当たり前なので、席に着いたらすでに駒を並べられているのが斬新だなと思いました。これも次の人の為にを意識してやっているんだなと感じました。沖縄らしい暖かい人柄が受け継がれている気がしました。

いつも皆の為にボランティアで大会を運営して下さる方々に御礼します。お陰様で参加者が増え沖縄の将棋界も明るいと思います。

せっかく増えた若手を続けさせて行くためには、皆で全国でも活躍出来るような選手育成の環境を作る事が大事かなと思います。また、趣味でやっている子達にはドンドン強くなって、大人になっても続けていって貰える位、将棋の魅力に引き込まれて欲しいです(笑)

私も10年以上関東で指導をしているので、その経験を沖縄に取り入れて行けたらと思います。

Cさん、寄稿の依頼に快く了解して下さり、ありがとうございます。またお会い出来る日を楽しみにしています。

Mrc
ギャラリー多数に囲まれて緊張している図、笑。

2017年12月 3日 (日)

寄稿:第112回職域団体対抗将棋大会に参加しました

一つの会場に2千人以上の選手が集まる大規模な将棋大会だということだけは知っていましたが、このたびSさんが参加されるということを聞いて、大会記をお願いしました。

S

寄稿:Sさん

11月23日に内閣総理大臣杯・第112回職域団体対抗将棋大会(以下、職団戦)が東京体育館にて開催されました。この職団戦の概要は春と秋の年2回行われる5人制団体戦で、同一企業か団体でのみ参加が可能です。

クラスは一番上がS級で以下AからFまでの7クラスに分けられており、初参加のチームは必ずF級からスタートとなります。
各クラスの上位入賞チームが上のクラスに昇級する一方、初戦敗退かつ初戦敗退チームを対象とした慰安戦の初戦でも負けると降級の対象となり、このシステムはプロの竜王戦と似ているかと思います。

Kaijyous

我が企業は去年の春から有志で参加しており、去年の秋と今年の春と3回連続でクラス優勝・昇級を果たしております。よって今回はC級での参加となり、私は初出場となりました。よく「北は北海道から南は沖縄まで」と言われますが、今回はチームメイトに北海道の選手もいたので、この言葉がリアルなものになりました。

C級の参加チームは64チーム(1チームは不戦敗)で、優勝には6回勝つ必要がありました。初戦から5-0、4-1、4-1と順調な滑り出しで(ただ2戦目で私がチーム初の黒星を喫しました)、準々決勝の戦いが大一番と感じておりました。というのも、相手チームとは前回のD級準決勝戦で当たっており、3-2でギリギリ勝った相手だからです。しかしここも4-1で制すると準決勝・決勝と制して4大会連続の優勝を決めました。結果的に悪くても4-1で、C級優勝はまだ通過点のような気もしました。

私は決勝戦以外は全て大将として起用され、一度負けてしまいましたがそこから立ち直ることができたのは収穫でした。毎回の参加は厳しいのですが、S級まで上がれれば、また参加したいですね。

S_2

今年一年を振り返ると(早いと言わないで下さい、笑)自分にとって非常にいい年でした。新春将棋大会での優勝から始まり、支部名人戦と久留米王位戦で県代表になり、その派遣大会でも共にベスト4進出。そしてこの職団戦で締めくくりの優勝!!

おっとっと、まだ大事な対局が残っておりました(汗)。そうです、豊田杯王位戦の3番勝負です。初戦負けて厳しい状況ですが、なんとか巻き返して本当の意味での有終の美を飾れたらと思います。

Sさん、どうもありがとうございました。いよいよ本日の午後2時から第2.3局の開始ですね。私も那覇マラソンの区間を迂回しながら、応援に駆けつけますので頑張って下さい!